マスターノードをベースにしたKODコインは、匿名の高速転送を特徴とし、韓国の最初のマスターノードサポートコインです。コインの目標は、世界中のオフライン通貨取引所と協力して現地通貨と交換することです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
KOD
開始日時
2018-06-29
終了日時
2018-06-29
最低目標
31,483,332 kod
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of KOD COIN?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームOTHERS
タイプOTHERS
参加可能通貨BTC, ETH, USD
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

KODは、PivxやDashのようなマスターノードベースのコインです(ただし、少なくとも韓国で初めて開発されました)。

KODは、イーサリアムベースのトークンではなく、ビットコインなどの正式なコインです。

また、ビットコインとは異なり、KODはPOS(通常)+ POW(最初の200KOD)であるハイブリッドマイニングされ、つまり、マスターノード(1MN = 10000 KOD)をセッテイングし、一定以上のコイン(3000 KOD)を保持すると、KOD総量は指数関数的に増加します。

取引所内で、PCまたはモバイルにインストールされた個人用ローカルウォレットのように、POSを稼働できるシステムが稼動している場合、その取引所に一定量のKOD(3000KOD)を保持すると、コインの数を増やすことができます。

これは、取引所のコイン(例えば、HuobiのHTcoin)またはpundi Xの金額よりもはるかに高い金利を支払う方法です。

KOD基金との分散型取引所の開発が進行中である。

KODチームは、様々な取引ペアを確立し、可能な限り多くの有望なコインと積極的に交換することにより、健全かつ活発な取引エコシステムを作成するという目標を達成します。

これは、世界的にKODのコイン市場浸透の拡大にもつながっています。

これを実現するための基盤として、OFST(Onestop Fingerprint Trans System)に基づくモバイルアプリケーション開発が進められており、DEXと連携してこの目標を達成しようとしています。

  • OFTS(Onestop Fingerprint Trans System)

PCローカルウォレットの空間的な限界を克服するだけでなく、モバイルウォレット機能もデフォルトで実装されていますが、KODのモバイルアプリを使用している場合、さらに秘密鍵、Google OTP、KYC認証、SMS認証などの複雑な認証プロセスは不要になります。

現時点であなたの名前が登録されていないスマホを持っていても、他人の電話を借りたり、登録していないスマートフォンを使って、ワンストップ指紋認識のみでコインを取引することができます。

特に、登録していないスマホのみの場合は、Wi-Fiを利用してDEXとリンクすることで、いつでもどこでも、安全かつ便利にKODをそうきんしたり、取引することができます。

KODアプリには費用払い機能があり、モバイルペイアプリなどのオンサイト支払い決済サービスと統合してリンクすることができます。

これにより、世界中でKODを商品化することができます。

チーム

Simon Kim
Simon Kim
CEO & CTO
Jack Spielberg
Jack Spielberg
CEO
Ramune
Ramune
DEV
HyunSun Moon
HyunSun Moon
Advisor

人気STO/ICO記事

  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗