マスターノードをベースにしたKODコインは、匿名の高速転送を特徴とし、韓国の最初のマスターノードサポートコインです。コインの目標は、世界中のオフライン通貨取引所と協力して現地通貨と交換することです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
KOD
開始日時
2018-06-29
終了日時
2018-06-29
最低目標
31,483,332 kod
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of KOD COIN?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームOTHERS
タイプOTHERS
参加可能通貨BTC, ETH, USD
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

KODは、PivxやDashのようなマスターノードベースのコインです(ただし、少なくとも韓国で初めて開発されました)。

KODは、イーサリアムベースのトークンではなく、ビットコインなどの正式なコインです。

また、ビットコインとは異なり、KODはPOS(通常)+ POW(最初の200KOD)であるハイブリッドマイニングされ、つまり、マスターノード(1MN = 10000 KOD)をセッテイングし、一定以上のコイン(3000 KOD)を保持すると、KOD総量は指数関数的に増加します。

取引所内で、PCまたはモバイルにインストールされた個人用ローカルウォレットのように、POSを稼働できるシステムが稼動している場合、その取引所に一定量のKOD(3000KOD)を保持すると、コインの数を増やすことができます。

これは、取引所のコイン(例えば、HuobiのHTcoin)またはpundi Xの金額よりもはるかに高い金利を支払う方法です。

KOD基金との分散型取引所の開発が進行中である。

KODチームは、様々な取引ペアを確立し、可能な限り多くの有望なコインと積極的に交換することにより、健全かつ活発な取引エコシステムを作成するという目標を達成します。

これは、世界的にKODのコイン市場浸透の拡大にもつながっています。

これを実現するための基盤として、OFST(Onestop Fingerprint Trans System)に基づくモバイルアプリケーション開発が進められており、DEXと連携してこの目標を達成しようとしています。

  • OFTS(Onestop Fingerprint Trans System)

PCローカルウォレットの空間的な限界を克服するだけでなく、モバイルウォレット機能もデフォルトで実装されていますが、KODのモバイルアプリを使用している場合、さらに秘密鍵、Google OTP、KYC認証、SMS認証などの複雑な認証プロセスは不要になります。

現時点であなたの名前が登録されていないスマホを持っていても、他人の電話を借りたり、登録していないスマートフォンを使って、ワンストップ指紋認識のみでコインを取引することができます。

特に、登録していないスマホのみの場合は、Wi-Fiを利用してDEXとリンクすることで、いつでもどこでも、安全かつ便利にKODをそうきんしたり、取引することができます。

KODアプリには費用払い機能があり、モバイルペイアプリなどのオンサイト支払い決済サービスと統合してリンクすることができます。

これにより、世界中でKODを商品化することができます。

チーム

Simon Kim
Simon Kim
CEO & CTO
Jack Spielberg
Jack Spielberg
CEO
Ramune
Ramune
DEV
HyunSun Moon
HyunSun Moon
Advisor

人気STO/ICO記事

  • ステーキングサービス「Sanka Network」 by HashHub

     HashHubが運営するPoSの保有報酬を受け取る手続きをするためのプラットフォームです。Sanka Netowrkはユーザーの資産を預かることはせず、ユーザーは自身のウォレットで資産を管理しながら報酬を得られます。今後、コイン相場アプリ内にも各通貨のウォレットを実装、Sanka Networkへ簡単に使える、モバイルクライアントとなる予定です。cosmosvaloper1uyt0yuv7cz7ppwefl9ths336ln7ysvg2jlj76t tz1PYF2Fcqk7YjZGquNy8bFznhCLhyi9PpVzsanka
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・
  • ドナルド・トランプ、仮想通貨は信頼できない

    米、大統領ドナルド・トランプは12日(現地時間)ツイッターを通じ、「私はビットコインや他の仮想通貨の支持者ではない。お金でもなく、その価値はとても不安定だ。規制されていない暗号資産は麻薬取引やその他違法行為を促進するような性質がある」と発言した。<ins></ins>また、「FacebookのLibraという“デジタル通貨”についても信頼性は無い。Facebookやほかの企業が新しい銀行になりたいのであれば、他の銀行のように、国内外の既存の銀行規制に従わなければならない。」と加えた。<ins></ins>最後に、「アメリカは唯一無二の通貨を持っている。それは他より強力で信用があり頼る事が出来る