ContractNet - ブロックチェーンの交差、IOTとスマートコントラクト

ContractNetは、より低いメモリデバイスに最適化されています。 これらの外部デバイスは、ブロックネット上のスマートコントラクトで安全にデータを交換するために、コントラクトネットネットワーク、またはデバイスとブロックチェーン間の仲介役として機能するオーラクルと直接インターフェースします。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
CNET
調達金額
231.04524905000002 BTC
最低目標
250 BTC
最高目標
1,500 BTC
初回価格
1 ETH = 1000 CNET
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of ContractNet?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームCNET
タイプCNET
参加可能通貨ETH, BTC
供給率92%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ContractNetは、IoTデータストリームの保存、共有、分析を目的として構築された、無用の新しいブロックチェーンです。 ContractNetテクノロジー会社は香港を拠点とし、香港と米国の両方に登録されています。

私たちは、IoTデータを共有するための体系化されたフレームワークと、分散型アプリケーションとスマートな契約を開発するためのプラットフォームが、より良い業種のすべての業界に利益をもたらすと考えています。 ContractNetは、これらのエキサイティングなテクノロジー、Blockchain、Internet of Things、Smart Contractsの交差点に位置しています。

IoTデバイスの所有者がデータストリームを安全かつインセンティブに共有できるIoTソリューション専用に設計され、最適化されており、アプリケーション開発者はこのデータを使用して次世代のアプリケーションおよび契約を開発します。外部デバイス(データプロバイダまたは「Oracles」と呼ばれる)は、物理ネットから時系列データをブロックチェーン内のスマートコントラクト(または分散アプリケーション)で安全です。

チーム すべてを見る

Abit Ghimire
Abit Ghimire
BLOCKCHAIN DEVELOPER
Alan Palmer
Alan Palmer
TECHNICAL ADVISER
Filip Palmer
Filip Palmer
BLOCKCHAIN EXPERT AND ICO ADVISOR
Ian Scarffe
Ian Scarffe
Advisor
Laura Zaharia
Laura Zaharia
Advisor
lanon Wee Hobg Loong
lanon Wee Hobg Loong
CEO

人気STO/ICO記事

  • 【お知らせ】コインポイン公式キャラクターにあの人が就任!

    コインポインから嬉しいお知らせです!既にコイン相場内のバナーで、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、なんと、コインポインの公式キャラクターにお金の妖精ことポインさんに就任いただく運びとなりました!暗号資産(=仮想通貨)の業界で知らない人はいない有名人、最近では雑誌やテレビでも人気者の、あのポインさんです!運営サイト:そして、今回公式キャラクターに就任いただいサービスがこちら!です。簡単にご紹介しますと、は、普段のお買い物や娯楽などのサービス利用をこのサイト経由で利用するだけで、ビットコインを貰うことができるお得なお小遣いサイトです。「始めて聞いたゾ〜」という方は、下記の記事をご
  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・