PEP Network - 分散型パーソナライズドコンテンツのエコシステム

PEPはPersonalized Expression Platformの略で、アニメーションステッカー、アバター、ARレンズなどのパーソナライズ可能な3Dコンテンツを作成、消費、取引することができる分散型エコシステムです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
PEP
開始日時
2018-05-30
終了日時
2018-07-20
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
1 PEP = 0.1 USD
トークン供給数
300,000,000
公式サイトへ Owner of PEP Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率50%
KYCWhitelist
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    スマホユーザー(消費者)は毎日数百万の絵文字とステッカーを送信します。エモジとステッカーは古くなっていて退屈で創造的に限られています。ユーザーはよりパーソナライズされた感情を共有する方法を探しています。 PEPネットワークを使用することで、消費者は個人的で表現力豊かで楽しい方法で感情を分かち合うことができます。PEPネットワークエコシステムは、クリエイターと消費者の間の直接的なコンテンツ取引を可能にします。 開発者はPEPトークンを使用して表現力豊かなコンテンツを必要とするアプリケーションを構築することができます。ラダーはコンテンツ所有権を交換できます。PEPトークンは、ランタイムにパーソナライズされたカスタムコンテンツをレンダリングする分散レンダーファーマーにインセンティブを与えるためにも使用されます。

    チーム すべてを見る

    Udayakumar Kadirvel
    Udayakumar Kadirvel
    CEO & Co-Founder
    Siddhartha Vinnakote
    Siddhartha Vinnakote
    CTO & Co-Founder
    Sujith kumar C R
    Sujith kumar C R
    Chief Strategist & Co-Founder
    Subrhmanyam A S
    Subrhmanyam A S
    CPO & Co-Founder
    Rakesh Nanda
    Rakesh Nanda
    Creative Director
    Govind Malehithlu
    Govind Malehithlu
    COO & CBDO

    人気STO/ICO記事

    • 名古屋グランパス×スタートアップピッチでシンクロライフが優勝

      暗号通貨を使ったレストランレビューSNS・シンクロライフが、2019年12月に開催された中部ニュービジネス協議会と名古屋商工会議所が主催する「2019 名古屋グランパス×スタートアップピッチ」にて優勝した。コンテストでは、全国から9社が参加した中で、GINKANは自社が持つ「食べて暗号通貨が貯まるグルメSNSシンクロライフ」を活用したアイディアを発表。内容は、チームを応援するグランパスサポーター飲食加盟店を愛知県のスタジアム中心で形成し、シンクロライフの通常の暗号通貨還元に加え、勝利や優勝と連動して還元率や特典が大きくなる仕組み作るというもの。さらに、貯まった暗号通貨(シンクロコイン)でグ
    • ふるさと納税でビットコインを無料でゲットしよう!

      ビットコインが欲しいけど、相場変動が激しく絶対に溶かしてしまう気がするから買うのはやめよう!という方に朗報です。Coinpoinを通じ、ふるさと納税を行うと商品を買うことでビットコインが無料で手に入ります!ふるさと納税とは、応援したい自治体に寄附(商品の購入)をすることで、所得税や住民税の還付・控除が受けられる制度のことです。多くの自治体では地域経済活性化のために、色々な商品を用意しています!ふるさと納税に関するより詳しい情報・寄附可能額を調べるには以下の順番でお進みください。「でビットコインを貯める」→「詳細内容確認」→「商品購入」この順番でアクセスし、商品を購入することで記録(ログ)が残
    • 株式投資型クラウドファンディングとは?

      株式投資型クラウドファンディングは、金融商品取引法の改正に伴って2015年5月から始まった新しい株式投資の手段です。実際には、2016年10月に初めて専用ライセンスが金融庁が発行され、が成立しているので、3年弱の運用期間になる比較的新たらしい金融商品になります。※いわゆる有価証券の取扱になるので、第一種金融商品取引業のライセンスが必要になります。これまで、ベンチャーキャピタルや一部のエンジェル投資家しか購入出来なかった未公開株をインターネット上で広く購入出来るようになる仕組みです。購入金額も数十万円からとなり、個人でも購入しやすい仕組みとなっています。非上場企業の株式ですので、該当企業が上場