Agora - 21世紀の投票システム

Agoraはブロックチェーンベースの投票エコシステムで、誰でもどこからでも完全に安全で簡単かつ確実な方法でデジタルデバイスからオンラインで投票できます。 当社のエンドツーエンドの検証可能な投票テクノロジは、カスタムブロックチェーンで不変かつ一般に公開されている選挙の記録を作成することにより、不正や不正行為を根絶します。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
VOTE
最低目標
1,250,000 USD
最高目標
20,000,000 USD
初回価格
0.0510 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Agora?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

2015年に設立されたAgoraは、政府および機関向けにエンドツーエンドの検証可能な投票ソリューションを開発したスイスを拠点とする投票技術会社です。今日の投票システムは遅く、費用がかかり、自由で公正な選挙を妨げる可能性がある多くの脆弱性にさらされています。私たちの熟練した暗号技術者とセキュリティ科学者のチームは、ブロックチェーンベースのソリューションを構築して、私たちのパートナーに、投票者を引き付けるための、安全で費用対効果の高い最新の方法を提供します。Agoraのネットワークによる選挙は、投票プロセス全体を通して改ざん防止されており、有権者、第三者監査人および一般の人々に対して完全な透明性を提供します。

私たちのチームは公正で透明な選挙を世界中に広めることに情熱を注いでおり、Agoraは世界の人権に大きな価値をもたらす可能性があると考えています。Agoraは、スイス連邦工科大学ローザンヌ(EPFL)の分散型システムラボ(DEDIS)のディレクターを務めたエンジニアと研究者のチーム、および熟練した起業家のレオナルドガンマーの共同作業から生まれました。

私たちの暗号技術者チームはすでにいくつかの大規模なブロックチェーンプロジェクトを実装しており、選挙システムのためのデジタルソリューションを提供する上で長年の経験を持っています。特に関連性があるのは、Agoraを始める前に、私たちのチームが以前にスイスポストとジュネーブ州のためにいくつかの集中電子投票フレームワークを開発したのです。

Agoraは、ミッションクリティカルな選挙のパフォーマンスニーズを満たすように設計された最初のブロックチェーン投票ソリューションとして際立っています。このホワイトペーパーでは、当社のチームが開発した3つの技術革新、Skipchain、Cotena、Valedaを紹介します。 Skipchainは、高スループットと効率的なトランザクション検証を備えた合意メカニズムを提供します。 Cotenaは、暗号のスキップチェーンプルーフをビットコインブロックチェーンに保存する方法を提供します。最後に、ValedaはSkipchainとCotenaのデータを検証する暗号証明を実行します。私たちのアーキテクチャは、高いレベルのセキュリティでエンドツーエンドの検証可能性を提供します。

基本的に、私達の会社と技術は現代の有権者の進化するニーズを満たすために努力しています。有権者は選挙の透明性を高めるだけでなく、より便利な参加方法も求めます。長期的には、選挙手続きの安全性と透明性を保証しながら、権限のある有権者が自分のデジタルデバイスを介して選挙に参加できるようにします。

チーム すべてを見る

Leonardo Gammar
Leonardo Gammar
CEO
Boris Kaplounovski
Boris Kaplounovski
CTO
Khadija Masri
Khadija Masri
CSO & Head Of Business Development North Africa
Igor Novogran
Igor Novogran
Head of Back-End Team
Elodie Blomet
Elodie Blomet
Head of Communications & Marketing
Jared Polites
Jared Polites
PR

人気STO/ICO記事

  • 政府の規制に打ち勝つには?分散型国家を造ろう!

    ブロックチェーン技術は、世界中で多くの人々によって政府認可の中央集権に対する著しい打撃と見られています。ですが、私たちの現在の生活の変える無限の潜在力を持つ故に、政府はそれを脅威と認識しています。各国政府は、仮想通貨を従来の貨幣制度への挑戦と見ているのです。仲介業者を排除することができる仮想通貨は、政府の権力を揺るがしかねない存在となりえます。代表的な例が、インドです。インドの中央銀行であるインド準備銀行は、仮想通貨につながる全ての口座へのするよう全銀行に指示しました。これにより、多数のプロジェクトおよび仮想通貨交換所が閉鎖に至りました。中国は資金調達手段としてのし、また仮想通貨の厳しい規
  • ノアシティ-分権国家の夢の実現

    新たな分散型経済を支持する人にとっての究極の夢は、ブロックチェーン技術の基本原則にのっとって運営される国家に居住することです。すなわち、民主主義、権力分配と分権、コンセンサスによる意思決定、デジタル自治といった原則です。この夢はノアシティによって現実になろうとしています。ノアプロジェクトは長期にわたって暗号資産市場に存在し続けています。最近、ノアプロジェクトはと提携して、ノアがその構築を目指すエコシステム全体をホストするための新ブロックチェーンの開発を進めています。Platinum Q DAOエンジニアリングが関わる別のプロジェクトが、です。これは分散型ネットワーク上で運営され、その分散型
  • 韓国UPbitハッキング被害発表・・被害額53億円相当(ETH342,000枚)

    韓国、最大級大手取引所UPbit(アップビット)は580億ウォン相当ののETH(イーサリアム)342,000枚の不正出金が発生したことを27日18時ごろ発表した。出金先のウォレットのアドレスは0xa09871AEadF4994Ca12f5c0b6056BBd1d343c029でUPbitが分からないウォレットであると説明している。仮想通貨の出金が一時停止されたのは27日の午後2時16分頃だった。<ins></ins>UPbitを運営しているDunamuの体表理事イ・ソクウです。まず、UPbitを利用しているユーザーの皆様にご心配をおかけし、大変申し訳ございません。2019年 11月 27日 午