Oryx Token - 電子商取引における分散化の未来

Oryxは、実際のアプリケーション(取引システム、ストア、ゲーム、暗号化プラットフォーム、その他のインターネットサービス)での使用にトークンをまとめて採用することに取り組んでいます。Oryxの主な目的は、暗号通貨を受け入れるパートナーが使用するトークンになり、プラットフォーム内で資金と支払いを転送することです。電子商取引の世界全体への分散化、これが私たちの目標でありビジョンです。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
ORX
開始日時
2019-06-10
終了日時
2019-08-30
初回価格
0.0500 USD
トークン供給数
100,000,000
公式サイトへ Owner of Oryx Token?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ブロックチェーンは、EthereumブロックチェーンにOryxの取引を記録する公開元帳です。

新しいソリューションは信頼できる中央機関なしでこれを実現し、ブロックチェーンのメンテナンスは暗号通貨ソフトウェアを実行している通信ノードのネットワークによって実行され、スマートコントラクトでOryxは2020年第四四半期に独自のメインネットチェーンが起動後、スケーラブルでないチェーンで発生する遅延と遅いトランザクションを軽減します。

Oryxは私達の遺産のブランド名になり、orxコインがエコシステムに燃料を供給するとき、Oryxブロックチェーンには複数のプロジェクトが存在します。

  • Oryx取引所
  • Oryxストア
  • Oryx暗号プラットフォーム
  • Oryxゲームプラットフォーム
  • Oryxインターネットサービス

チーム すべてを見る

Alkfrawy
Alkfrawy
Founder of Oryx27 age
Destiny Marshall
Destiny Marshall
Co-Founder
Alfan Asy’Ari
Alfan Asy’Ari
Project Manager
Tayar Al Mahdi
Tayar Al Mahdi
Community manager
Denise Eckel
Denise Eckel
Manager of Human Resources
Faisal Sopyan
Faisal Sopyan
Manager of Graphics

人気STO/ICO記事

  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし