Kepler Technologies - AI&ロボット学をブロックチェーンにもたらす

Kepler Technologyは、世界中の人々が協力し合い、革新的なアイデアを現実に変えるのに役立つ、公正でシンプルで信頼できるソーシャルネットワーク世界に専念しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
KEP
開始日時
2018-06-26
終了日時
2018-07-17
最低目標
10,000,000 USD
最高目標
62,500,000 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Kepler Technologies?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率80%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • pre-sale - 30%
  • ICO 1St STAGE - 20%
  • ICO 2ND STAGE - 10%
  • ICO 3RD STAGE - 5%

概要

私たちは、技術の進歩によってますます影響を受けている時代に生きています。私たちの日常生活における彼らの役割と重要性は、ますます意味深くなり、多くの場合、不可分です。そして、最大の市場シェアを支配する企業の影響も大きくなっています。この影響は、技術的解決策の開発におけるコミュニティ全体の参加を限定し、単なる顧客の役割に任せ、利益と富は企業間でのみ分けられます。

貴重なRoboticsやAIソリューションの生産に加えて、Keplerの経営陣の主な目標は、人類、ロボットの未来を形作る技術革新を通じた分散型財産分配システムの創出です。インターネットの創作者が富の創造の仕組みを世の中と分かち合うことにしたのではないかと想像できます。インターネットがブロックチェーンのように分散していたとしたら、ユーザーは自分のデータから利益を得ることができます。

Keplerの経営陣は、現在の傾向に基づいてそのような事態を予見し、利益をユーザーに均等に分配する公正な市場経済を作り出しています。Keplerは、最高水準の透明性、説明責任、企業責任に基づいています。経営陣は、会社の地位とプロジェクトに関する詳細な年1回の報告を定期的に提供します(最低限)。

Keplerは人類を悩ませる主な課題の1つ、すなわち技術革新を解決します。 Keplerは、科学技術の幹部で構成されたテクニカル・サウンド・チームの支援を受けて、超先端技術を生み出し、それらへのアクセスを容易にし、将来の科学技術的なブレークスルーの開発のためのプラットフォームを作ります。

私たちは、革命的なアイデアを考え出すことと、それを実現することの1つであることを理解しています。このため、主任マネージャー、情報技術者、ロボット界の有名人、会計士、法務当局、ブロックチェーンの専門家の専門知識が関与しています。

チーム すべてを見る

Giorgi Topuria
Giorgi Topuria
CEO
Givi Dolidze
Givi Dolidze
CFO
Assylbek Momynov
Assylbek Momynov
Director - Kepler City
Levan Gabisonia
Levan Gabisonia
Technical Director
David Chitaishvili
David Chitaishvili
Vice-CEO
Tika Nadareishvili
Tika Nadareishvili
Head Of PR

人気STO/ICO記事

  • 【特典Wドリ】キャンペーンでウェルスナビにお得に登録する方法!副業・資産運用

    ウェルスナビを始めたいと思っているが、まだ、初回登録が済んでいない方はラッキーです!こういったサービスを少しでもお得に申し込む為には、キャンペーンを上手に活用することが大切ですが、ちょうど今、ウェルスナビは、お得な夏のキャンペーンを開催しており、コインポインを利用することで、さらにお得に特典をWドリすることができるんです!当記事では、ウェルスナビを少しでもお得に登録する為の方法をご紹介いたします。この2つのキャンペーンで条件をクリアすれば最低でも5500円相当の特典、最高で10万4500円相当の特典を獲得することができます。コインポイン経由で登録し、10万円入金とリスク許容度の設定を行えば、最
  • 【7/10】世界ニュースまとめ2 - 税務当局、納税者の仮想通貨関連モニタリングを強化する方針、イギリスの大手銀行がLibraのコンソーシアムに参加検討

    9日(現地時間)Cointelegraphの報道によると、米税務当局(IRS)はアップル、マイクロソフト、グーグルなどの大手IT企業を通じ、納税者の仮想通関連アプリのダウンロード履歴を把握するとともに脱税防止のためFacebook,TwitterなどのSNSプラットフォームの投稿に対する調査を強化する予定だ。公認会計士で「Crypto Tax Girl」として知られている暗号資産税金専門家Laura Walter氏はツイッターを通じ、米税務当局のプレゼンテーション資料を公開し、該当資料が米税務当局の犯罪調査局の職人たちを対象にした発表で使用されたと主張した。入手された資料によると、米税務当局は
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー