NeuronX - AIで構築された暗号市場の分析

NeuronXは、人工知能と機械アルゴリズムに基づいて構築された暗号市場の基本的かつ技術的な分析である。NeuronXは、テクニカルデータ、財務実績、ニュース、記事、ソーシャルネットワークの情報など、 膨大な量の情報を処理することにより、自己学習ニューラルネットワークを通じて その予測結果を絶え間なく改善しながら、70%までの精度でもって暗号通貨レートの下落を判断することができる。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
NXBT
開始日時
2018-11-01
終了日時
2019-04-30
最高目標
20,000,000 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of NeuronX?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, EOS
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

どうしてNeuronXを使いますか

高い精度の予測

NeuronXは基本的かつ技術的分析に基づき結果を絶え間なく改善しながら、最大70%の精度で予測を行うことができる。大量の情報を蓄積・保管・処理・分析する。NeuronXシステム全体が、絶え間なく予測精度を改善するように設計されている。

人為的要素の排除

人為的要素がないので、NeuronXは客観的な予測を行い、人間の感情に影響されず、無思慮で早まった決定を排除できる。

自己学習

Alは、深層学習のニューラルネットワークや機械学習の他の現代モデルを通じて、絶え間なくAI自身を改善している。プラットフォームは一定のダイナミックスにある。さまざまなソリューションの予測に基づきながらそれらを再計算し、不安定な市場環境に適応させている。

チーム すべてを見る

Grigoriy Balyan
Grigoriy Balyan
Chief Executive Officer (CEO), Co-founder
Evgeniy Ryumin
Evgeniy Ryumin
Chief Technical Officer (CTO)
Grigoriy Muluzyan
Grigoriy Muluzyan
Chief Financial Officer (CFO), Co-founder
Alexander Aleshin
Alexander Aleshin
Chief Operating Officer (COO)
Andrey Norov
Andrey Norov
Co-Founder
Jaroslav Ferubko
Jaroslav Ferubko
Co-Founder

人気STO/ICO記事

  • ADAのチャールズ・ホスキンソン「ツイッターを一時停止する」

    エイダコイン(ADA)の発案者でブロックチェーンの研究機関IOHKのCEOで知られているチャールズ・ホスキンソンは7月16日午後13時ごろ(日本時間)「優先順位が高いものに集中するため、ツイッターをやめる」とコメントを残した。優先順位が高いものが何かについては明らかにされていない。参照元:<ins></ins><ins></ins>・・・・・・・・・
  • 【7/13】世界ニュースまとめ - 財務省・金融庁・日銀がリブラの連絡会を設置か、個人情報流出のFacebookに制裁金5,400億円、バイナンスCEO「個人投資家の比率6割以上」、相場の主導は個人投資家

    暗号資産専門メディアCoinpostの報道で財務省・金融庁・日銀が共同で「リブラ」に関する連絡会を設置したことが分かった。リブラは20億人のFacebookユーザーを中心に急激な普及が予想されるが、マネーロンダリングや既存の金融システムに影響などの不透明な部分が多いため、必要に応じ会合を開き、対策などのさまざまな論点について議論する予定だ。参照元:<ins></ins>ブルームバーグによると13日(現地時間)バイナンスCEOは同メディアとのインタビューで、「今年の仮想通貨の価格上昇は機関投資家の参入の結果だという見方もあるが、バイナンスの取引高は約60%が個人投資家によるものだ」と述べ、ビッ
  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表