MovieChain - 画期的な分散型の映画配信エコシステム

MovieChainは、新興市場(インド、東南アジア、アフリカ、南米)の映画業界向けの分散型ビジネスインフラストラクチャです。ブロックチェーンテクノロジーの基盤として構築され、その上部構造としてデジタル資産取引プラットフォームが組み込まれています。マザー製品Xenderアプリからの何百万人ものユーザーが加わりました。 簡単に言えば、MovieChainは画期的かつ分散型の映画配信エコシステムです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MVC
開始日時
2018-03-26
終了日時
2018-04-06
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
10,000,000 USD
初回価格
1 MVC = 0.01 USD
トークン供給数
1,000,000,000
公式サイトへ Owner of MovieChain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Xenderはブロックチェーンテクノロジーおよびトークンエコノミーを駆使し、映画産業における分配型ビジネスインフラの構築を行う:Movie Chainである。映画産業のプラットフォームであると同時に分散化、可視化、デジタル化、さらには財産化されたこのエコシステムは、映画、ミュージックビデオ、テレビドラマなどのあらゆるデジタル資産の登録から始まり、発見、ダウンロード、転送、購入、消費、そして決済というサービスを提供する。一方で、MovieChainはムービーコイン(MVC)という名前の独自のトークン計画を開始する。発行されたトークンはこのエコシステムと全ての参加者を活性化させるため、動機付けとしての役割を果たす

チーム すべてを見る

Peter Jiang
Peter Jiang
Founder & CEO
Tony Ruan
Tony Ruan
CMO
Piyush Mathur
Piyush Mathur
India COO
Leo Wang
Leo Wang
Founder of PreAngel
Andy Tian
Andy Tian
CEO of Asia Innovations Group
Kumar Ahuja
Kumar Ahuja
President of Eros International

人気STO/ICO記事

  • 【投資初心者向け】まめ株のおすすめポイントやおすすめ銘柄を紹介!

    投資はしたいけれど、資金がない。という方は単元未満株であれば少額の資金で投資をすることができます。単元未満株は各証券会社で取り扱っており呼び名も異なりますが、野村證券が取り扱っているのが「」そしてまめ株に興味がある人の中には「まめ株をしたいけど、どんな点が他の証券会社に比べておすすめポイントなの?」「まめ株で投資したいんだけど・・・おすすめ銘柄は?」そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。この記事ではおすすめポイントとおすすめ銘柄を中心に紹介をしていきます。そもそも「まめ株」とは何でしょうか。まめ株とは野村證券が取り扱う単元未満株のことです。普通株式を購入する際には、「最低◯株以上
  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    )条件:新規会員もれなく条件:カード利用もれなくこの機会に、をWドリしましょう!(詳細は登録ページにてご確認下さい)・ 
  • TaoTaoがBinanceとの提携交渉の開始を正式発表

    昨日、リークされていたYahoo!JapanとBinanceの提携に関する報道があったが、グループ傘下にある暗号資産取引所・TaoTao社から提携交渉を開始したと正式に発表があった。今回公表されたのは、日本市場における戦略的提携に向けて交渉を開始することに合意した事までで、具体的な内容は明かされていない。参考: