Kepler Technologies - AI&ロボット学をブロックチェーンにもたらす

Kepler Technologyは、世界中の人々が協力し合い、革新的なアイデアを現実に変えるのに役立つ、公正でシンプルで信頼できるソーシャルネットワーク世界に専念しています。

ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
KEP
開始日時
2018-06-26
終了日時
2018-07-17
最低目標
10,000,000 USD
最高目標
62,500,000 USD
公式サイトへ Owner of Kepler Technologies?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率80%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • pre-sale - 30%
  • ICO 1St STAGE - 20%
  • ICO 2ND STAGE - 10%
  • ICO 3RD STAGE - 5%

概要

私たちは、技術の進歩によってますます影響を受けている時代に生きています。私たちの日常生活における彼らの役割と重要性は、ますます意味深くなり、多くの場合、不可分です。そして、最大の市場シェアを支配する企業の影響も大きくなっています。この影響は、技術的解決策の開発におけるコミュニティ全体の参加を限定し、単なる顧客の役割に任せ、利益と富は企業間でのみ分けられます。

貴重なRoboticsやAIソリューションの生産に加えて、Keplerの経営陣の主な目標は、人類、ロボットの未来を形作る技術革新を通じた分散型財産分配システムの創出です。インターネットの創作者が富の創造の仕組みを世の中と分かち合うことにしたのではないかと想像できます。インターネットがブロックチェーンのように分散していたとしたら、ユーザーは自分のデータから利益を得ることができます。

Keplerの経営陣は、現在の傾向に基づいてそのような事態を予見し、利益をユーザーに均等に分配する公正な市場経済を作り出しています。Keplerは、最高水準の透明性、説明責任、企業責任に基づいています。経営陣は、会社の地位とプロジェクトに関する詳細な年1回の報告を定期的に提供します(最低限)。

Keplerは人類を悩ませる主な課題の1つ、すなわち技術革新を解決します。 Keplerは、科学技術の幹部で構成されたテクニカル・サウンド・チームの支援を受けて、超先端技術を生み出し、それらへのアクセスを容易にし、将来の科学技術的なブレークスルーの開発のためのプラットフォームを作ります。

私たちは、革命的なアイデアを考え出すことと、それを実現することの1つであることを理解しています。このため、主任マネージャー、情報技術者、ロボット界の有名人、会計士、法務当局、ブロックチェーンの専門家の専門知識が関与しています。

チーム すべてを見る

Giorgi Topuria
Giorgi Topuria
CEO
Givi Dolidze
Givi Dolidze
CFO
Assylbek Momynov
Assylbek Momynov
Director - Kepler City
Levan Gabisonia
Levan Gabisonia
Technical Director
David Chitaishvili
David Chitaishvili
Vice-CEO
Tika Nadareishvili
Tika Nadareishvili
Head Of PR

人気ICO記事

  • 【コイン相場3.0アップデート記念】プレゼント企画

    コイン相場 3.0版のリリースを記念して、Twitterアカウントのフォロー&リツイートで、1,000ALIS + 100,000NANJをLedger Nano Sに入れて、1名様にプレゼントします。Ledger Nano S自体の値段も含めると総額約5万円相当になります。ささやかではありますが、日頃からお世話になっている皆さんへの感謝の気持ちと、日本の仮想通貨業界が盛り上がっていくよう願いを込めて、国産コインの2つを選択させて頂きました。また、Ledger Nano Sは、日本の正規代理店・ハードウェアウォレットジャパンさんからキャンペーン用に提供して頂きました!・コイン相場アカウント(
  • 分散型メディアのひとつのかたち「文春型メディア」

    どうもです。さんや、さんの記事に触発されて、僕なりのアンサーソングを書きました。バトルが盛り上がってきています。バトルと言っても、ディスり合いではなく、建設的な議論が巻き起こる切っ掛けとなっていて、素晴らしい流れがスタートしています! 政治も、一党独裁ではなく、野党と与党が分かれていることでバランスのとれた結論を導き出すことができます。つまり新陳代謝しつづけることが、若さと勢いを保つ秘訣ではないかと思います。その意味でも、刺激となる白熱した議論は、待ち望んだものだったのではないでしょうか。 これからは、分散型のメディアのあり方について、考えていく機会が増え、どんどん議論が進んでいく
  • まだガラパゴス島で消耗してるの?

    はい笑 皆様、こんにちは。ペペカルトです。え?タイトルが何か・・・って? まあ、ええやんwでも、 だと思います。一時期、日本は仮想通貨関係の法律ができたり、参加者が多かったりして、みたいなことが言われていました。ぶっちゃけ最近どうよw?税制にしろ、規制にしろ、してる感が否めません。 いや、はっきり言います。です。さらに、我々日本人は当然ですが、日本語を使います、何らかの情報を追うにしても、日本語で書かれていたほうが理解しやすいです。しかしながら、実は、仮想通貨やICOの情報を集めたりする際に、日本語で書かれた記事だけを読んでいると、もちろん、しかし、日本語よりも英語で書かれた