Oryx Token - 電子商取引における分散化の未来

Oryxは、実際のアプリケーション(取引システム、ストア、ゲーム、暗号化プラットフォーム、その他のインターネットサービス)での使用にトークンをまとめて採用することに取り組んでいます。Oryxの主な目的は、暗号通貨を受け入れるパートナーが使用するトークンになり、プラットフォーム内で資金と支払いを転送することです。電子商取引の世界全体への分散化、これが私たちの目標でありビジョンです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ORX
開始日時
2019-06-10
終了日時
2019-08-30
初回価格
0.0500 USD
トークン供給数
100,000,000
公式サイトへ Owner of Oryx Token?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ブロックチェーンは、EthereumブロックチェーンにOryxの取引を記録する公開元帳です。

新しいソリューションは信頼できる中央機関なしでこれを実現し、ブロックチェーンのメンテナンスは暗号通貨ソフトウェアを実行している通信ノードのネットワークによって実行され、スマートコントラクトでOryxは2020年第四四半期に独自のメインネットチェーンが起動後、スケーラブルでないチェーンで発生する遅延と遅いトランザクションを軽減します。

Oryxは私達の遺産のブランド名になり、orxコインがエコシステムに燃料を供給するとき、Oryxブロックチェーンには複数のプロジェクトが存在します。

  • Oryx取引所
  • Oryxストア
  • Oryx暗号プラットフォーム
  • Oryxゲームプラットフォーム
  • Oryxインターネットサービス

チーム すべてを見る

Alkfrawy
Alkfrawy
Founder of Oryx27 age
Destiny Marshall
Destiny Marshall
Co-Founder
Alfan Asy’Ari
Alfan Asy’Ari
Project Manager
Tayar Al Mahdi
Tayar Al Mahdi
Community manager
Denise Eckel
Denise Eckel
Manager of Human Resources
Faisal Sopyan
Faisal Sopyan
Manager of Graphics

人気STO/ICO記事

  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。