Perlin - Wasmスマートコントラクトを強化する高速台帳

Perlinは、世界最速の公共台帳の上に構築されたエンタープライズソリューションにより、貿易の未来を支えています。 私たちの使命は、企業が最高クラスのテクノロジーと、将来のデジタル経済と貿易の課題に対処するために必要な構成要素で企業を支援することです。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
PERL
開始日時
2019-08-09
終了日時
2019-08-24
最高目標
6,700,000 USD
初回価格
1 PERL = 0.07743 USD
トークン供給数
86,530,500
公式サイトへ Owner of Perlin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, BCH
供給率8.38%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

現在、Perlinのエコシステム製品には以下の製品が含まれます。

  • WAVELET分散台帳:高いトランザクションスループット、商業的にスケーラブルで安全なスマートコントラクトプラットフォームで、分散化に妥協しません。
  • Perlin Clarify:完全なバリューチェーンのトレーサビリティ。
  • Perlin Certify:製品認証および偽造防止。
  • Perlin Cloudify:分散型クラウドコンピューティング。

チーム すべてを見る

Dorjee Sun
Dorjee Sun
Project Manager & Co-founder
Kenta Iwasaki
Kenta Iwasaki
CTO & Co-founder
Mirza Uddin
Mirza Uddin
Head of Business Development
Trung Nguyen
Trung Nguyen
Community Lead
Anup Malani
Anup Malani
Research, Strategic & Commercial Partnerships Global Lead
Ajay Prakash
Ajay Prakash
Head of Product

人気STO/ICO記事

  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人
  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他