Pigzbe - 貯金箱ではない貯金ウォレット

Pigzbeはブロックチェーンを使用して家族内で送金を安全かつ即座に行います。 Pigzbeは、マイクロファイナンスネットワークとしてグローバル化された家族の可能性を広げ、21世紀のお金について子どもたちに教えます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
WLO
開始日時
2018-09-05
終了日時
2018-10-31
初回価格
1 WLO = 0.12 USD
トークン供給数
175,000,000
公式サイトへ Owner of Pigzbe?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率25.9%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Private presale #1 - 50%
  • Private resale #2 - 25%

概要

私たちの目標は、子供たちとその家族が仮想通貨預金と実践を通して21世紀の金融の原則を学ぶのを助けることです。

金融リテラシーは21世紀の重要なスキルになり、若い時期に収入、貯蓄、お金のを管理する原則を分かれることは、子供がこれらの必要なスキルを発達させるのに役立ちます。

Pigzbeは、あなたの子供の最初の仮想通貨Wolloによってサポートされ、6歳以上の子供のため一部物理的一部デジタル貯金ウォレットです。 Pigzbeは、子どもたちが自己修正、実践的な実験を通して学ぶ自然な動機を生かすエキサイティングで安全なシステムで、現代のお金の原則を子どもたちに教える、フレンドリーで有形の財務アシスタントだと考えてください。

WolloはPigzbeのネイティブトークンであり、Pigzbeデジタルウォレットと物理的なデバイスと一緒に使用すると、家族がマイクロファイナンスネットワークとして機能し、効果的な年齢に適した学習環境を子供に提供します。

Pigzbeは、どこにいても誰にでも金融教育にアクセスできる、開放された分散型の世界の構築に貢献するために存在します。私たちの目標は、世界中の若者が強くなるように設計されたトークンと製品を使用して、仮想通貨の世界的な普及を促進することです。

Pigzbeは、最新の接続技術、具体的なインターフェース設計、ブロックチェーン技術を組み合わせ、子どもたちの最初の仮想通貨とハードウェアウォレットを搭載した新しい貯金箱パラダイムを導くことで、非銀行利用者層の子供と家族に届きます。それは貯金ウォレットだ!

チーム すべてを見る

Filippo Yacob
Filippo Yacob
Founder & Chief Executive Officer
Adam Amos
Adam Amos
Founder & Chief Operating Officer
Jon Marshall
Jon Marshall
Founder & Chief Experience Officer
Cat Le-Huy
Cat Le-Huy
Chief Technology Officer
Hugo Shelley
Hugo Shelley
Founder & Head of Hardware Engineering
John Galpin
John Galpin
Founder & Head of Marketing

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元: