Elementh - 電子商取引のブロックチェーン

Elementhは電子商取引のブロックチェーンであり、特化されたスマートコントラクトを作成する能力を持つ商品の所有権の登録であり、電子商取引のためのさまざまな分散型および集中型アプリケーションを迅速に作成するための命名標準の使用です。 Elementhは、近年の電子商取引の現代の問題を解決することを目指して、ブロックチェーンの分野で最高の成果を吸収しました

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
EEE
開始日時
2018-04-01
終了日時
2018-05-01
最高目標
1,500 ETH
トークン供給数
217,500,000
公式サイトへ Owner of Elementh?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率72%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 15.1.2018 - 1.2.2018 - 50% whitelist bonus
  • 1.2.2018-2.2.2018 - 30% whitelist bonus
  • 2.2.2018-3.2.2018 - 15% whitelist bonus

概要

Elementhには、トークンシステムと並んで、特定のアイテムの作成から現在の所有者への移動の追跡、元の商品の追跡、偽造品の検出など、多数のアプリケーションで使用できる商品システムがあります。トークンのシステムとは異なり、商品システムは、特定の住所にある特定の商品を「発行」して、可能なすべての商品のデータ(名前、製造業者、バーコードなど)を示す機能も備えています。同じ商品が既にブロックチェーンに存在する場合は、発行者にその旨のメッセージが届き、発行したい商品の数を指定する機会があります。項目にシリアル番号がある場合、転送操作が実行されているときにその項目を指定することができます。データ偽造に対して保護を提供するために、シリアル番号のハッシュのみがシステム内で固定されているため、最初の番号を知っている人だけが有効な取引を行うことができます。商品を「発行する」瞬間にシリアルナンバーがないと、システムはそれをランダムに生成し、所有者はQRコードをパッケージに印刷して、 RFIDタグまたは任意の他の便利な方法で使用することができる。

Elementhの目標は、電子商取引で使用される分散アプリケーションの開発のための代替プロトコルを作成し、標準品質の命名法を提供し、特定の製品の所有権を保証し、電子商取引のための専門的なスマートコントラクトを作成する能力です。 Elementhは、組み込みのTuring-completeプログラミング言語を使用してブロックチェーンを作成することで、これを実現し、誰もがスマートコントラクトや分散アプリケーションを作成し、統合製品カード、電子商取引および所有権の移転を可能にします。

チーム すべてを見る

Sergey Ryabov
Sergey Ryabov
CEO
Dmitriy Bereznitskiy
Dmitriy Bereznitskiy
CTO
Vitaliy Mengeshev
Vitaliy Mengeshev
CCO
Aleksandr Vasilev
Aleksandr Vasilev
Data Scientist
Sergey Morozov
Sergey Morozov
Backend Developer
Eugene Prigornitskiy
Eugene Prigornitskiy
Backend Developer

人気ICO記事

  • 「コイン相場」開発週報 Vol.28

    2019年の1月も半分以上経っております。仮想通貨市場全体が下がっておりますが今年もコイン相場アプリはこれまで以上に進化していきますのご期待ください。今月は主に今までの機能を最適化する作業をおこないました。ニュースタブにTOPページが新設されます。今までユーザーは最新情報を得るために多数のページにアクセスする必要がありました。今回、アップデートされるTOPページではよりスピーディーな情報獲得ができます。また、速報スクリーンショットシェア機能が追加され、SNSで共有できるようになります。一般モードと夜間モード両方で目に負担がかからないような色を選別し、調整いたしました。待ち時間を減らすため、ポー
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.30 - チャット機能を開発しております。

    先週と今週はNews 2.0のリニュアルとチャット機能の開発を進めてまいりました。チャット機能は現在、最終テスト段階でデザインや基本的な機能の開発は済んでおります。ニュース媒体の中で特定の媒体をフォローし、フォローした媒体だけ集めてが見られるようになります。つまり、ニュースアグリゲーションのカスタマイズができます。チャット機能は完全に開発され、テストは最終段階に入りましたデザインの最適化・調整のため、来週リリースされる予定です。ウォッチリストですぐ、チャットの内容が確認できます。お楽しみに!
  • 今年やり残したことは、コミケに行けば見つかるかもしれない

    かどうかは、分かりませんが、一度はあの熱気を体感してみたいという方は多いのではないでしょうか。コイン相場ユーザーの皆さんにとって今回のコミケが良いきっかけになるかもしれません。一部のサークルにてコイン相場ウォレットで仮想通貨決済ができます。賛同いただきましたサークルの皆様ありがとうございます!参考:参考:▶︎コイン相場ウォレトに対応いただいたサークル様にこちらのPOPを提示いただいています。場所 :西地区ヨ31b対応通貨:BTC場所:東地区ヌ05b対応通貨:BTC , ETH , XEM場所:東地区ハ32a対応通貨:ETH (ERC20) / BTC / BCH / XRP / EOS