マスターノードをベースにしたKODコインは、匿名の高速転送を特徴とし、韓国の最初のマスターノードサポートコインです。コインの目標は、世界中のオフライン通貨取引所と協力して現地通貨と交換することです。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
KOD
開始日時
2018-06-29
終了日時
2018-06-29
最低目標
26,978,793 kod
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of KOD COIN?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームOTHERS
タイプOTHERS
参加可能通貨BTC, ETH, USD
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

KODは、PivxやDashのようなマスターノードベースのコインです(ただし、少なくとも韓国で初めて開発されました)。

KODは、イーサリアムベースのトークンではなく、ビットコインなどの正式なコインです。

また、ビットコインとは異なり、KODはPOS(通常)+ POW(最初の200KOD)であるハイブリッドマイニングされ、つまり、マスターノード(1MN = 10000 KOD)をセッテイングし、一定以上のコイン(3000 KOD)を保持すると、KOD総量は指数関数的に増加します。

取引所内で、PCまたはモバイルにインストールされた個人用ローカルウォレットのように、POSを稼働できるシステムが稼動している場合、その取引所に一定量のKOD(3000KOD)を保持すると、コインの数を増やすことができます。

これは、取引所のコイン(例えば、HuobiのHTcoin)またはpundi Xの金額よりもはるかに高い金利を支払う方法です。

KOD基金との分散型取引所の開発が進行中である。

KODチームは、様々な取引ペアを確立し、可能な限り多くの有望なコインと積極的に交換することにより、健全かつ活発な取引エコシステムを作成するという目標を達成します。

これは、世界的にKODのコイン市場浸透の拡大にもつながっています。

これを実現するための基盤として、OFST(Onestop Fingerprint Trans System)に基づくモバイルアプリケーション開発が進められており、DEXと連携してこの目標を達成しようとしています。

  • OFTS(Onestop Fingerprint Trans System)

PCローカルウォレットの空間的な限界を克服するだけでなく、モバイルウォレット機能もデフォルトで実装されていますが、KODのモバイルアプリを使用している場合、さらに秘密鍵、Google OTP、KYC認証、SMS認証などの複雑な認証プロセスは不要になります。

現時点であなたの名前が登録されていないスマホを持っていても、他人の電話を借りたり、登録していないスマートフォンを使って、ワンストップ指紋認識のみでコインを取引することができます。

特に、登録していないスマホのみの場合は、Wi-Fiを利用してDEXとリンクすることで、いつでもどこでも、安全かつ便利にKODをそうきんしたり、取引することができます。

KODアプリには費用払い機能があり、モバイルペイアプリなどのオンサイト支払い決済サービスと統合してリンクすることができます。

これにより、世界中でKODを商品化することができます。

チーム すべてを見る

Simon Kim
Simon Kim
CEO & DEV
Jack Spielberg
Jack Spielberg
Market analysis advisor
Ramune
Ramune
Graphic designer
KiWon Kim
KiWon Kim
Community Manager
HyunSun Moon
HyunSun Moon
Advisor
Aiden Jeon
Aiden Jeon
Community Manager

人気ICO記事

  • AeronのARNトークンがEOSのエコシステムで利用可能に

    ブロックチェーンを基盤とする革新的航空安全プロジェクト、Aeronは、その範囲をEOS経済圏まで広げ、Ethereum ERC20とEOS間の双方向トークンスワップを実現しました。それにより、このトークンの流動性は上昇し、市場におけるAeronの地位は強化されることになるでしょう。ブロックチェーン間のスワップ比は1:1で、EOSブロックチェーンで発行されたAeron(ARN)トークンは、Ethereumブロックチェーンでのトークンにより完全に変換できます。この大胆な手段を取ることで、ARN/EOSペアの即時交換やEOS経済圏により促進された利便性と革新性とともに、EOS分散型取引と換金オプショ
  • 【開催報告】Next Economy Conference 2018

    かれこれ、もう5ヶ月も前の話になってしまいますが、コイン相場が初の主催イベント、Next Economy Conference 2018を2018年9月15日に開催致しました。あいにくの天候だったのですが、350名の方に遊びに来て頂けました。改めまして、登壇者の方、来て頂いた方、ブース出展して頂いた方、スポンサー様、みなさんありがとうございました。開催報告と言っても、Logmiさんが全文を書き起こしてくれたのと、ダイジェスト動画が出来たのでご報告です。今見ても、とても豪華な登壇者の方々なので、お時間がある時に、ぜひ見てみてくださいね。なお、する予定です。共催したい、とか出展したいとか登壇した
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.31 - 相場チャットが間もなくリリースされる予定です。

    仮想通貨の市場が少し回復され、最近コイン相場アプリのダウンロード数も増えてきました。(いつもご利用ありがとうございます。)また、韓国の大手企業サムスンが仮想通貨をサポートするギャラクシーS10を発表し、ブロックチェーンに対する期待感も高まっております。コイン相場運営局は先週に続いて今週もチャット機能とニュースページの最適化のために開発を進めてまいりました。詳しくは以下の内容をご確認ください。(現在、審査段階であり予定より遅れる可能性もあります。)ニュースページの一番下に次のニュース記事が分かるようになります。クリックすることで次の記事がスピーディーに確認できます。普通のチャットだけだと面白くな