Loycha - あなたのショッピングに払うコイン

Loychaは、中間人(ビットコインとブロックチェーンの後にある主な考え方)を取り除き、企業とその顧客が相互にウィンウィンモデルで直接対話できるようにすることで、マーケティング部門を崩壊させます。 Loychaが作成したモデルは、企業がマーケティングを行い、スマートコントラクト広告(クリックごと、ビューごと、ダウンロードごと、購入ごとにターゲットオーディエンスを支払うことなど)に基づいてターゲットオーディエンスに支払うことによって、 自分でマーケティングできます。 だから、Google、Facebook、広告を販売する他の企業のような中間企業に支払う代わりに、企業は自分たちで競争し、広告を出して、顧客にその商品を捧げることができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
LOY
開始日時
2018-12-14
終了日時
2019-01-29
最低目標
250,000 USD
最高目標
1,500,000 USD
初回価格
0.0100 USD
トークン供給数
70,000,000
公式サイトへ Owner of Loycha?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームStellar
タイプStellar
参加可能通貨ETH, BTC, BCH, Fiat
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 100K USD - and more - 20%
  • 50K USD - 99K USD - 15%
  • 25K USD - 49K USD - 10%
  • 5K USD - 24K USD - 5%
  • Week 1-2 (14.12.2018 - 28.12.2018) - 20%
  • Week 3 (29.12.2018 - 04.01.2019 ) - 15%
  • Week 4-5 (05.01.2018 - 18.01.2019) - 10%
  • Week 6-7 (19.01.2019 - 31.01.2019) - 5%

概要

我々の目標は、ロイヤルティシステム機能する方法を変えることです。また、ロイヤリティプログラムを再び機能させるブロックチェーンの新しい時代のための新しいロイヤルティネットワークプラットフォームを開発しています。これを実現するために、ブロックチェーン、スマートコントラクト、モバイルアプリケーションを利用します。 Airbnbは不動産を所有せずに宿泊施設を提供しており、Uberは車両を持たずに交通サービスを提供しているように、ロイヤルティのリーダーになることを目指しています。

私たちのチームがもたらす革命の核心部分は、ロイヤルティアプリケーションにある顧客データが顧客に属し、顧客だけが所有することです。我々が知っているように、航空会社、レンタカー会社、ソーシャルメディア環境などの個人的な顧客データは、他の会社やソフトウェアに切り替える場合でも、元の企業のデータベースに残ります。 Loychaを使用すると、データはどこにでも移動する必要はありません。顧客の個人データベースに残り、顧客はデータを見せる相手を選択することができます。操作は、パートナーからデータを表示および非表示にするモバイルアプリケーションのオプトインおよびオプトアウトと同じくらい簡単です。新しいパートナーは、顧客の活動を簡単に見たり、顧客ロイヤルティの価値と顧客の評価指標を調べることができます。

パートナーはゼロコストでLoychaに参加することができます。参加費や実施費はありません。パートナーはハードウェアコストを負担しません。パートナーは、他のすべてのLoychaパートナーとパートナーシップを結び、Loychaパートナーネットワークからクロスマーケティングキャンペーンを実施し、新規顧客を獲得することができます。

チーム すべてを見る

Ozal Mehmet
Ozal Mehmet
CEO & Co-Founder
Resat Dilbaz
Resat Dilbaz
CTO and Co-Founder
Can Mehmet
Can Mehmet
Co-Founder & Javascript Developer
Hassan Foreman
Hassan Foreman
Chief Operations Officer
Ali Agaj
Ali Agaj
Chief Financial Officer
Ersan Ismaili
Ersan Ismaili
Project Manager

人気STO/ICO記事

  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。