ledgerium - すべてのトランザクション。 どこにでも。 毎回。

Ledgerium Blockchainは、検証可能な永続的な方法で当事者間の金融取引を効率的に記録できる分散デジタル台帳です。 これにより、参加者はトランザクションを即座に低コストで検証および監査できます。 Ledgerium Blockchainの背後にある企業Block Ledgerは、Lucer +という名前の電子請求および財務会計調整製品を市場に導入し、Ledgerium Blockchainを活用して監査証跡と透明性を維持します。 Ledgerium Blockchainは、Ethereum / Quorumベースの分散デジタル台帳であり、当事者間のパブリックおよびプライベートトランザクションを検証可能かつ永続的な方法で効率的に記録します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
XLG
開始日時
2019-11-04
終了日時
2019-11-20
トークン供給数
167,000,000
公式サイトへ Owner of ledgerium?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率6,5 %
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Ledgeriumは、コンソーシアムのメンバーが他のメンバーに投票し、プロトコルレベルのガバナンスに基づいて全員を投票できるコンソーシアムベースのネットワークを作成することを目指しています。このプロジェクトの目的は、ブロックを生成する人々の手により大きな分散化と自律的なガバナンスを提供することです。このプロジェクトは、常に現在のイーサリアム開発に可能な限り近い状態を維持すると同時に、代替プロトコルを使用するネットワークを提供することを目指します。

他のほとんどのプロジェクトは、分散化のコストでスループットの向上を目指していますが、Ledgeriumは企業レベルのコンソーシアムチェーンが必要であると考えており、その市場に対応することを目指しています。エンタープライズ市場には、エンタープライズレベルのサポート、ツール、コミュニティなど、独自の要件があります。親会社The Block Ledgerおよび監査、財務、技術から来たチームの下で技術を利用するために利用可能な製品とサービスを既に持っているユニークな位置にいるので、現在の金融システムでこれを世界的な元帳として大規模に使用するのを助けることができると思います。

エンタープライズブロックプロデューサーを取り込む予定ですが、完全に分散型と呼ぶことをためらいます。ブロックを生成するアクターが知られている場合、それらを強制することができ、本質的に結果として生じるブロックチェーンは分散化に苦しむことになります。現状では、Ledgeriumは、ブロックプロデューサーに依存している現在の多くのプロジェクトと同等またはそれ以上に分散化されます。

チーム すべてを見る

Ivan Cheah
Ivan Cheah
Co-founder & CEO
Ray Wang
Ray Wang
Founder/CFO
Kellson Ma
Kellson Ma
Co-founder/CIO
Adam Wang
Adam Wang
Founder
Rahul Golash
Rahul Golash
VP/Emerging Technologies
Santhosh Kumar
Santhosh Kumar
Engineering Lead & Architect

人気STO/ICO記事

  • 韓国大手取引所Upbitハッキング疑惑・・KISAが調査中

    韓国、最大級大手取引所Upbit(アップビット)で600億ウォン相当の大金が出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。Upbit(アップビット)は「サーバー点検による、仮想通貨入出金の一時中止」をアナウンスしている。27日、韓国の業界の情報筋よると午後2時16分Upbit(アップビット)のウォレットで約600億ウォンに達する仮想通貨が匿名の口座に出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。まず出金された仮想通貨はETH(イーサリアム)で560億ウォンが出金された後、1次点検がアナウンスされた。その後、ビットトレントトークン(BTT)40億ウォンが出金され2次点検がアナウンスされている。<in
  • 名古屋グランパス×スタートアップピッチでシンクロライフが優勝

    暗号通貨を使ったレストランレビューSNS・シンクロライフが、2019年12月に開催された中部ニュービジネス協議会と名古屋商工会議所が主催する「2019 名古屋グランパス×スタートアップピッチ」にて優勝した。コンテストでは、全国から9社が参加した中で、GINKANは自社が持つ「食べて暗号通貨が貯まるグルメSNSシンクロライフ」を活用したアイディアを発表。内容は、チームを応援するグランパスサポーター飲食加盟店を愛知県のスタジアム中心で形成し、シンクロライフの通常の暗号通貨還元に加え、勝利や優勝と連動して還元率や特典が大きくなる仕組み作るというもの。さらに、貯まった暗号通貨(シンクロコイン)でグ
  • Coincheck(コインチェック)レバレッジ取引サービス終了へ

    マネックスグループの子会社である仮想通貨取引所「コインチェック」が本日の13時に公式ホームページをを通じ、2020年3月13日(金)12:00を持って、レバレッジ取引のサービスを終了すると発表した。レバレッジ取引でポジションを持っているユーザーは期日までにレバレッジアカウントにおける日本円残高を取引アカウントへお振替えしておく必要がある。取引終了日:2020年3月13日(金)12:00取引アカウントへの残高振替期限:2020年3月末現在、レバレッジ取引の新規注文を停止しております。レバレッジ取引の取引履歴については、引き続き閲覧可能です。予定は予告なく変更となる場合がございます。取引終了日(予