Volum - ブロックチェーン産業に革命を起こしている持ち株会社

VOLUMはテクノロジーベースのブロックチェーン時代の持ち株会社です。持ち株会社は何十年もの間、ビジネスと投資の領域の一部でした。 Alphabet(Google)、Berkshire Hathaway、General Electric、Bank of Americaなど、世界で最も有名な会社のいくつかは持株会社として運営されています。 VOLUMは、設計上、分散化によってリスクを最小限に抑え、共有インフラストラクチャで規模の経済性を迅速に達成できるようにする持株会社構造の利点を活用しています。 VOLUMの例によれば、すべてのポートフォリオ企業が、合理化されたサプライチェーン管理、信頼必要がないスマートコントラクトでサポートされているB2B市場取引、および高度なデータ分析を可能にする共通の自分の通貨およびブロックチェーンテクノロジプラットフォームを利用します。ポートフォリオ企業は、他のVOLUM事業会社と縦横の統合の機会から恩恵を受けます。 VOLUMは、幅広い企業、知的財産、およびその他の資産の少数株主になります。これらの資産は、VOLUM分散プラットフォームでトークン化され、デジタル通貨取引所で投資家に提供されます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
VLM
開始日時
2019-06-01
終了日時
2019-06-07
最低目標
1,000,000 USD
最高目標
74,600,000 USD
初回価格
0.3500 USD
トークン供給数
236,800,000
公式サイトへ Owner of Volum?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率74%
KYC不明
参加不可地域china,usa
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Private Sale - 32% $0.238
  • Pre Sale 1 - 20% $0.280
  • Pre Sale 2 - 10% $0.315
  • Pre Sale 3 - 4.60% $0.334
  • Public Sale - 0% $0.350

概要

VOLUMプラットフォームはVLMユーティリティトークン上でのみ動作します。 VOLUMのブロックチェーンプラットフォームはイーサリアムブロックチェーン上に構築されており、スマートコントラクトを完全に実行することができます。

このプラットフォームは完全に革命的なものであり、企業がこれまでにないほど優れた組織的および監督的能力を提供します。 VOLUMブロックチェーンプラットフォームを使用すると、企業はサプライチェーンで発生するすべてのデータアクティビティを追跡、計画、識別、および取得できます。すべてのデータはPLATFORMにロックされ、運用中のどの時点でも信頼でき検証できます。

VOLUMプラットフォームを使用することの最終結果は、企業が国内市場から世界市場へとはるかに早く拡大する力を持ち、そして彼らのサプライチェーンをもっともっとコントロールすることができるだろうということです。これは誰にとっても良いことです。

当社のブロックチェーンプラットフォームは、ビジネスサプライチェーンオペレーションの中心的な拠点として機能します。このプラットフォームを使用する企業は、次のような幅広いブロックチェーントランザクションを実行することができます。

  • 支払
  • 報酬
  • 発注書
  • 規制対応
  • 企業コンプライアンス
  • 課税
  • 出荷管理
  • 原産地の手紙
  • 通関書類
  • 入力/出力と在庫発注
  • 配達/小包追跡
  • IoTの監視と報告
  • ビッグデータ分析
  • 入力と最終製品の追跡/トレーサビリティ

チーム すべてを見る

Alonzo Pierce
Alonzo Pierce
Co-Founder
Arnaldo Detres
Arnaldo Detres
Co-Founder
Ihor Bauman
Ihor Bauman
Chief Business Analyst
Nazar Khrupalo
Nazar Khrupalo
Business Development Executive
Roman Tsivka
Roman Tsivka
Lead Blockchain Develope
Mykola Vdovychenko Legal
Mykola Vdovychenko Legal
Counsel / Compliance Officer

人気STO/ICO記事

  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    )条件:新規会員もれなく条件:カード利用もれなくこの機会に、をWドリしましょう!(詳細は登録ページにてご確認下さい)・