MovieChain - 画期的な分散型の映画配信エコシステム

MovieChainは、新興市場(インド、東南アジア、アフリカ、南米)の映画業界向けの分散型ビジネスインフラストラクチャです。ブロックチェーンテクノロジーの基盤として構築され、その上部構造としてデジタル資産取引プラットフォームが組み込まれています。マザー製品Xenderアプリからの何百万人ものユーザーが加わりました。 簡単に言えば、MovieChainは画期的かつ分散型の映画配信エコシステムです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MVC
開始日時
2018-03-26
終了日時
2018-04-06
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
10,000,000 USD
初回価格
1 MVC = 0.01 USD
トークン供給数
1,000,000,000
公式サイトへ Owner of MovieChain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Xenderはブロックチェーンテクノロジーおよびトークンエコノミーを駆使し、映画産業における分配型ビジネスインフラの構築を行う:Movie Chainである。映画産業のプラットフォームであると同時に分散化、可視化、デジタル化、さらには財産化されたこのエコシステムは、映画、ミュージックビデオ、テレビドラマなどのあらゆるデジタル資産の登録から始まり、発見、ダウンロード、転送、購入、消費、そして決済というサービスを提供する。一方で、MovieChainはムービーコイン(MVC)という名前の独自のトークン計画を開始する。発行されたトークンはこのエコシステムと全ての参加者を活性化させるため、動機付けとしての役割を果たす

チーム すべてを見る

Peter Jiang
Peter Jiang
Founder & CEO
Tony Ruan
Tony Ruan
CMO
Piyush Mathur
Piyush Mathur
India COO
Leo Wang
Leo Wang
Founder of PreAngel
Andy Tian
Andy Tian
CEO of Asia Innovations Group
Kumar Ahuja
Kumar Ahuja
President of Eros International

人気STO/ICO記事

  • Coinbaseが上場を検討している仮想通貨を発表・・TelegramのGRAMも視野に

    アメリカの大手仮想通貨取引所Coinbaseが仮想通貨の上場をアグレッシブに進めている。20日、Coinbaseは公式ブログを通じ、Coinbaseに仮想通貨17種類が上場される予定だと発表した。上場予定の仮想通貨はテレグラムのGRAM、Avalanche、Celo、Chia、Coda、Dfinity、Filecoin、Handshake、Kadena、Mobilecoin、NEAR、Nervos、Oasis、Orchid、Solana、Spacemeshがリストされた。Coinbaseは仮想通貨の上場基準が保守的な取引所として知られている。しかし、去年から上場基準の一部を改正し、上場を積極的
  • Bakktを名乗るフィッシングブログが登場・・注意必要

    米国の金融メディアによると、最近Bakktがビットコイン先物取引をリリースしたばかりだがこの事実を利用し、投資家から仮想通貨を盗み取る詐欺事件が発生している。最近、ベルギー・モルタ島などの規制当局はBakktを名乗るMediumブログ「https://bakktlaunch.com」を摘発、投資家たちに注意を呼び掛けた。同ウェブサイトはBTC、ETHを送金すると送金額の5倍・10倍の仮想通貨を配ると投資家たちをだましている。具体的な被害額はまだ、知られていないがこういった「フィッシングサイト」には注意が必要だ。※参照元はで確認できます。<ins></ins>どの取引所を使えばいいのか、手数料
  • 韓国で仮想通貨取引所は認可制になるか・・STOの合法化も視野に

    18日韓国国会によると、韓国の第一野党「自由韓国党」は来年、4月の選挙に向けて22日、国民報告大会を開き、議員と民間専門家らが作った政策報告書(公約)を発表する予定だ。自由韓国党の公約の核心的な内容は韓国における「仮想通貨規制の不確実性」をなくすことだ。現在の韓国政府はブロックチェーン技術は育て、仮想通貨は厳しく規制する立場をとっているが、自由韓国党はブロックチェーンと仮想通貨は切り離せないもので、投資家の保護を前提に仮想通貨産業全般を合法化する必要があると主張している。ブロックチェーン基盤の証券型トークン(STO)などの合法化も目指す。そして、「与党・野党」は仮想通貨取引所を政府が認可する