PEP Network - 分散型パーソナライズドコンテンツのエコシステム

PEPはPersonalized Expression Platformの略で、アニメーションステッカー、アバター、ARレンズなどのパーソナライズ可能な3Dコンテンツを作成、消費、取引することができる分散型エコシステムです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
PEP
開始日時
2018-05-30
終了日時
2018-07-20
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
1 PEP = 0.1 USD
トークン供給数
300,000,000
公式サイトへ Owner of PEP Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率50%
KYCWhitelist
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    スマホユーザー(消費者)は毎日数百万の絵文字とステッカーを送信します。エモジとステッカーは古くなっていて退屈で創造的に限られています。ユーザーはよりパーソナライズされた感情を共有する方法を探しています。 PEPネットワークを使用することで、消費者は個人的で表現力豊かで楽しい方法で感情を分かち合うことができます。PEPネットワークエコシステムは、クリエイターと消費者の間の直接的なコンテンツ取引を可能にします。 開発者はPEPトークンを使用して表現力豊かなコンテンツを必要とするアプリケーションを構築することができます。ラダーはコンテンツ所有権を交換できます。PEPトークンは、ランタイムにパーソナライズされたカスタムコンテンツをレンダリングする分散レンダーファーマーにインセンティブを与えるためにも使用されます。

    チーム すべてを見る

    Udayakumar Kadirvel
    Udayakumar Kadirvel
    CEO & Co-Founder
    Siddhartha Vinnakote
    Siddhartha Vinnakote
    CTO & Co-Founder
    Sujith kumar C R
    Sujith kumar C R
    Chief Strategist & Co-Founder
    Subrhmanyam A S
    Subrhmanyam A S
    CPO & Co-Founder
    Rakesh Nanda
    Rakesh Nanda
    Creative Director
    Govind Malehithlu
    Govind Malehithlu
    COO & CBDO

    人気STO/ICO記事

    • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

      ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
    • 【7/11】世界ニュースまとめ - カナダ政府、仮想通貨取引所登録を義務化へ、プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認

      10日、コインテレグラフによるとカナダ政府が来年の2020年6月1日までカナダ現地のすべての仮想通貨取引所を対象に「カナダ金融取引報告分析センター(FinTRAC)」への登録を義務化した。カナダ政府はマネーロンダリング、テロ資金支援などの犯罪収益に対する規制改正案を発表し、現地の仮想通貨取引所が当局の登録手続きを遵守しないといけないことを明らかにした。これに関して現地Oslerの法律事務所のLori Stein弁護士は今回の改正案発表で仮想通貨業界に対する現地銀行及び金融機関のサービス提供がより開放的で円滑になると展望した。一方で今回の改正案で仮想通貨取引所が現地市場で離脱する可能性もあると予
    • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

      ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・