Olyseum - 価値の共有と独占性

Olyseumは、ブロックチェーンベースのソーシャルプラットフォームであり、スターが活動を収益化し、ファンのエンゲージメントに報いる方法を提供します。これにより、ファンはソーシャルマーケットプレイスでの独占体験にアクセスできます。 Olyseumは、オンライン広告と独占体験、製品、サービスの販売を利用して、スターがOlyseumと現在のソーシャルネットワークの残りのすべてのフォロワーのおかげで生み出した収益の一部を獲得し、最高のファンに彼らへのアクセスを提供するトークンを報いることを可能にし、ファンとスターの関係の質を向上させます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
OLY
最高目標
3,000,000 USD
トークン供給数
2,000,000,000
公式サイトへ Owner of Olyseum?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, FIAT
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Olyseumは、スポーツスターによって設計されたエコシステムであり、ファンとのより密接で意味のある関係を構築します。Olyseumでは、スターは彼らの社会的影響を収益化し、ファンの忠誠心に報います。 Olyseumでは、スターが視聴者を収益化し、ファンがエンゲージメントを収益化できます。ブロックチェーンベースの報酬システムとERC-20ユーティリティトークンを介してすべてを行います。

ファンのために、Olyseumは、複数のソーシャルネットワークのスターの周りのアクティビティのトークンを獲得できるコラボレーションプラットフォームを提案します。これらのトークンは、Olyseumとスターによって作成された排他的な体験交換を通じて引き換えることができます。

スターのために、Olyseumは、彼らが彼らのファンにより近く、彼らのサポートに報いることができるグローバルなコミュニティを作成するのを助けます。また、スターはネットワークの広告収入全体の直接的な割合を獲得し、すべてのファンと活動を収益化できます。一方、トークンやその他の特典と引き換えに、ファンのために排他的な体験を提供し、現在のソーシャルネットワークで共有することで、付加価値を得る権利があります。

チーム すべてを見る

Carlos Grenoir
Carlos Grenoir
President and Chief Executive Officer
Carles Puyol
Carles Puyol
Co-founder and Chief Star Officer
Andrés Iniesta
Andrés Iniesta
Co-founder and First Idol-Community
Kevin Mitnick
Kevin Mitnick
Co-founder and Security Advisor
Albert Castellana
Albert Castellana
Board member and Managing partner
Iván de la Peña
Iván de la Peña
Co-founder and New talents Advisor

人気STO/ICO記事

  • Bakktを名乗るフィッシングブログが登場・・注意必要

    米国の金融メディアによると、最近Bakktがビットコイン先物取引をリリースしたばかりだがこの事実を利用し、投資家から仮想通貨を盗み取る詐欺事件が発生している。最近、ベルギー・モルタ島などの規制当局はBakktを名乗るMediumブログ「https://bakktlaunch.com」を摘発、投資家たちに注意を呼び掛けた。同ウェブサイトはBTC、ETHを送金すると送金額の5倍・10倍の仮想通貨を配ると投資家たちをだましている。具体的な被害額はまだ、知られていないがこういった「フィッシングサイト」には注意が必要だ。※参照元はで確認できます。<ins></ins>どの取引所を使えばいいのか、手数料
  • 韓国政府、ブロックチェーン技術を活用した通関システムを開発か

    韓国現地メディアの30日報道によると、韓国は年内にブロックチェーン技術を既存の通関サービスに適用するためのシステムを開発し、来年からシステム構築をしていく方針だ。計画通りに開発が進めば2022年1月からサービスがスタートする。韓国関税庁が推進する「ブロックチェーン基盤の電子商取引品の個人通関サービス」は電子商取引業者や運送業者の業務が自動処理がされ業務の量がへり、全体の通関時間も半日ほど短縮されると期待されている。また、政府はブロックチェーン技術で通関のプロセスが透明化し、「アンダーバリュー」などの被害を防ぐ予定だ。一方で一般的な利用者は海外から取り寄せた品物の位置情報がリアルタイムで分かるよ
  • 警視庁、仮想通貨を要求する脅迫メールに注意喚起

    警視庁サイバーセキュリティ対策本部は1日の午後5時30分ごろ、ツイッターの公式アカウントを通じ、仮想通貨を要求する脅迫メールが拡散している件に対し、注意を呼び掛けた。脅迫メールには片言の日本語で「PCシステムのハッキングに成功した。」また、「あなたのパソコンを監視中。アダルトサイトにアクセスしたのを知っている。その際のあなたの写真(スクリーンショット)がある。写真が拡散されたくなければ仮想通貨を支払え」と記載されている。警視庁はこの脅迫メールに対し、相手の要求には絶対に応じないように呼び掛けている。※でより多くの情報が受け取れます。<ins></ins>比較記事を読まなくても、自分にぴったり