Loycha - あなたのショッピングに払うコイン

Loychaは、中間人(ビットコインとブロックチェーンの後にある主な考え方)を取り除き、企業とその顧客が相互にウィンウィンモデルで直接対話できるようにすることで、マーケティング部門を崩壊させます。 Loychaが作成したモデルは、企業がマーケティングを行い、スマートコントラクト広告(クリックごと、ビューごと、ダウンロードごと、購入ごとにターゲットオーディエンスを支払うことなど)に基づいてターゲットオーディエンスに支払うことによって、 自分でマーケティングできます。 だから、Google、Facebook、広告を販売する他の企業のような中間企業に支払う代わりに、企業は自分たちで競争し、広告を出して、顧客にその商品を捧げることができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
LOY
開始日時
2018-12-14
終了日時
2019-01-29
最低目標
250,000 USD
最高目標
1,500,000 USD
初回価格
0.0100 USD
トークン供給数
70,000,000
公式サイトへ Owner of Loycha?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームStellar
タイプStellar
参加可能通貨ETH, BTC, BCH, Fiat
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 100K USD - and more - 20%
  • 50K USD - 99K USD - 15%
  • 25K USD - 49K USD - 10%
  • 5K USD - 24K USD - 5%
  • Week 1-2 (14.12.2018 - 28.12.2018) - 20%
  • Week 3 (29.12.2018 - 04.01.2019 ) - 15%
  • Week 4-5 (05.01.2018 - 18.01.2019) - 10%
  • Week 6-7 (19.01.2019 - 31.01.2019) - 5%

概要

我々の目標は、ロイヤルティシステム機能する方法を変えることです。また、ロイヤリティプログラムを再び機能させるブロックチェーンの新しい時代のための新しいロイヤルティネットワークプラットフォームを開発しています。これを実現するために、ブロックチェーン、スマートコントラクト、モバイルアプリケーションを利用します。 Airbnbは不動産を所有せずに宿泊施設を提供しており、Uberは車両を持たずに交通サービスを提供しているように、ロイヤルティのリーダーになることを目指しています。

私たちのチームがもたらす革命の核心部分は、ロイヤルティアプリケーションにある顧客データが顧客に属し、顧客だけが所有することです。我々が知っているように、航空会社、レンタカー会社、ソーシャルメディア環境などの個人的な顧客データは、他の会社やソフトウェアに切り替える場合でも、元の企業のデータベースに残ります。 Loychaを使用すると、データはどこにでも移動する必要はありません。顧客の個人データベースに残り、顧客はデータを見せる相手を選択することができます。操作は、パートナーからデータを表示および非表示にするモバイルアプリケーションのオプトインおよびオプトアウトと同じくらい簡単です。新しいパートナーは、顧客の活動を簡単に見たり、顧客ロイヤルティの価値と顧客の評価指標を調べることができます。

パートナーはゼロコストでLoychaに参加することができます。参加費や実施費はありません。パートナーはハードウェアコストを負担しません。パートナーは、他のすべてのLoychaパートナーとパートナーシップを結び、Loychaパートナーネットワークからクロスマーケティングキャンペーンを実施し、新規顧客を獲得することができます。

チーム すべてを見る

Ozal Mehmet
Ozal Mehmet
CEO & Co-Founder
Resat Dilbaz
Resat Dilbaz
CTO and Co-Founder
Can Mehmet
Can Mehmet
Co-Founder & Javascript Developer
Hassan Foreman
Hassan Foreman
Chief Operations Officer
Ali Agaj
Ali Agaj
Chief Financial Officer
Ersan Ismaili
Ersan Ismaili
Project Manager

人気STO/ICO記事

  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元: