ContractNet - ブロックチェーンの交差、IOTとスマートコントラクト

ContractNetは、より低いメモリデバイスに最適化されています。 これらの外部デバイスは、ブロックネット上のスマートコントラクトで安全にデータを交換するために、コントラクトネットネットワーク、またはデバイスとブロックチェーン間の仲介役として機能するオーラクルと直接インターフェースします。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
CNET
調達金額
250.6605409 BTC
最低目標
250 BTC
最高目標
1,500 BTC
初回価格
1 ETH = 1000 CNET
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of ContractNet?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームCNET
タイプCNET
参加可能通貨ETH, BTC
供給率92%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ContractNetは、IoTデータストリームの保存、共有、分析を目的として構築された、無用の新しいブロックチェーンです。 ContractNetテクノロジー会社は香港を拠点とし、香港と米国の両方に登録されています。

私たちは、IoTデータを共有するための体系化されたフレームワークと、分散型アプリケーションとスマートな契約を開発するためのプラットフォームが、より良い業種のすべての業界に利益をもたらすと考えています。 ContractNetは、これらのエキサイティングなテクノロジー、Blockchain、Internet of Things、Smart Contractsの交差点に位置しています。

IoTデバイスの所有者がデータストリームを安全かつインセンティブに共有できるIoTソリューション専用に設計され、最適化されており、アプリケーション開発者はこのデータを使用して次世代のアプリケーションおよび契約を開発します。外部デバイス(データプロバイダまたは「Oracles」と呼ばれる)は、物理ネットから時系列データをブロックチェーン内のスマートコントラクト(または分散アプリケーション)で安全です。

チーム すべてを見る

Abit Ghimire
Abit Ghimire
BLOCKCHAIN DEVELOPER
Alan Palmer
Alan Palmer
TECHNICAL ADVISER
Filip Palmer
Filip Palmer
BLOCKCHAIN EXPERT AND ICO ADVISOR
Ian Scarffe
Ian Scarffe
Advisor
Laura Zaharia
Laura Zaharia
Advisor
lanon Wee Hobg Loong
lanon Wee Hobg Loong
CEO

人気STO/ICO記事

  • bitbank(ビットバンク)のおすすめ理由を解説!セキュリティーが堅牢で銘柄が豊富なbitbankで口座を開いてみよう

    ✅ 【お得】取引すればするほどおトク!メイカー取引はマイナス手数料新しい価格を指値で頻繁に取引を行うトレーダーには最適の取引所!なんと、メイカー取引の手数料が-0.02%で取引をすればするほどおトク!※メイカー(Maker)とは、板にない価格を作ることをいいます。✅ 【安心】セキュリティーが堅牢暗号資産取引所の分析企業CERによると、ビットバンクのセキュリティー体制は日本一、物理的な方法からの盗難や内部犯行の対策として秘密鍵が一つではなく、複数に分割された「マルチシグ」で管理✅ 【便利】アプリが使いやすく、UIが洗練されている24時間休まない仮想通貨市場では必ずスマホでの対応が必要な場合が多い
  • 【仮想通貨FXに最適】GMOコインのおすすめ理由を一挙解説!

     ビットレ君は、GMOコインが提供している仮想通貨レバレッジ取引のためのスマホアプリです。当アプリでは10種類のテクニカル指標を利用することができます。 リップルやイーサリアムなどのレバレッジを効かせた取引が可能。アルトコインを空売りすることができる数少ない取引所です。 親会社であるGMOインターネットワークから金融ビジネスノウハウや情報セキュリティ対策の施策をそのまま引き継いだGMOコイン。国際基準の情報セキュリティが適用されていると思われます。
  • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

    ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており