Ahoolee - 世界初の製品検索エンジン

Ahooleeは、オープンソースからの情報を収集して、分散型プラットフォームを使用してオンラインストアの価格を比較しやすくし、ブロックチェーン技術に基づいて正確な情報を提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
AHT
開始日時
2017-08-28
終了日時
2017-09-11
調達金額
581.12 ETH
最低目標
1,000,000 USD
最高目標
10,000,000 USD
トークン供給数
25,000,000
公式サイトへ Owner of Ahoolee?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨BTC, ETH, Fiat
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

AhooleeはEC商品の検索エンジンを提供する分散型のプラットフォームです。自動で価格比較をするため利用者は常に最安の商品やサービスを手にすることができます。他の商品との比較だけでなく、その商品が時系列でどのように価格が推移していることも分かります。利用者は商品を購買する際にはトークンが利用可能です。

特徴

安全にお買い物ができる

Ahooleeの利用者は商品やサービスの売り手を選ぶだけでなく支払う通貨を選択することができます。そのため、もっていた通貨が価値が暴落してしまった場合でも、他の通貨で支払うことができるためその都度最も価値のある通貨やお好みの通貨でお支払いが可能です。

セーフティネットの役割

通貨は価値が下がっていけばどんどん手放したくなります。また逆に手放すべきタイミングがわからなくなることもあります。そのようなときにはAhooleeを利用して多少なりともモノに変えることができます。いずれにしても非常に合理的な購買が可能なプラットフォームであります。

広告収入による配当金

検索エンジンであるAhooleeは利用者が増えればECサイトも販売のチャンスを期待して集まるためさらに規模が大きくなることがありえます。そうなるとクリック数や取引数が増えるため手数料や広告料が追加報酬としてトークン保有者に分配されます。今後、ECショッピング検索プラットフォームとなれば安定的な高額配当金も期待できそうです。

チーム すべてを見る

Sergey Ryabov
Sergey Ryabov
CEO
Dmitriy Bereznitskiy
Dmitriy Bereznitskiy
CTO
Vitaliy Mengeshev
Vitaliy Mengeshev
COO
Aleksandr Vasilev
Aleksandr Vasilev
Data Scientist, Mathematician, Data Analysis Specialist
Sergey Morozov
Sergey Morozov
Backend Developer
Eugene Prigornitskiy
Eugene Prigornitskiy
Backend Developer, Mobile developer

人気STO/ICO記事

  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ