ContractNet - ブロックチェーンの交差、IOTとスマートコントラクト

ContractNetは、より低いメモリデバイスに最適化されています。 これらの外部デバイスは、ブロックネット上のスマートコントラクトで安全にデータを交換するために、コントラクトネットネットワーク、またはデバイスとブロックチェーン間の仲介役として機能するオーラクルと直接インターフェースします。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
CNET
調達金額
251.6719128 BTC
最低目標
250 BTC
最高目標
1,500 BTC
初回価格
1 ETH = 1000 CNET
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of ContractNet?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームCNET
タイプCNET
参加可能通貨ETH, BTC
供給率92%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ContractNetは、IoTデータストリームの保存、共有、分析を目的として構築された、無用の新しいブロックチェーンです。 ContractNetテクノロジー会社は香港を拠点とし、香港と米国の両方に登録されています。

私たちは、IoTデータを共有するための体系化されたフレームワークと、分散型アプリケーションとスマートな契約を開発するためのプラットフォームが、より良い業種のすべての業界に利益をもたらすと考えています。 ContractNetは、これらのエキサイティングなテクノロジー、Blockchain、Internet of Things、Smart Contractsの交差点に位置しています。

IoTデバイスの所有者がデータストリームを安全かつインセンティブに共有できるIoTソリューション専用に設計され、最適化されており、アプリケーション開発者はこのデータを使用して次世代のアプリケーションおよび契約を開発します。外部デバイス(データプロバイダまたは「Oracles」と呼ばれる)は、物理ネットから時系列データをブロックチェーン内のスマートコントラクト(または分散アプリケーション)で安全です。

チーム すべてを見る

Abit Ghimire
Abit Ghimire
BLOCKCHAIN DEVELOPER
Alan Palmer
Alan Palmer
TECHNICAL ADVISER
Filip Palmer
Filip Palmer
BLOCKCHAIN EXPERT AND ICO ADVISOR
Ian Scarffe
Ian Scarffe
Advisor
Laura Zaharia
Laura Zaharia
Advisor
lanon Wee Hobg Loong
lanon Wee Hobg Loong
CEO

人気STO/ICO記事

  • LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

    coindeskの報道によるとLINEは4日、ブロックチェーンプロジェクト「リンク(LINK)」の具体的なトークンエコノミーの方向を説明した新しいホワイトペーパーを公開した。ホワイトペーパーで注目すべきところはトークン発行に関する内容で、LINKトークンの発行数量は3年間最大1億枚に制限される。その後からは全体のネットワークの成長スピードに合わせてトークンが発行される予定だ。発行されたトークンはLINKチェーンネットワークに参加するdAppに配分されることになる。配分作業はLINKチェーンのトークン配分システムである「ルーカス(Lucas)」によって行われる。各dAppに配分されるトークンの数
  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調
  • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

    ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており