M2M Systems - 世界初のブロックチェーンベースのIOTコントラクトプラットフォーム

IoTを活用してアウトカム・エコノミーを勝ち取る

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
M2MS
開始日時
2021-04-01
終了日時
2021-06-30
初回価格
3450
トークン供給数
3,000,000
公式サイトへ Owner of M2M Systems?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームOTHERS
タイプOTHERS
参加可能通貨ETH, BTC, BCH TRX
供給率不明
KYCKYC
参加不可地域Iran, North Korea
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-Sale 01.04.2021-31.06.2021 - 0.50 USD

概要

M2M Systemsは、ブロックチェーンをベースにしたIoTコントラクトプラットフォームです。このプラットフォームでは、IoTデバイスが迅速かつ効果的に通信し、アイデンティティ、認証、データストレージ、マイクロペイメントを扱うことができます。M2Mシステムズは、IoTプラットフォームに必要な規模とコントラクト機能を扱えるマルチチェインをベースにした新しいブロックチェーンを開発します。M2Mシステムズが提供するIoTデバイスは、より実用的なデータを意味し、生活、ビジネス、政府を改善します。また、プライベート・ブロックチェーンとパブリック・ブロックチェーンを融合させることで、より高速なトランザクションを実現し、他のIoT製品とは一線を画しています。

チーム

Francis Howard
Francis Howard
Chief Executive Officer
Christina Girod
Christina Girod
Chief Technology Officer
Michael Groff
Michael Groff
Chief Marketing Officer
Darren Norman
Darren Norman
Chief Communications Officer

人気STO/ICO記事

  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ