MyTVchain - スポーツクラブ専用のWeb TVプラットフォーム

MyTVchainの使命は、スポーツクラブがコンテンツからより多くの収益を生み出し、ブランドロイヤルティを築き、スポーツクラブチャンネルの開発を加速させることです。 スポーツクラブと視聴者が直接ブロックチェーンで取引する新しいモデルを構築し、仲介者の必要性を排除します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MyTV
開始日時
2019-02-28
終了日時
2019-06-26
最高目標
35,000,000 USD
初回価格
0.1000 USD
トークン供給数
1,750,000,000
公式サイトへ Owner of MyTVchain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, DASH
供給率45%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

MyTVchainは新世代のスポーツビデオ共有プラットフォームとスポーツクラブのための新しいエコシステムを開発しています。ファンは(MyTVchainが開発したモバイルアプリを通じて)映画を撮り、動画を公開し、アニメ化し、ソーシャルネットワークと共有しながら(MyTVトークンの形式で)トークンを自分のためだけでなく自分のスポーツクラブにも与えることができます。クラブと地域社会のための奉仕活動と資金調達。 MyTVchainの収益モデルは、取引手数料とオンラインサービスに基づいています。

MyTVchainの技術チームとブロックチェーンのエキスパートは、ビデオ制作者と視聴者が直接ブロックチェーンで取引し、YouTubeやFacebookなどの仲介者を必要としないスポーツクラブ向けの新しいモデルを構築します。 MyTVchainを使用すると、コミュニティがプラットフォームの管理を取り戻し、コンテンツの価値を決定するのはコミュニティです。

MyTV Tokenは、MyTVchainコミュニティ内でのビデオの作成、共有、および視聴のための新しい交換手段および報酬です。 MyTVトークンには、コミュニティによる幅広い用途があります。

チーム すべてを見る

Corneliu Fridgant
Corneliu Fridgant
President
Cristina Tautu
Cristina Tautu
General Manager
Junior Bouis
Junior Bouis
COO
Florin Novac
Florin Novac
CTO/Blockchain Expert
François Le Page
François Le Page
Financial Management(Marketkaps)
Olivier Kleindienst
Olivier Kleindienst
Business Model strategist(Marketkaps)

人気STO/ICO記事

  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[