Perlin - Wasmスマートコントラクトを強化する高速台帳

Perlinは、世界最速の公共台帳の上に構築されたエンタープライズソリューションにより、貿易の未来を支えています。 私たちの使命は、企業が最高クラスのテクノロジーと、将来のデジタル経済と貿易の課題に対処するために必要な構成要素で企業を支援することです。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
PERL
開始日時
2019-08-09
終了日時
2019-08-24
最高目標
6,700,000 USD
初回価格
1 PERL = 0.07743 USD
トークン供給数
86,530,500
公式サイトへ Owner of Perlin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, BCH
供給率8.38%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

現在、Perlinのエコシステム製品には以下の製品が含まれます。

  • WAVELET分散台帳:高いトランザクションスループット、商業的にスケーラブルで安全なスマートコントラクトプラットフォームで、分散化に妥協しません。
  • Perlin Clarify:完全なバリューチェーンのトレーサビリティ。
  • Perlin Certify:製品認証および偽造防止。
  • Perlin Cloudify:分散型クラウドコンピューティング。

チーム すべてを見る

Dorjee Sun
Dorjee Sun
Project Manager & Co-founder
Kenta Iwasaki
Kenta Iwasaki
CTO & Co-founder
Mirza Uddin
Mirza Uddin
Head of Business Development
Trung Nguyen
Trung Nguyen
Community Lead
Anup Malani
Anup Malani
Research, Strategic & Commercial Partnerships Global Lead
Ajay Prakash
Ajay Prakash
Head of Product

人気STO/ICO記事

  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7