DigiByte - より安全で高速な前向きに考えるブロックチェーン技術

DigiByteは急速に成長し、分散化が進んでいるブロックチェインです。 DigiBytesは、破壊、偽造、またはハッキングすることのできないデジタル資産であり、通貨、情報、財産または重要なデジタルデータなどの価値のあるオブジェクトを保護するのに理想的です。DigiBytesはDigiByteブロックチェーンを介して送信され、地球上の何千台コンピュータで分散されている不変の公共の元帳に永久に記録されます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
DGB
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of DigiByte?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

DigiByteはサイバーセキュリティや分散型アプリケーションに特化した急成長中のブロックチェーンです。4年間かけて開発された世界で最も高速で、運用期間が長く、分散化された未使用のブロックチェーンであることが特長です。

特徴

安全性

DigiByteのブロックチェーンは世界中の20万を超えるサーバー、コンピューター、携帯電話、ノードに拡散しており、5つの安全で最先端の暗号化マイニングアルゴリズムを採用しています。独自技術のDigiShieldとMultiShieldにより今日のブロックチェーン技術の中では最高水準の安定性を有しています。

高速性

Segregated Witnessにより取引速度が速く、クロスチェーン取引や相対取引が可能なため安全性も損なうことがありません。DigiByteの高速性は業界の中でも牽引的な存在であり、今後の開発でも重きを置いています。

先進性

サイバーセキュリティを担保しておりIoT端末も安全に使うことができます。AI技術も開発しており今後の自動化やデータ解析への活用も目指しています。このように安全に先端技術を装備することでDigiByteは信用を得ており、公共機関や企業、銀行等にも評価されています。

コミュニティ

DigiByteコミュニティは最も規模が大きくアクティブな分散型コミュニティの一つとして、日々新しいユーザーを獲得しています。

DigiByteがより安全なのはなぜ?

グローバル分散化

DigiByteブロックチェーンは、世界中で20万以上のサーバー、コンピューター、電話、そしてノードに分散しています。

5つのマイニングアルゴリズム

DigiByteは、単一のアルゴリズムブロックチェーンと比較して、マイニングの集中化を防ぐために、5つの安全で高度な暗号化マイニングアルゴリズムを使用しています。

高度な難易度安定性

適応困難は、いくつかの形態の悪意ある攻撃からブロックチェーンを守ります。 DigiShieldとMultiShieldを作成して実装することで、DigiByteは今日の世界のどのブロックチェーンでも最も高度な難易度安定性を持ちます。

DigiByteが高速の理由

15秒ブロック

DigiByteは、15秒のブロックタイミングで、今日の世界のあらゆるパブリックUTXOブロックチェーンの中で最も速いブロックスピードを持っています。

早期SegWitの実装

分離された証人は、クロスチェーン取引や単一の確認取引など、DigiByteブロックチェーン上でいくつかの革新を起こすことができます。

ブロックチェーンの剛性

他のブロックチェーン上の他のトランザクションとは異なり、DigiByteトランザクションは、速度、効率、およびスループットを向上させるためにサイズと範囲が制限されています。 最も重要なことには、セキュリティを維持します。

DigiByteを前向きに考えさせる理由は何ですか?

サイバーセキュリティ

アプリケーションにDigiByte Blockchain技術を利用され、適用されることで、今日インターネットに影響を及ぼしている最も一般的な脆弱性の90%を修正することができます。

IOTデバイス

DigiByteの将来は、堅牢な通信を必要とするIOTデバイスおよびサービスにDigiByteセキュリティを適用することに焦点を当てています。

人工知能

DigiByte Blockchainテクノロジの進歩と人工知能を組み合わせることで、自動化とデータ分析の新しい革新を模索しています。

3つのDigiByteブロックチェーン層

1.アプリケーション層

これは、ほとんどの人が日常的なアプリケーションで利用するDGBの最上層です。

2.デジタル資産/公共元帳層(セキュリティを考える)

デジタル資産層は、プラットフォーム全体のセキュリティを向上させるものです。

3.コア通信プロトコル/グローバルネットワーク層

すべてのインフラストラクチャをサポートするDigiByteの最下層です。

ロードマップ

1)DigiStatsインタラクティブ/ヒストリカルブロックチェーン統計ウェブサイト

2)AndroidおよびiOSアプリケーション用のアドレス帳

3)スケジュールされた&繰り返しモバイル決済

4)メモブロードキャスト、OP_RETURNを利用で、ブロックチェーンへのロギングをサポート

5)支払い処理ソリューションへのDigiByteのさらなる統合

6)いくつかの取引所でより多い法定通貨とUSDTの組み合わせ

7)DigiByteブロックチェーン上にICOや他のDAppをローンチするためのDigiAssets

8)ネイティブTrezorサポート

9)DigiByte Core Wallet v6.17

10)Digimanブラウザアプリ

11)DigiMessengerアプリ

12)Emma、Digibyte人工知能アシスタント

13)スケーラビリティの向上

14)スピード向上

15)Algoスワップ

16)人工ブロックインテリジェンス

17)dAppは、CyberSecurity、AI、およびIOTに重点を置いて、DigiByteブロックチェーンの最上層に構築されます。

ニュース

2018年9月16日、DigiByteがアフリカブロックチェーンアライアンスに加盟

2018年11月8日、DigiByteがXEEDAモバイルハードウェアウォレットと統合

2018年11月30日、Open AntumID(サポートサービスを含むDigibyte Digi-IDテクノロジをベースにしたオープンソースプロジェクト)をリリース

2019年1月10日、仮想通貨取引所CoinFieldに上場

2019年5月5日、BLOCK 30 FinancialがExchange Traded Index(ETX)商品の米国公開を発表

人気STO/ICO記事

  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常