eSports - エスポートの家

世界で最大のeSportsポータルを作り出しています。ゲーマーの友人やファンにとって意味のあるこの高品質な体験は、一緒に素晴らしいコンテンツを作成、管理、共有、楽しんだり、イベントに参加して貢献したりすることができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ERT
開始日時
2017-11-01
終了日時
2017-12-01
最低目標
2,000,000 EUR
最高目標
20,000,000 EUR
初回価格
0.83 - 1.04 EUR
トークン供給数
24,000,000
公式サイトへ Owner of eSports?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨BTC, ETH, FIAT
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Presale - 1 ERT = 0.78 EUR
  • 1st week + 5mn - 1 ERT = 0.83 EUR
  • 1st week - 1 ERT = 0.93 EUR
  • Full price (end of ICO) - 1 ERT = 0.78 EUR

概要

すべてのユーザーは、ガイドを作成したり、ビデオを制作したりして、それらの分野のコンテンツを作成することに参加できます。彼らはまた、報酬トークン(ERT)でこれを支払うこともできます。これは、初期ICOによって、プレアールに向けてすぐに提供されます。

私たちは、私たちのビジョンを共有し、eSportsコミュニティを信じている誰もが今日私たちの一員になるようにしています。

しかし、私たちは地域社会の財政的貢献がなければそれをすることはできません。

コンテンツのすべての貢献について、メンバーは相互作用に基づいて支払われます。例えば、 'X'の好きな人は 'X' ERTを得ます。ビューはERTも獲得し、フォロワーは自分が望むだけ寄付することができます。

そのような大きなコミュニティを作り出しているので、ユーザーが自分のお金やERTをサイトに費やすためのオプションも作りたいと考えています。

お気に入りのeSportsチームの商品だけでなく、ハードウェア、椅子、コーチングレッスン、またはあなたのお気に入りのチームに賭けるためのショップがあります。参加したいオファーと好きでないオファーを決定します。また、当日のERTの現行価値で、いくつかの取引所または当サイトを通じ、ERT to FIAT(すなわち伝統的な通貨)を現金化することもできます。私たちはマルタにあります。法律は非常に漸進的であり、近い将来、仮想通貨(ERT)プラットフォームでの賭けを受け入れる可能性の高い法的制度があります。マルタギャンブル当局は、このオプションについて議論しています。これにより、仮想通貨を使用してあなたの好きなチームに賭けることができます。

ユーザーのケア方法に関するいくつかの事実を理解することが重要です。

  • 私たちは、弊社のサイトで未成年者の賭博を防止し、eSportsに付随する若い年齢層を非常に認識しています。あまりにも若いギャンブルは、サイトや他のすべてのオプションを引き続き使用できますが、ギャンブルは表示されません。
  • 私たちはプレーヤーの資金を保護し、賭博問題のあるユーザーを保護します。

このすべてには、ギャンブルライセンスに付随する義務と責任があります。

上に概説したすべてのことを考えれば、私たちのプラットフォームは大きな成功を収めていると信じています。そのため、私たちの利益の1%は、公式のスポーツとしてのeSportsの認識という、最も重要な目標に入ります。

チーム すべてを見る

BENJAMIN FÖCKERSPERGER
BENJAMIN FÖCKERSPERGER
CHIEF ESPORTS OFFICER & CO-FOUNDER
PHILIPP GEPPERT
PHILIPP GEPPERT
CHIEF EXECUTIVE OFFICER & CO-FOUNDER
ROBIN LAWSON
ROBIN LAWSON
CHIEF OPERATIONS OFFICER
MICHAEL BRODA
MICHAEL BRODA
CHIEF FINANCIAL OFFICER
IVAN NIKOLAEV
IVAN NIKOLAEV
HEAD OF ESPORTS TRADING
HRISTO TRAKTORSKI
HRISTO TRAKTORSKI
PRODUCT OWNER

人気STO/ICO記事

  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、
  • 人民元、11年ぶりに1ドル=7元台へ・・ビットコイン急騰に関係か

    ビットコインの相場は8月4日の午後23時30分頃より上昇し始め、8月5日午後12時頃、3週間ぶりの高値を更新した。ビットコインの急騰の理由と考えられるのは中国の通貨である、人民元が5日、1ドル=7元台に下落したことが大きな理由として考えられる。人民元の急落により、資産の退避先としてビットコインや金を買う投資家が急増し、相場に影響を与えていると見られてる。人民元急落の背景としては、トランプ米大統領が中国に対し新たな追加関税を来月から発動する方針を示したことから、中国政府が元安誘導を容認していると予測される。※米輸入品ほぼ全てに制裁関税を広げる「第4弾」を9月に発動する方針を表明している。<ins
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他