ledgerium - すべてのトランザクション。 どこにでも。 毎回。

Ledgerium Blockchainは、検証可能な永続的な方法で当事者間の金融取引を効率的に記録できる分散デジタル台帳です。 これにより、参加者はトランザクションを即座に低コストで検証および監査できます。 Ledgerium Blockchainの背後にある企業Block Ledgerは、Lucer +という名前の電子請求および財務会計調整製品を市場に導入し、Ledgerium Blockchainを活用して監査証跡と透明性を維持します。 Ledgerium Blockchainは、Ethereum / Quorumベースの分散デジタル台帳であり、当事者間のパブリックおよびプライベートトランザクションを検証可能かつ永続的な方法で効率的に記録します。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
XLG
開始日時
2019-11-04
終了日時
2019-11-20
トークン供給数
167,000,000
公式サイトへ Owner of ledgerium?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率6,5 %
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Ledgeriumは、コンソーシアムのメンバーが他のメンバーに投票し、プロトコルレベルのガバナンスに基づいて全員を投票できるコンソーシアムベースのネットワークを作成することを目指しています。このプロジェクトの目的は、ブロックを生成する人々の手により大きな分散化と自律的なガバナンスを提供することです。このプロジェクトは、常に現在のイーサリアム開発に可能な限り近い状態を維持すると同時に、代替プロトコルを使用するネットワークを提供することを目指します。

他のほとんどのプロジェクトは、分散化のコストでスループットの向上を目指していますが、Ledgeriumは企業レベルのコンソーシアムチェーンが必要であると考えており、その市場に対応することを目指しています。エンタープライズ市場には、エンタープライズレベルのサポート、ツール、コミュニティなど、独自の要件があります。親会社The Block Ledgerおよび監査、財務、技術から来たチームの下で技術を利用するために利用可能な製品とサービスを既に持っているユニークな位置にいるので、現在の金融システムでこれを世界的な元帳として大規模に使用するのを助けることができると思います。

エンタープライズブロックプロデューサーを取り込む予定ですが、完全に分散型と呼ぶことをためらいます。ブロックを生成するアクターが知られている場合、それらを強制することができ、本質的に結果として生じるブロックチェーンは分散化に苦しむことになります。現状では、Ledgeriumは、ブロックプロデューサーに依存している現在の多くのプロジェクトと同等またはそれ以上に分散化されます。

チーム すべてを見る

Ivan Cheah
Ivan Cheah
Co-founder & CEO
Ray Wang
Ray Wang
Founder/CFO
Kellson Ma
Kellson Ma
Co-founder/CIO
Adam Wang
Adam Wang
Founder
Rahul Golash
Rahul Golash
VP/Emerging Technologies
Santhosh Kumar
Santhosh Kumar
Engineering Lead & Architect

人気STO/ICO記事

  • 韓国、最大取引所「UPbit」でETH建てペアなくなる・・流動性の低さが原因

    韓国、最大仮想通貨取引所「UPbit」が今月の25日午前11時からETH建てペアを終了させると発表した。Upbitが今回、ETH建てペアを終了させる主な理由は流動性の低さにある。つまり、流動性の低さによる相場変動のリスクが原因だ。(現在、UpbitのETH建てペアは合わせて37種類)この発表と同時に、サービス改善のためにBTC・USDT建てペアも一時中止し、再開することを明らかにした。BTC・USDT建てペアは予約注文、成り行き注文、簡易注文など様々な方法で取引を提供するための一時中止にある。BTC・USDT建てペアの取引再開の日付はまだ、決まっていないが「数日の時間が必要と予想される」とアナ
  • 韓国、地上波でプラストークン報道・・全国で200名が訴え、韓国警察も本格的な捜査に乗り出す

    16日、韓国の地上波放送局MBC(jeonju地方)で仮想通貨を利用した詐欺に関する被害が紹介された。放送内容には、日本でも多くの被害者を生みだした「プラストークン」が重点的に取り上げられた。韓国でプラストークンはサムスンテクノロジーが開発したと広報していたが、MBCがサムスン側に直接連絡した結果、これは嘘というのが判明した。また、今年の始めに韓国で開かれたブロックチェーン関連のフォーラムで韓国の地方知事(Ganwon地方)とプラストークンの代表(レオ氏)がミーティングを行ったと主張していたが、これも誇大広告だったということが分かった。Ganwon地方の関係者によると、公式的に呼んでいないし悪
  • ロシア規制当局、Cointelegraphへのアクセスをブロックか

    仮想通貨メディアCointelegraphの報道によると、ロシア通信規制当局(Roskomnadzor)は16日、ロシアの広い地域でCointelegraphにアクセスできないようにブロックした。Cointelegraphは2017年から、ブラックリストに入っていたが、技術的なブロック措置になったのは今回が初めてだ。ロシアで反検閲目的のブラウザーを開発する専門家はなぜ、最近になってcointelegraphがターゲットになったのか理由ははっきりと分からないと述べた。2015年、ロシアの通信規制当局はbitcoin.orgを含む7つの仮想通貨関連サイトをブロックしている。※でより多くの情報が受