Skrilla - グローバルエスポート賭博ブランド

Skrillaは、完全に規制されたライセンスを受けたグローバルエスポート賭博ブランドです。当社のデイリーファンタジー・エスポート・プラットフォームは現在実演、ロードマップにはベット・エクスチェンジ、プール・ベッティング、ヘッド・ツー・ヘッド・スキルに基づく競技が含まれています。 プラットフォームはエリアムブロックチェーン上に構築され、Skrillaトークンを交換のコアユニットとし、ゲームコミュニティに世界最高のエスポー賭けプラットフォームを提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
SKR
最高目標
150,000 ETH
初回価格
1 ETH = 2000-2400 SKR
トークン供給数
1,000
公式サイトへ Owner of Skrilla?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Day 1 - 1 ETH = 2400 SKR
  • Day 2-7 - 1 ETH = 2200 SKR
  • Day 8-14 - 1 ETH = 2000 SKR

概要

Skrillaは、PuntaaとGAMURS Groupの2つの大手技術企業の協力プロジェクトです。Puntaaは、世界初のP2Pソーシャル・ベッティング・プラットフォームの創設者であり、GAMURSグループは国際的なエスポーツ・メディア・ネットワークの大手です。

Skrillaは革新的でスケーラブルで魅力的なエンターテインメントと賭博のプラットフォームを提供します。私たちのスキルベースのデイリーファンタジーeSports(DFS)プラットフォームは現在リリースされてお​​り、ロードマップではベットの交換、プールの賭け、ヘッドツーヘッドスキルに基づいた競技が詳細に記載されています。これにより、ゲーム業界に世界最高のエスポートP2P賭博プラットフォームを提供できるようになります。

既存の中央化賭け商品に固有の問題に対処するために、Skrilla(SKR)というトークンを作成しました。利点には以下のものがあります。

  • 信頼性と透明性の向上
  • グローバルプレイヤープールによる流動性の向上
  • 手数料の削減

すべてのメンバーの利益のためにネットワーク効果を高めるインセンティブ行動(参加、紹介、ソーシャルシェアリング) イーサリアムブロックチェーン上に構築されたERC20トークンSKRは、ネットワーク内の交換通貨になります。当初は、既存の運用DFSプラットフォーム内で従来の通貨とともに使用することができ、トークン所有者のための即時のユーティリティを保証します。今回は、Skrillaプラットフォームを、トークンを唯一の交換通貨として、競争に参加し、賭けをし、賞金を集めるために、ブロックチェーン上の分散型ライセンスP2P賭博プラットフォームに移行しています。 350万人の月間アクティブメンバーを持ち、急速に成長している幅広いGAMURS Groupエコシステムと、追加のエスパートパートナーとの間で、さらなる有用性があるかもしれません。

Skrillaは、エスポートのための爆発的な成長予測を乗り切る態勢を整えており、ゲームおよびエスポーコミュニティに最高の免許を与えられた分散型ベッティングとエンターテインメント体験をもたらすことを約束しています。 SKRトークンの販売は、私たちが情熱的なエスポーコミュニティと緊密に協力し、ネットワークとの利益を共有する機会を表しています。私たちはあなたとこの旅をすることに興奮しています!

チーム すべてを見る

NICK HEANEY
NICK HEANEY
CEO and Co-founder
DAMON OUDEJANS
DAMON OUDEJANS
COO and Co-founder
JEREMY HARE
JEREMY HARE
CTO
Ash Guy
Ash Guy
Head of User Technology
Thomas Ponting
Thomas Ponting
Software Engineer
Riad chikhani
Riad chikhani
Co-founder

人気STO/ICO記事

  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・
  • 【7/10】世界ニュースまとめ2 - 税務当局、納税者の仮想通貨関連モニタリングを強化する方針、イギリスの大手銀行がLibraのコンソーシアムに参加検討

    9日(現地時間)Cointelegraphの報道によると、米税務当局(IRS)はアップル、マイクロソフト、グーグルなどの大手IT企業を通じ、納税者の仮想通関連アプリのダウンロード履歴を把握するとともに脱税防止のためFacebook,TwitterなどのSNSプラットフォームの投稿に対する調査を強化する予定だ。公認会計士で「Crypto Tax Girl」として知られている暗号資産税金専門家Laura Walter氏はツイッターを通じ、米税務当局のプレゼンテーション資料を公開し、該当資料が米税務当局の犯罪調査局の職人たちを対象にした発表で使用されたと主張した。入手された資料によると、米税務当局は