MovieChain - 画期的な分散型の映画配信エコシステム

MovieChainは、新興市場(インド、東南アジア、アフリカ、南米)の映画業界向けの分散型ビジネスインフラストラクチャです。ブロックチェーンテクノロジーの基盤として構築され、その上部構造としてデジタル資産取引プラットフォームが組み込まれています。マザー製品Xenderアプリからの何百万人ものユーザーが加わりました。 簡単に言えば、MovieChainは画期的かつ分散型の映画配信エコシステムです。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MVC
開始日時
2018-03-26
終了日時
2018-04-06
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
10,000,000 USD
初回価格
1 MVC = 0.01 USD
トークン供給数
1,000,000,000
公式サイトへ Owner of MovieChain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Xenderはブロックチェーンテクノロジーおよびトークンエコノミーを駆使し、映画産業における分配型ビジネスインフラの構築を行う:Movie Chainである。映画産業のプラットフォームであると同時に分散化、可視化、デジタル化、さらには財産化されたこのエコシステムは、映画、ミュージックビデオ、テレビドラマなどのあらゆるデジタル資産の登録から始まり、発見、ダウンロード、転送、購入、消費、そして決済というサービスを提供する。一方で、MovieChainはムービーコイン(MVC)という名前の独自のトークン計画を開始する。発行されたトークンはこのエコシステムと全ての参加者を活性化させるため、動機付けとしての役割を果たす

チーム すべてを見る

Peter Jiang
Peter Jiang
Founder & CEO
Tony Ruan
Tony Ruan
CMO
Piyush Mathur
Piyush Mathur
India COO
Leo Wang
Leo Wang
Founder of PreAngel
Andy Tian
Andy Tian
CEO of Asia Innovations Group
Kumar Ahuja
Kumar Ahuja
President of Eros International

人気ICO記事

  • ブロックチェーンのオンライン学習サービス「EnterChain」がスタート

    ブロックチェーン技術の教育、ブロックチェーン・AIの導入コンサルティングを行う株式会社digglue(代表取締役社長:原英之本社:東京都文京区)は、ブロックチェーンのオンライン学習サービス「EnterChain」を2019年2月5日(火)より100名限定で公開いたします。本サービスでは、テキストや図だけでなく実際に操作しながら学ぶことでブロックチェーンの初学者にとってわかりづらい技術を、オンラインであってもわかりやすく学ぶことを支援します。将来、ブロックチェーンの与える社会への潜在的なインパクトは国内外で67兆円※に上ると算出されています。そのため、今後日本国内においてブロックチェーンの知識の
  • 今年やり残したことは、コミケに行けば見つかるかもしれない

    かどうかは、分かりませんが、一度はあの熱気を体感してみたいという方は多いのではないでしょうか。コイン相場ユーザーの皆さんにとって今回のコミケが良いきっかけになるかもしれません。一部のサークルにてコイン相場ウォレットで仮想通貨決済ができます。賛同いただきましたサークルの皆様ありがとうございます!参考:参考:▶︎コイン相場ウォレトに対応いただいたサークル様にこちらのPOPを提示いただいています。場所 :西地区ヨ31b対応通貨:BTC場所:東地区ヌ05b対応通貨:BTC , ETH , XEM場所:東地区ハ32a対応通貨:ETH (ERC20) / BTC / BCH / XRP / EOS
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.27

    皆様、あけましておめでとうございます。2019年もチーム一丸となって「コイン相場」の更なるアップデートを重ねていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。さて、早速ですが開発アップデートに関して、進捗と今後の予定をお知らせ致します。まず朗報です。Android版はついにダークモードがリリースされました。新しいインターフェースは、2週間の設計・開発を経てほぼ完成していますので、早ければ来週にはお披露目できるかと思います。主に日本人に合わせてUXを最適化しており、コンテンツや実用性が大幅に向上しますので乞うご期待下さい。年末に日本でリリースした「みんなのエアドロ」ですが、多くのユーザー様から反