ledgerium - すべてのトランザクション。 どこにでも。 毎回。

Ledgerium Blockchainは、検証可能な永続的な方法で当事者間の金融取引を効率的に記録できる分散デジタル台帳です。 これにより、参加者はトランザクションを即座に低コストで検証および監査できます。 Ledgerium Blockchainの背後にある企業Block Ledgerは、Lucer +という名前の電子請求および財務会計調整製品を市場に導入し、Ledgerium Blockchainを活用して監査証跡と透明性を維持します。 Ledgerium Blockchainは、Ethereum / Quorumベースの分散デジタル台帳であり、当事者間のパブリックおよびプライベートトランザクションを検証可能かつ永続的な方法で効率的に記録します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
XLG
開始日時
2019-11-04
終了日時
2019-11-20
トークン供給数
167,000,000
公式サイトへ Owner of ledgerium?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率6,5 %
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Ledgeriumは、コンソーシアムのメンバーが他のメンバーに投票し、プロトコルレベルのガバナンスに基づいて全員を投票できるコンソーシアムベースのネットワークを作成することを目指しています。このプロジェクトの目的は、ブロックを生成する人々の手により大きな分散化と自律的なガバナンスを提供することです。このプロジェクトは、常に現在のイーサリアム開発に可能な限り近い状態を維持すると同時に、代替プロトコルを使用するネットワークを提供することを目指します。

他のほとんどのプロジェクトは、分散化のコストでスループットの向上を目指していますが、Ledgeriumは企業レベルのコンソーシアムチェーンが必要であると考えており、その市場に対応することを目指しています。エンタープライズ市場には、エンタープライズレベルのサポート、ツール、コミュニティなど、独自の要件があります。親会社The Block Ledgerおよび監査、財務、技術から来たチームの下で技術を利用するために利用可能な製品とサービスを既に持っているユニークな位置にいるので、現在の金融システムでこれを世界的な元帳として大規模に使用するのを助けることができると思います。

エンタープライズブロックプロデューサーを取り込む予定ですが、完全に分散型と呼ぶことをためらいます。ブロックを生成するアクターが知られている場合、それらを強制することができ、本質的に結果として生じるブロックチェーンは分散化に苦しむことになります。現状では、Ledgeriumは、ブロックプロデューサーに依存している現在の多くのプロジェクトと同等またはそれ以上に分散化されます。

チーム すべてを見る

Ivan Cheah
Ivan Cheah
Co-founder & CEO
Ray Wang
Ray Wang
Founder/CFO
Kellson Ma
Kellson Ma
Co-founder/CIO
Adam Wang
Adam Wang
Founder
Rahul Golash
Rahul Golash
VP/Emerging Technologies
Santhosh Kumar
Santhosh Kumar
Engineering Lead & Architect

人気STO/ICO記事

  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    )条件:新規会員もれなく条件:カード利用もれなくこの機会に、をWドリしましょう!(詳細は登録ページにてご確認下さい)・ 
  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[