マスターノードをベースにしたKODコインは、匿名の高速転送を特徴とし、韓国の最初のマスターノードサポートコインです。コインの目標は、世界中のオフライン通貨取引所と協力して現地通貨と交換することです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
KOD
開始日時
2018-06-29
終了日時
2018-06-29
最低目標
31,483,332 kod
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of KOD COIN?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームOTHERS
タイプOTHERS
参加可能通貨BTC, ETH, USD
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

KODは、PivxやDashのようなマスターノードベースのコインです(ただし、少なくとも韓国で初めて開発されました)。

KODは、イーサリアムベースのトークンではなく、ビットコインなどの正式なコインです。

また、ビットコインとは異なり、KODはPOS(通常)+ POW(最初の200KOD)であるハイブリッドマイニングされ、つまり、マスターノード(1MN = 10000 KOD)をセッテイングし、一定以上のコイン(3000 KOD)を保持すると、KOD総量は指数関数的に増加します。

取引所内で、PCまたはモバイルにインストールされた個人用ローカルウォレットのように、POSを稼働できるシステムが稼動している場合、その取引所に一定量のKOD(3000KOD)を保持すると、コインの数を増やすことができます。

これは、取引所のコイン(例えば、HuobiのHTcoin)またはpundi Xの金額よりもはるかに高い金利を支払う方法です。

KOD基金との分散型取引所の開発が進行中である。

KODチームは、様々な取引ペアを確立し、可能な限り多くの有望なコインと積極的に交換することにより、健全かつ活発な取引エコシステムを作成するという目標を達成します。

これは、世界的にKODのコイン市場浸透の拡大にもつながっています。

これを実現するための基盤として、OFST(Onestop Fingerprint Trans System)に基づくモバイルアプリケーション開発が進められており、DEXと連携してこの目標を達成しようとしています。

  • OFTS(Onestop Fingerprint Trans System)

PCローカルウォレットの空間的な限界を克服するだけでなく、モバイルウォレット機能もデフォルトで実装されていますが、KODのモバイルアプリを使用している場合、さらに秘密鍵、Google OTP、KYC認証、SMS認証などの複雑な認証プロセスは不要になります。

現時点であなたの名前が登録されていないスマホを持っていても、他人の電話を借りたり、登録していないスマートフォンを使って、ワンストップ指紋認識のみでコインを取引することができます。

特に、登録していないスマホのみの場合は、Wi-Fiを利用してDEXとリンクすることで、いつでもどこでも、安全かつ便利にKODをそうきんしたり、取引することができます。

KODアプリには費用払い機能があり、モバイルペイアプリなどのオンサイト支払い決済サービスと統合してリンクすることができます。

これにより、世界中でKODを商品化することができます。

チーム

Simon Kim
Simon Kim
CEO & CTO
Jack Spielberg
Jack Spielberg
CEO
Ramune
Ramune
DEV
HyunSun Moon
HyunSun Moon
Advisor

人気STO/ICO記事

  • 【簡単】あなたにぴったりの仮想通貨取引所を診断!取引所診断ツールをコイン相場がリリース

    早速試してみたい方はから仮想通貨取引所は、特にここ最近増えて来ました。どの取引所を使えばいいのか、手数料を比較するのも数が多すぎて大変ですよね。面倒だから、今使っている取引所ばっかり使っている人も多いと思いますが、条件等も変わっている中で、本当に自分の投資スタイルに合っているのか自信がありますか?Googleで検索して、色んな記事を読んで比較してもどこが自分にあっているのか、どこがいいのか、さっぱり分からない。。取引所関連の記事はいっぱいあるけれど、アフィリエイト報酬が高い順で並んでいるだけという事も多いですよね。判断に困る、比較するのが手間だという方々のために国内最大の仮想通貨アプリ、コイ
  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調
  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ