Loycha - あなたのショッピングに払うコイン

Loychaは、中間人(ビットコインとブロックチェーンの後にある主な考え方)を取り除き、企業とその顧客が相互にウィンウィンモデルで直接対話できるようにすることで、マーケティング部門を崩壊させます。 Loychaが作成したモデルは、企業がマーケティングを行い、スマートコントラクト広告(クリックごと、ビューごと、ダウンロードごと、購入ごとにターゲットオーディエンスを支払うことなど)に基づいてターゲットオーディエンスに支払うことによって、 自分でマーケティングできます。 だから、Google、Facebook、広告を販売する他の企業のような中間企業に支払う代わりに、企業は自分たちで競争し、広告を出して、顧客にその商品を捧げることができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
LOY
開始日時
2018-12-14
終了日時
2019-01-29
最低目標
250,000 USD
最高目標
1,500,000 USD
初回価格
0.0100 USD
トークン供給数
70,000,000
公式サイトへ Owner of Loycha?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームStellar
タイプStellar
参加可能通貨ETH, BTC, BCH, Fiat
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 100K USD - and more - 20%
  • 50K USD - 99K USD - 15%
  • 25K USD - 49K USD - 10%
  • 5K USD - 24K USD - 5%
  • Week 1-2 (14.12.2018 - 28.12.2018) - 20%
  • Week 3 (29.12.2018 - 04.01.2019 ) - 15%
  • Week 4-5 (05.01.2018 - 18.01.2019) - 10%
  • Week 6-7 (19.01.2019 - 31.01.2019) - 5%

概要

我々の目標は、ロイヤルティシステム機能する方法を変えることです。また、ロイヤリティプログラムを再び機能させるブロックチェーンの新しい時代のための新しいロイヤルティネットワークプラットフォームを開発しています。これを実現するために、ブロックチェーン、スマートコントラクト、モバイルアプリケーションを利用します。 Airbnbは不動産を所有せずに宿泊施設を提供しており、Uberは車両を持たずに交通サービスを提供しているように、ロイヤルティのリーダーになることを目指しています。

私たちのチームがもたらす革命の核心部分は、ロイヤルティアプリケーションにある顧客データが顧客に属し、顧客だけが所有することです。我々が知っているように、航空会社、レンタカー会社、ソーシャルメディア環境などの個人的な顧客データは、他の会社やソフトウェアに切り替える場合でも、元の企業のデータベースに残ります。 Loychaを使用すると、データはどこにでも移動する必要はありません。顧客の個人データベースに残り、顧客はデータを見せる相手を選択することができます。操作は、パートナーからデータを表示および非表示にするモバイルアプリケーションのオプトインおよびオプトアウトと同じくらい簡単です。新しいパートナーは、顧客の活動を簡単に見たり、顧客ロイヤルティの価値と顧客の評価指標を調べることができます。

パートナーはゼロコストでLoychaに参加することができます。参加費や実施費はありません。パートナーはハードウェアコストを負担しません。パートナーは、他のすべてのLoychaパートナーとパートナーシップを結び、Loychaパートナーネットワークからクロスマーケティングキャンペーンを実施し、新規顧客を獲得することができます。

チーム すべてを見る

Ozal Mehmet
Ozal Mehmet
CEO & Co-Founder
Resat Dilbaz
Resat Dilbaz
CTO and Co-Founder
Can Mehmet
Can Mehmet
Co-Founder & Javascript Developer
Hassan Foreman
Hassan Foreman
Chief Operations Officer
Ali Agaj
Ali Agaj
Chief Financial Officer
Ersan Ismaili
Ersan Ismaili
Project Manager

人気STO/ICO記事

  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • ステーキングサービス「Sanka Network」 by HashHub

     HashHubが運営するPoSの保有報酬を受け取る手続きをするためのプラットフォームです。Sanka Netowrkはユーザーの資産を預かることはせず、ユーザーは自身のウォレットで資産を管理しながら報酬を得られます。今後、コイン相場アプリ内にも各通貨のウォレットを実装、Sanka Networkへ簡単に使える、モバイルクライアントとなる予定です。cosmosvaloper1uyt0yuv7cz7ppwefl9ths336ln7ysvg2jlj76t tz1PYF2Fcqk7YjZGquNy8bFznhCLhyi9PpVzsanka
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・