MovieChain - 画期的な分散型の映画配信エコシステム

MovieChainは、新興市場(インド、東南アジア、アフリカ、南米)の映画業界向けの分散型ビジネスインフラストラクチャです。ブロックチェーンテクノロジーの基盤として構築され、その上部構造としてデジタル資産取引プラットフォームが組み込まれています。マザー製品Xenderアプリからの何百万人ものユーザーが加わりました。 簡単に言えば、MovieChainは画期的かつ分散型の映画配信エコシステムです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MVC
開始日時
2018-03-26
終了日時
2018-04-06
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
10,000,000 USD
初回価格
1 MVC = 0.01 USD
トークン供給数
1,000,000,000
公式サイトへ Owner of MovieChain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Xenderはブロックチェーンテクノロジーおよびトークンエコノミーを駆使し、映画産業における分配型ビジネスインフラの構築を行う:Movie Chainである。映画産業のプラットフォームであると同時に分散化、可視化、デジタル化、さらには財産化されたこのエコシステムは、映画、ミュージックビデオ、テレビドラマなどのあらゆるデジタル資産の登録から始まり、発見、ダウンロード、転送、購入、消費、そして決済というサービスを提供する。一方で、MovieChainはムービーコイン(MVC)という名前の独自のトークン計画を開始する。発行されたトークンはこのエコシステムと全ての参加者を活性化させるため、動機付けとしての役割を果たす

チーム すべてを見る

Peter Jiang
Peter Jiang
Founder & CEO
Tony Ruan
Tony Ruan
CMO
Piyush Mathur
Piyush Mathur
India COO
Leo Wang
Leo Wang
Founder of PreAngel
Andy Tian
Andy Tian
CEO of Asia Innovations Group
Kumar Ahuja
Kumar Ahuja
President of Eros International

人気STO/ICO記事

  • 一目で丸わかり!仮想通貨取引所ランキング |手数料徹底比較

    ★★★★★ 日本円入金 : 無料 ★★★★★ 日本円出金 : 無料 ★★★★☆ 取引所 : Maker:-0.01%、Taker:0.05% ★★★★☆ 販売所(スプレッド) : 低め ★★★☆☆ レバレッジ(ロング) : 0.04%/日 ★★★☆☆ レバレッジ(ショート) : 0.04%/日★★★★★ 送金(btc) : 無料 ★★★★★ 送金(主要アルト) : 無料 ★★★★★ 日本円入金 : 無料 ★★★★★ 日本円出金 : 無料    ーーーーー 取引所 : ー ★★★★☆ 販売所(スプレッド) : 低め ★★★☆☆ レバレッジ(ロング) : 0.04%/日
  • LINEのブロックチェーン子会社が日本金融庁から正式認可

    メッセンジャーアプリ「LINE」を運営するLINE株式会社のブロックチェーン子会社「LVC株式会社」が本日6日に仮想通貨交換業者登録及び第一種会員への会員種別変更になったことが日本金融庁ホームページ、日本仮想通貨交換業協会のホームページを通じ発表された。LVC株式会社は、LINEの仮想通貨事業およびブロックチェーン関連事業を展開している会社だ。取り扱い通貨はBTC、ETH、BCH、LTC、XRPのメジャーな仮想通貨となる。当協会会員における仮想通貨交換業者登録及び第一種会員への会員種別変更について本日、金融庁より当協会会員の内1社の仮想通貨交換業者登録に関する公表がありましたのでお知らせいたし
  • 韓国の大手芸能事務所SMエンターテインメント、独自のブロックチェーンプラットフォームを開発か

    韓国現地メディアによると、韓国の大手芸能事務所SMエンターテインメント(BoA、東方神起、少女時代などを生みだした芸能事務所)が昨日、韓国で開かれた「Upbit開発者カンファレンス」で独自のブロックチェーンプラットフォームをリリースする計画があることを発表した。SMエンターテインメントはブロックチェーンが「仮想の世界」と「実物の世界」をつなぐいい道具として役割を果たすことができると判断した説明した。また、アーティストとファンがウィンウィン(win-win)できるモデルを作るために最善を尽くすと述べた。SMエンターテインメントの関係者は「ブロックチェーン事業を一緒にやっていく協力会社と話を進めて