Luckbox - Esports賭けの正しいやり方

Luckboxは、世界中のエスポーコミュニティにサービスを提供する完全ライセンスの賭博プラットフォームを作り出しています。ファンは、仮想通貨、ゲームアイテム、現金を使用して安全な環境で賭け、監視、チャットを行うことができます。 私たちのコアチームは、ギャンブルとエスパートの分野で多くの経験を積んでいます(PokerStarsなどなど)。 当社の開発チームは、製品設計において同様の知識を持っています。 Googleはすでにこのプロジェクトを信頼しており、一番上の層のプログラムにLuckboxを登録しました。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
LCK
開始日時
2018-04-04
終了日時
2018-04-11
最高目標
20,000,000 USD
トークン供給数
204,000,000
公式サイトへ Owner of Luckbox?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率34%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

私たちは、安全かつ規制された esports 賭けプラットフォームを提供し、その周りに強力なコミュニティを構築することを目指しています。要するに、我々はエスポートのマーケットリーダーになりたいと考えており、他の市場挑戦者の間でその目標を達成するための最善のチームを持っていると考えています。私たちは、革新的なオファーと投資家に興味深く先駆的な投資ソリューションを提供したいと考えています。

Luckboxのデュアルトークン構造は、貢献者に、「利益分配」トークンを保有するという選択肢とともに、会社の長期的な成功を共有する機会を提供します。エスポートからiGaming、暗号ビジネスの開発と管理まで、エスポート賭博セクターのあらゆる分野に強力なチームを持っています。私たちは、ビジネスフォーカスに関連して、世界をリードする企業で経験豊富な様々なアドバイザーを揃えています。

esportsフィールドは急速に成長していますが、事業者はプレーヤーに包括的で安全な/規制された革新的なプラットフォームを提供することができません。このように事業者からのコンプライアンスの欠如は、彼らがアプリストアにアクセスするのを防ぎ、プレイヤーに簡単な支払い方法オプションを提供することを妨げます。当社の優先事項は、規制当局の変更にかかわらず、素晴らしいプレイヤー体験を保証し、当社の事業の持続可能性を保証するために完全にライセンスされ規制されていることです。

Google トップティアのプログラムと提携しています。私たちのマネージメントチームは元PokerStarsであり、素晴らしい経験を持っています。デベロッパーチームは真剣で献身的で、誰もが私たちのウェブサイトに紹介されています。最後に、Sigwo Technologies創設者の永久的なGoogle顧問から、ブロックチェーンの専門家まで強力なアドバイザーがいます。

チーム すべてを見る

Vadim Soloveychik
Vadim Soloveychik
CMO
Alexander Ivanov
Alexander Ivanov
CTO
Dimitar Pavlov
Dimitar Pavlov
VP of Development
Fredrik Strömberg
Fredrik Strömberg
Product Manager
Ognyan Kostadinov
Ognyan Kostadinov
Developer
Constantin Angelov
Constantin Angelov
Product Designer

人気STO/ICO記事

  • 【7/17】世界ニュースまとめ - 仮想通貨投資で有名だった「青汁王子」懲役2年求刑、サモア当局、PayPal、リップルに対抗、モバイル送金アプリ「Xoom」を8月リリース予定

    世界的な送金及び決済サービス大手企業PayPalがリップルと競合するモバイル国際送金アプリXoomを8月リリースする予定だ。暗号資産メディアDecryptによると、PayPalは国際送金をより早く便利に提供するためのXoomアプリサビースを来月からヨーロッパ全域で始める。Xoomはヨーロッパ32か国の居住者が世界132か国以上の国に送金できる予定で、まずはヨーロッパからサービスが開始される。Xoomは銀行との提携を通じ、1件当たり、最大8,000パウンド(約100万円)までの送金ができ、送金手数料はヨーロッパ内=4ドル、ヨーロッパ以外=9ドルで設定されている。同メディアはXoomアプリがリリー
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・
  • ADAのチャールズ・ホスキンソン「ツイッターを一時停止する」

    エイダコイン(ADA)の発案者でブロックチェーンの研究機関IOHKのCEOで知られているチャールズ・ホスキンソンは7月16日午後13時ごろ(日本時間)「優先順位が高いものに集中するため、ツイッターをやめる」とコメントを残した。優先順位が高いものが何かについては明らかにされていない。参照元:<ins></ins><ins></ins>・・・・・・・・・