ContractNet - ブロックチェーンの交差、IOTとスマートコントラクト

ContractNetは、より低いメモリデバイスに最適化されています。 これらの外部デバイスは、ブロックネット上のスマートコントラクトで安全にデータを交換するために、コントラクトネットネットワーク、またはデバイスとブロックチェーン間の仲介役として機能するオーラクルと直接インターフェースします。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
CNET
調達金額
46.54972245 BTC
最低目標
250 BTC
最高目標
1,500 BTC
初回価格
1 ETH = 1000 CNET
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of ContractNet?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームCNET
タイプCNET
参加可能通貨ETH, BTC
供給率92%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ContractNetは、IoTデータストリームの保存、共有、分析を目的として構築された、無用の新しいブロックチェーンです。 ContractNetテクノロジー会社は香港を拠点とし、香港と米国の両方に登録されています。

私たちは、IoTデータを共有するための体系化されたフレームワークと、分散型アプリケーションとスマートな契約を開発するためのプラットフォームが、より良い業種のすべての業界に利益をもたらすと考えています。 ContractNetは、これらのエキサイティングなテクノロジー、Blockchain、Internet of Things、Smart Contractsの交差点に位置しています。

IoTデバイスの所有者がデータストリームを安全かつインセンティブに共有できるIoTソリューション専用に設計され、最適化されており、アプリケーション開発者はこのデータを使用して次世代のアプリケーションおよび契約を開発します。外部デバイス(データプロバイダまたは「Oracles」と呼ばれる)は、物理ネットから時系列データをブロックチェーン内のスマートコントラクト(または分散アプリケーション)で安全です。

チーム すべてを見る

Abit Ghimire
Abit Ghimire
BLOCKCHAIN DEVELOPER
Alan Palmer
Alan Palmer
TECHNICAL ADVISER
Filip Palmer
Filip Palmer
BLOCKCHAIN EXPERT AND ICO ADVISOR
Ian Scarffe
Ian Scarffe
Advisor
Laura Zaharia
Laura Zaharia
Advisor
lanon Wee Hobg Loong
lanon Wee Hobg Loong
CEO

人気STO/ICO記事

  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[