M2M Systems - 世界初のブロックチェーンベースのIOTコントラクトプラットフォーム

IoTを活用してアウトカム・エコノミーを勝ち取る

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
M2MS
開始日時
2021-04-01
終了日時
2021-06-30
初回価格
3450
トークン供給数
3,000,000
公式サイトへ Owner of M2M Systems?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームOTHERS
タイプOTHERS
参加可能通貨ETH, BTC, BCH TRX
供給率不明
KYCKYC
参加不可地域Iran, North Korea
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-Sale 01.04.2021-31.06.2021 - 0.50 USD

概要

M2M Systemsは、ブロックチェーンをベースにしたIoTコントラクトプラットフォームです。このプラットフォームでは、IoTデバイスが迅速かつ効果的に通信し、アイデンティティ、認証、データストレージ、マイクロペイメントを扱うことができます。M2Mシステムズは、IoTプラットフォームに必要な規模とコントラクト機能を扱えるマルチチェインをベースにした新しいブロックチェーンを開発します。M2Mシステムズが提供するIoTデバイスは、より実用的なデータを意味し、生活、ビジネス、政府を改善します。また、プライベート・ブロックチェーンとパブリック・ブロックチェーンを融合させることで、より高速なトランザクションを実現し、他のIoT製品とは一線を画しています。

チーム

Francis Howard
Francis Howard
Chief Executive Officer
Christina Girod
Christina Girod
Chief Technology Officer
Michael Groff
Michael Groff
Chief Marketing Officer
Darren Norman
Darren Norman
Chief Communications Officer

人気STO/ICO記事

  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    )条件:新規会員もれなく条件:カード利用もれなくこの機会に、をWドリしましょう!(詳細は登録ページにてご確認下さい)・ 
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗