PEP Network - 分散型パーソナライズドコンテンツのエコシステム

PEPはPersonalized Expression Platformの略で、アニメーションステッカー、アバター、ARレンズなどのパーソナライズ可能な3Dコンテンツを作成、消費、取引することができる分散型エコシステムです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
PEP
開始日時
2018-05-30
終了日時
2018-07-20
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
1 PEP = 0.1 USD
トークン供給数
300,000,000
公式サイトへ Owner of PEP Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率50%
KYCWhitelist
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    スマホユーザー(消費者)は毎日数百万の絵文字とステッカーを送信します。エモジとステッカーは古くなっていて退屈で創造的に限られています。ユーザーはよりパーソナライズされた感情を共有する方法を探しています。 PEPネットワークを使用することで、消費者は個人的で表現力豊かで楽しい方法で感情を分かち合うことができます。PEPネットワークエコシステムは、クリエイターと消費者の間の直接的なコンテンツ取引を可能にします。 開発者はPEPトークンを使用して表現力豊かなコンテンツを必要とするアプリケーションを構築することができます。ラダーはコンテンツ所有権を交換できます。PEPトークンは、ランタイムにパーソナライズされたカスタムコンテンツをレンダリングする分散レンダーファーマーにインセンティブを与えるためにも使用されます。

    チーム すべてを見る

    Udayakumar Kadirvel
    Udayakumar Kadirvel
    CEO & Co-Founder
    Siddhartha Vinnakote
    Siddhartha Vinnakote
    CTO & Co-Founder
    Sujith kumar C R
    Sujith kumar C R
    Chief Strategist & Co-Founder
    Subrhmanyam A S
    Subrhmanyam A S
    CPO & Co-Founder
    Rakesh Nanda
    Rakesh Nanda
    Creative Director
    Govind Malehithlu
    Govind Malehithlu
    COO & CBDO

    人気STO/ICO記事

    • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

      ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており
    • 【コインポインとは】無料でビットコインが貰える|リスクなく暗号資産を運用しよう

      コインポインとはコイン相場が運営するお小遣いサイトです。普段のお買い物や娯楽などのサービス利用をで利用するだけで、ビットコインを貰うことができるお得なお小遣いサイトです。ビットコインといえば、2017年4月頃から2017年末のバブル期を彷彿とさせる価格高騰をみせており、改めて注目を集めています。新しいテクノロジーとして投資家から注目されるビットコインですが、まだまだ黎明期であり不安定な市場です。そこで、投資初心者の方にも手軽にリスクなくビットコインに触れて欲しいという想いから、がリリースされました。や、として、まずは気軽に体験してみませんか?の仕組みはアフィリエイト広告で成り立ってい
    • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

      投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)