Perlin - Wasmスマートコントラクトを強化する高速台帳

Perlinは、世界最速の公共台帳の上に構築されたエンタープライズソリューションにより、貿易の未来を支えています。 私たちの使命は、企業が最高クラスのテクノロジーと、将来のデジタル経済と貿易の課題に対処するために必要な構成要素で企業を支援することです。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
PERL
開始日時
2019-08-09
終了日時
2019-08-24
最高目標
6,700,000 USD
初回価格
1 PERL = 0.07743 USD
トークン供給数
86,530,500
公式サイトへ Owner of Perlin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, BCH
供給率8.38%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

現在、Perlinのエコシステム製品には以下の製品が含まれます。

  • WAVELET分散台帳:高いトランザクションスループット、商業的にスケーラブルで安全なスマートコントラクトプラットフォームで、分散化に妥協しません。
  • Perlin Clarify:完全なバリューチェーンのトレーサビリティ。
  • Perlin Certify:製品認証および偽造防止。
  • Perlin Cloudify:分散型クラウドコンピューティング。

チーム すべてを見る

Dorjee Sun
Dorjee Sun
Project Manager & Co-founder
Kenta Iwasaki
Kenta Iwasaki
CTO & Co-founder
Mirza Uddin
Mirza Uddin
Head of Business Development
Trung Nguyen
Trung Nguyen
Community Lead
Anup Malani
Anup Malani
Research, Strategic & Commercial Partnerships Global Lead
Ajay Prakash
Ajay Prakash
Head of Product

人気STO/ICO記事

  • 人民元、11年ぶりに1ドル=7元台へ・・ビットコイン急騰に関係か

    ビットコインの相場は8月4日の午後23時30分頃より上昇し始め、8月5日午後12時頃、3週間ぶりの高値を更新した。ビットコインの急騰の理由と考えられるのは中国の通貨である、人民元が5日、1ドル=7元台に下落したことが大きな理由として考えられる。人民元の急落により、資産の退避先としてビットコインや金を買う投資家が急増し、相場に影響を与えていると見られてる。人民元急落の背景としては、トランプ米大統領が中国に対し新たな追加関税を来月から発動する方針を示したことから、中国政府が元安誘導を容認していると予測される。※米輸入品ほぼ全てに制裁関税を広げる「第4弾」を9月に発動する方針を表明している。<ins
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他