DigiByte - より安全で高速な前向きに考えるブロックチェーン技術

DigiByteは急速に成長し、分散化が進んでいるブロックチェインです。 DigiBytesは、破壊、偽造、またはハッキングすることのできないデジタル資産であり、通貨、情報、財産または重要なデジタルデータなどの価値のあるオブジェクトを保護するのに理想的です。DigiBytesはDigiByteブロックチェーンを介して送信され、地球上の何千台コンピュータで分散されている不変の公共の元帳に永久に記録されます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
DGB
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of DigiByte?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

DigiByteはサイバーセキュリティや分散型アプリケーションに特化した急成長中のブロックチェーンです。4年間かけて開発された世界で最も高速で、運用期間が長く、分散化された未使用のブロックチェーンであることが特長です。

特徴

安全性

DigiByteのブロックチェーンは世界中の20万を超えるサーバー、コンピューター、携帯電話、ノードに拡散しており、5つの安全で最先端の暗号化マイニングアルゴリズムを採用しています。独自技術のDigiShieldとMultiShieldにより今日のブロックチェーン技術の中では最高水準の安定性を有しています。

高速性

Segregated Witnessにより取引速度が速く、クロスチェーン取引や相対取引が可能なため安全性も損なうことがありません。DigiByteの高速性は業界の中でも牽引的な存在であり、今後の開発でも重きを置いています。

先進性

サイバーセキュリティを担保しておりIoT端末も安全に使うことができます。AI技術も開発しており今後の自動化やデータ解析への活用も目指しています。このように安全に先端技術を装備することでDigiByteは信用を得ており、公共機関や企業、銀行等にも評価されています。

コミュニティ

DigiByteコミュニティは最も規模が大きくアクティブな分散型コミュニティの一つとして、日々新しいユーザーを獲得しています。

DigiByteがより安全なのはなぜ?

グローバル分散化

DigiByteブロックチェーンは、世界中で20万以上のサーバー、コンピューター、電話、そしてノードに分散しています。

5つのマイニングアルゴリズム

DigiByteは、単一のアルゴリズムブロックチェーンと比較して、マイニングの集中化を防ぐために、5つの安全で高度な暗号化マイニングアルゴリズムを使用しています。

高度な難易度安定性

適応困難は、いくつかの形態の悪意ある攻撃からブロックチェーンを守ります。 DigiShieldとMultiShieldを作成して実装することで、DigiByteは今日の世界のどのブロックチェーンでも最も高度な難易度安定性を持ちます。

DigiByteが高速の理由

15秒ブロック

DigiByteは、15秒のブロックタイミングで、今日の世界のあらゆるパブリックUTXOブロックチェーンの中で最も速いブロックスピードを持っています。

早期SegWitの実装

分離された証人は、クロスチェーン取引や単一の確認取引など、DigiByteブロックチェーン上でいくつかの革新を起こすことができます。

ブロックチェーンの剛性

他のブロックチェーン上の他のトランザクションとは異なり、DigiByteトランザクションは、速度、効率、およびスループットを向上させるためにサイズと範囲が制限されています。 最も重要なことには、セキュリティを維持します。

DigiByteを前向きに考えさせる理由は何ですか?

サイバーセキュリティ

アプリケーションにDigiByte Blockchain技術を利用され、適用されることで、今日インターネットに影響を及ぼしている最も一般的な脆弱性の90%を修正することができます。

IOTデバイス

DigiByteの将来は、堅牢な通信を必要とするIOTデバイスおよびサービスにDigiByteセキュリティを適用することに焦点を当てています。

人工知能

DigiByte Blockchainテクノロジの進歩と人工知能を組み合わせることで、自動化とデータ分析の新しい革新を模索しています。

3つのDigiByteブロックチェーン層

1.アプリケーション層

これは、ほとんどの人が日常的なアプリケーションで利用するDGBの最上層です。

2.デジタル資産/公共元帳層(セキュリティを考える)

デジタル資産層は、プラットフォーム全体のセキュリティを向上させるものです。

3.コア通信プロトコル/グローバルネットワーク層

すべてのインフラストラクチャをサポートするDigiByteの最下層です。

ロードマップ

1)DigiStatsインタラクティブ/ヒストリカルブロックチェーン統計ウェブサイト

2)AndroidおよびiOSアプリケーション用のアドレス帳

3)スケジュールされた&繰り返しモバイル決済

4)メモブロードキャスト、OP_RETURNを利用で、ブロックチェーンへのロギングをサポート

5)支払い処理ソリューションへのDigiByteのさらなる統合

6)いくつかの取引所でより多い法定通貨とUSDTの組み合わせ

7)DigiByteブロックチェーン上にICOや他のDAppをローンチするためのDigiAssets

8)ネイティブTrezorサポート

9)DigiByte Core Wallet v6.17

10)Digimanブラウザアプリ

11)DigiMessengerアプリ

12)Emma、Digibyte人工知能アシスタント

13)スケーラビリティの向上

14)スピード向上

15)Algoスワップ

16)人工ブロックインテリジェンス

17)dAppは、CyberSecurity、AI、およびIOTに重点を置いて、DigiByteブロックチェーンの最上層に構築されます。

ニュース

2018年9月16日、DigiByteがアフリカブロックチェーンアライアンスに加盟

2018年11月8日、DigiByteがXEEDAモバイルハードウェアウォレットと統合

2018年11月30日、Open AntumID(サポートサービスを含むDigibyte Digi-IDテクノロジをベースにしたオープンソースプロジェクト)をリリース

2019年1月10日、仮想通貨取引所CoinFieldに上場

2019年5月5日、BLOCK 30 FinancialがExchange Traded Index(ETX)商品の米国公開を発表

人気STO/ICO記事

  • 名古屋グランパス×スタートアップピッチでシンクロライフが優勝

    暗号通貨を使ったレストランレビューSNS・シンクロライフが、2019年12月に開催された中部ニュービジネス協議会と名古屋商工会議所が主催する「2019 名古屋グランパス×スタートアップピッチ」にて優勝した。コンテストでは、全国から9社が参加した中で、GINKANは自社が持つ「食べて暗号通貨が貯まるグルメSNSシンクロライフ」を活用したアイディアを発表。内容は、チームを応援するグランパスサポーター飲食加盟店を愛知県のスタジアム中心で形成し、シンクロライフの通常の暗号通貨還元に加え、勝利や優勝と連動して還元率や特典が大きくなる仕組み作るというもの。さらに、貯まった暗号通貨(シンクロコイン)でグ
  • Coincheck(コインチェック)レバレッジ取引サービス終了へ

    マネックスグループの子会社である仮想通貨取引所「コインチェック」が本日の13時に公式ホームページをを通じ、2020年3月13日(金)12:00を持って、レバレッジ取引のサービスを終了すると発表した。レバレッジ取引でポジションを持っているユーザーは期日までにレバレッジアカウントにおける日本円残高を取引アカウントへお振替えしておく必要がある。取引終了日:2020年3月13日(金)12:00取引アカウントへの残高振替期限:2020年3月末現在、レバレッジ取引の新規注文を停止しております。レバレッジ取引の取引履歴については、引き続き閲覧可能です。予定は予告なく変更となる場合がございます。取引終了日(予
  • ふるさと納税でビットコインを無料でゲットしよう!

    ビットコインが欲しいけど、相場変動が激しく絶対に溶かしてしまう気がするから買うのはやめよう!という方に朗報です。Coinpoinを通じ、ふるさと納税を行うと商品を買うことでビットコインが無料で手に入ります!ふるさと納税とは、応援したい自治体に寄附(商品の購入)をすることで、所得税や住民税の還付・控除が受けられる制度のことです。多くの自治体では地域経済活性化のために、色々な商品を用意しています!ふるさと納税に関するより詳しい情報・寄附可能額を調べるには以下の順番でお進みください。「でビットコインを貯める」→「詳細内容確認」→「商品購入」この順番でアクセスし、商品を購入することで記録(ログ)が残