Aitheon - AI、ロボット、人間の共生を通じて世界を簡素化するデジタルエコシステム

AIとRoboticsをユーザーフレンドリーな方法で統合することで、ビジネスは単一のシンプルなプラットフォームで自動化されます。 これにより、日常的なビジネスタスクを簡単に合理化できます。 同時に最新の技術やサービスへのアクセスを獲得します。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
AIC
開始日時
2018-04-20
終了日時
2018-06-09
調達金額
50,000,000 AIC
最高目標
87,500,000 USD
初回価格
1 AIC = 0.35 USD
トークン供給数
300,000,000
公式サイトへ Owner of Aitheon?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率8.57%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-Sale - 50%
  • April - 14%-30%
  • May - 5%-14%
  • June - 2%-4%

概要

私たちは、人々が世界との情熱を共有するためのビジネスを創造すると信じています。 残念なことに、今日のビジネスモデルには、時間がかかり、複雑で、複数のシステムが必要なバックエンドプロセスが搭載されています。 それぞれ別のタスクを完了するために、情熱は毎日の操作の要求によってすぐに変えられます。

Aitheonの使命はこれを変えることです。

AIとRoboticsをユーザーフレンドリーな方法で統合することで、ビジネスは単一のシンプルなプラットフォームで自動化されます。 これにより、日常的なビジネスタスクを簡単に合理化できます。 同時に最新の技術やサービスへのアクセスを獲得します。

私たちはまた、すべての人が働く機会にアクセスする必要があると考えています。 これらのバックエンドビジネスプロセスを可能にするために、AIは世界のどこからでもリモートで作業できる人によって強化されます。

デジタルエコシステムへようこそ。 私たちはあなたの力になります。

チーム すべてを見る

Andrew Archer
Andrew Archer
Creator / CEO
Ryan Burleson
Ryan Burleson
Chief Strategy Officer
Saad Shah
Saad Shah
Lead UX/UI Designer
Rachel Wang
Rachel Wang
Executive Assistant
Erica Harvitt
Erica Harvitt
Director of Brand and Marketing
Ramzie Shams
Ramzie Shams
Creative Director

人気ICO記事

  • アプリ大幅刷新!新ページ「ピックアップ」を解説

    こんにちは、編集部です。お気付きの方も多いと思いますが、アプリのデザインがめっちゃ変わりました。「ICO」タブを「ピックアップ」タブを変更しました。ICO情報や新機能リリースなどの情報もココでまとめてチェックできます。今まで「ポートフォリオ」タブにあった、、も「ピックアップ」タブに移しました。戸惑われた方多いと思われます。(ゴメンなさい)初心者向けの記事や動画を編集部チョイスで掲載します。AirDrop Qで獲得したトークンを送金する機能は現在全力で開発中です。もうしばらくお待ちくださいm(_ _)m
  • 【7月5週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報

    先週は順調に新機能の開発が進みました。今週から新しいUIになっております。AirDrop Qや自動売買は「ピックアップ」ページよりご利用になれます。ウォレット機能はテスト段階に入りました。もうしばらくお待ちください。相場データの整理と安定性と速度の強化も引き続き行っております。 ウォッチリストの表示を3段階に分けました。ご自身に合う表示方法を選択してください。 Vechain(ウォレット) CoinPark(ウォッチリスト)
  • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

    「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア