NeuronX - AIで構築された暗号市場の分析

NeuronXは、人工知能と機械アルゴリズムに基づいて構築された暗号市場の基本的かつ技術的な分析である。NeuronXは、テクニカルデータ、財務実績、ニュース、記事、ソーシャルネットワークの情報など、 膨大な量の情報を処理することにより、自己学習ニューラルネットワークを通じて その予測結果を絶え間なく改善しながら、70%までの精度でもって暗号通貨レートの下落を判断することができる。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
NXBT
開始日時
2018-11-01
終了日時
2019-04-30
最高目標
20,000,000 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of NeuronX?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, EOS
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

どうしてNeuronXを使いますか

高い精度の予測

NeuronXは基本的かつ技術的分析に基づき結果を絶え間なく改善しながら、最大70%の精度で予測を行うことができる。大量の情報を蓄積・保管・処理・分析する。NeuronXシステム全体が、絶え間なく予測精度を改善するように設計されている。

人為的要素の排除

人為的要素がないので、NeuronXは客観的な予測を行い、人間の感情に影響されず、無思慮で早まった決定を排除できる。

自己学習

Alは、深層学習のニューラルネットワークや機械学習の他の現代モデルを通じて、絶え間なくAI自身を改善している。プラットフォームは一定のダイナミックスにある。さまざまなソリューションの予測に基づきながらそれらを再計算し、不安定な市場環境に適応させている。

チーム すべてを見る

Grigoriy Balyan
Grigoriy Balyan
Chief Executive Officer (CEO), Co-founder
Evgeniy Ryumin
Evgeniy Ryumin
Chief Technical Officer (CTO)
Grigoriy Muluzyan
Grigoriy Muluzyan
Chief Financial Officer (CFO), Co-founder
Alexander Aleshin
Alexander Aleshin
Chief Operating Officer (COO)
Andrey Norov
Andrey Norov
Co-Founder
Jaroslav Ferubko
Jaroslav Ferubko
Co-Founder

人気STO/ICO記事

  • 【7/10】世界ニュースまとめ2 - 税務当局、納税者の仮想通貨関連モニタリングを強化する方針、イギリスの大手銀行がLibraのコンソーシアムに参加検討

    9日(現地時間)Cointelegraphの報道によると、米税務当局(IRS)はアップル、マイクロソフト、グーグルなどの大手IT企業を通じ、納税者の仮想通関連アプリのダウンロード履歴を把握するとともに脱税防止のためFacebook,TwitterなどのSNSプラットフォームの投稿に対する調査を強化する予定だ。公認会計士で「Crypto Tax Girl」として知られている暗号資産税金専門家Laura Walter氏はツイッターを通じ、米税務当局のプレゼンテーション資料を公開し、該当資料が米税務当局の犯罪調査局の職人たちを対象にした発表で使用されたと主張した。入手された資料によると、米税務当局は
  • 【7/11】世界ニュースまとめ - カナダ政府、仮想通貨取引所登録を義務化へ、プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認

    10日、コインテレグラフによるとカナダ政府が来年の2020年6月1日までカナダ現地のすべての仮想通貨取引所を対象に「カナダ金融取引報告分析センター(FinTRAC)」への登録を義務化した。カナダ政府はマネーロンダリング、テロ資金支援などの犯罪収益に対する規制改正案を発表し、現地の仮想通貨取引所が当局の登録手続きを遵守しないといけないことを明らかにした。これに関して現地Oslerの法律事務所のLori Stein弁護士は今回の改正案発表で仮想通貨業界に対する現地銀行及び金融機関のサービス提供がより開放的で円滑になると展望した。一方で今回の改正案で仮想通貨取引所が現地市場で離脱する可能性もあると予
  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表