Nagricoin - 私たちが食べるものが私たちです

NagriCoinの他の暗号通貨に対する主な利点は特異性です。 唯一の農業トークンであるNagricoinは、通貨変動を補完し、永続的な価値を付加する経済の実態に結びついています。 トークンの基本資産は、植物成長を刺激する微量要素と抗酸化物質の最新の有機複合配合物であるNagri-HLです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
NGR
開始日時
2018-04-02
終了日時
2018-05-24
最低目標
500,000 USD
最高目標
22,000,000 USD
初回価格
1 NGR = 3 USD
トークン供給数
9,666,667
公式サイトへ Owner of Nagricoin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率82%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

見積もりによると、第1段階の終わりまでのNagriの推定販売量は、最も可能性の高いシナリオでは、ブラジルで約1,000万リットル、EUでは500万リットルに達します。したがって、Nagriの販売数量は、平均販売価格が15米ドル/リットルで、約2億米ドルとなる。

第1段階で急速に拡大した場合、ウクライナ、メキシコ、ロシア、中国などの市場をターゲットにしたプロモーションを含めることも可能です。すでにこれらの国では、Nagri認証、関心のあるパートナーの検索などの準備が行われています。

最初のプロジェクト段階で必要な生産量を確保するため、ブラジルとEU内の2つのラインと抗酸化成分の製造設備が購入され、設置される予定です。第1段階の人材訓練と同様に、設備の購入と設置に投資する総額は約600万ドルです。

原材料の購入、労働者、エンジニア、管理職員への支払い、パートナーへの手数料支払い、マーケティング費用の営業費用は、売上の約60%を占めます。 2018年、ナグリはすべての潜在的な顧客に無料のフィールドテストを提供する予定です。

プロジェクトの資金調達には、2018年の初めに1700万ドルの投資が必要で、2019年の初めにはさらに800万ドルの投資が必要です。

2019年末までに、正味営業キャッシュフローは1,500万ドルと予想され、プロジェクトは自己資金調達段階に移行する予定です。

2022年末の連結正味キャッシュフローは約1億4000万ドルであり、ブラジルとEUにおけるプロジェクトの拡張と他の市場へのアクセスが可能になります。

プロジェクトの資金を調達するために、NagriTechは、トークン1通につき3米ドルの価格で2000万ドルの公表トークン(ITO)を公開する予定です。投資家には、ディスカウントでのトークンの購入を可能にする柔軟な価格設定システムが提供されます。取引所でのトークン登録費用とITOマーケティングキャンペーン費用を賄うために、事前ITOが組織され、50万ドルから200万ドルの間で調達が予定されています。

チーム

Evgeniy Kozarenko
Evgeniy Kozarenko
CEO
Andrey Samolyotov
Andrey Samolyotov
Сo-founder
Maksim Urakin
Maksim Urakin
PR, Marketing and Advertizing
Tygran Arakelian
Tygran Arakelian
Financial planning and strategy

人気STO/ICO記事

  • イランがミサイルを撃った後、BTCが上昇した理由は?

    イランが「コッズ部隊」のソレイマニ司令官殺害への報復としてイラクにある米空軍基地をミサイルで攻撃したことで、国際情勢が不安定になっています。高まる緊張感の中で「原油」、「金」、「BTC」の価格が大きく上昇しました。イランがミサイルを撃った後、ビットコイン(BTC)の価格が上昇した理由は何でしょうか?伝統的に国家間の武力衝突や貿易戦争のような地政学的リスクが勃発すると、お金を持っている資産家たちは財産を守るために「金」などを避難先として選んできました。今回も米国、イランの戦争リスクが高まった後「金」の価格は上昇し2013年以降、高値を更新しています。「金」の価格が上昇することは理解できるが誰も価
  • TaoTaoがBinanceとの提携交渉の開始を正式発表

    昨日、リークされていたYahoo!JapanとBinanceの提携に関する報道があったが、グループ傘下にある暗号資産取引所・TaoTao社から提携交渉を開始したと正式に発表があった。今回公表されたのは、日本市場における戦略的提携に向けて交渉を開始することに合意した事までで、具体的な内容は明かされていない。参考:
  • ファンディーノ(FUNDINNO)について

    日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングのプラットフォーム。日本で初めて、第一種少額電子募集取扱業者として金融庁に登録承認された。「取引量日本No.1」という表記があるが、実際に、(2020年1月時点)という実績があり、が公表している統計数値と照合すると、市場シェアの90%前後を占め、名実共に実績No.1、ほぼ市場を独占しているサービスになる。「クラウドファンディング」という名称になっているが、実際には株式投資であり、CampfireやMakuake、Kickstarterといったいわゆるクラファンとは法的も全く別物である。一般的に非上場株・未公開株と言われる店頭有価