NeuronX - AIで構築された暗号市場の分析

NeuronXは、人工知能と機械アルゴリズムに基づいて構築された暗号市場の基本的かつ技術的な分析である。NeuronXは、テクニカルデータ、財務実績、ニュース、記事、ソーシャルネットワークの情報など、 膨大な量の情報を処理することにより、自己学習ニューラルネットワークを通じて その予測結果を絶え間なく改善しながら、70%までの精度でもって暗号通貨レートの下落を判断することができる。

ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
NXBT
開始日時
2018-11-01
終了日時
2019-04-30
最高目標
20,000,000 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of NeuronX?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, EOS
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

どうしてNeuronXを使いますか

高い精度の予測

NeuronXは基本的かつ技術的分析に基づき結果を絶え間なく改善しながら、最大70%の精度で予測を行うことができる。大量の情報を蓄積・保管・処理・分析する。NeuronXシステム全体が、絶え間なく予測精度を改善するように設計されている。

人為的要素の排除

人為的要素がないので、NeuronXは客観的な予測を行い、人間の感情に影響されず、無思慮で早まった決定を排除できる。

自己学習

Alは、深層学習のニューラルネットワークや機械学習の他の現代モデルを通じて、絶え間なくAI自身を改善している。プラットフォームは一定のダイナミックスにある。さまざまなソリューションの予測に基づきながらそれらを再計算し、不安定な市場環境に適応させている。

チーム すべてを見る

Grigoriy Balyan
Grigoriy Balyan
Chief Executive Officer (CEO), Co-founder
Evgeniy Ryumin
Evgeniy Ryumin
Chief Technical Officer (CTO)
Grigoriy Muluzyan
Grigoriy Muluzyan
Chief Financial Officer (CFO), Co-founder
Alexander Aleshin
Alexander Aleshin
Chief Operating Officer (COO)
Andrey Norov
Andrey Norov
Co-Founder
Jaroslav Ferubko
Jaroslav Ferubko
Co-Founder

人気ICO記事

  • DeFiを理解する:ブロックチェーン注目トピックの良記事まとめvol.1

    2019年04月16日追記: おすすめ記事を1つ追加しました。直近の半年で話題になり、注目を集めているトピックの1つが #Defi 分散型金融だろう。何より、実際自身の手で動かしてみることが出来るプロジェクトが多いという意味で、誰にでもとっつきやすいテーマである。クリプトトレーダーやdAppsゲーマーの皆さんのように、基本的なブロックチェーンの理解がある方々だと理解はきっと難しくないはずだ。尚、Editors Choice by CoinViewは、注目トピックの概要を網羅的に理解出来る記事を紹介することで、全体像と概況をスムーズに掴む一助になればという試みだ。直接レポートを書くという事はせず
  • ポートフォリオの使い方- 仮想通貨アプリ コイン相場

    いま、どこに、どの通貨を、いくら持っているのか、リアルタイムで確認する事が出来ます。仮想通貨の資産管理は、取引所やウォレットなど、保管場所が複数ある場合、管理が非常に煩わしいです。その点、コイン相場のポートフォリオ機能は便利です。【】・【】あるいは【】しておくと価格変動に合わせた資産をリアルタイムで確認できます。日本円で表示されない海外取引所を利用するときや散らばっている資産の管理がとても簡単にできる機能です。 まずは、仮想通貨ポートフォリオ機能が使えるアプリ、利用している取引所とAPIを連携しておくと全ての取引履歴や資産残高がコイン相場アプリでも自動更新されます。連携方法については
  • 【ポイ活の始め方】人気ポイントサイト「げん玉」の登録方法を解説!

    げん玉とは会員数440万人を誇る、老舗のポイントサイトです。げん玉を経由してネットサービスを利用すると、お得なポイントが獲得できるので、や、として今(でポイントを稼ぐ活動)が話題になっています。(最近は、高校生のお小遣い稼ぎ方法としても当たり前になっているのだとか)は元々は、が運営していたでしたが、子会社のに事業が受け継がれています。因みに、げん玉に登録するということはRWS(リアルワールドサービス)のIDを取得することになりますので、ようになります。尚、当ページはを具体的に紹介していくトリセツ的なものになりますので、げん玉の詳細を知りたい方は以下の記事をご参照ください。▶