Mindsync - 分散型、コミュニティ主導のAIプラットフォーム

Mindsyncはソリューションとトレーニングデータセットの市場であると同時に、AIテクノロジコンペティションで顧客の仕事を解決するためのプラットフォームです。私たちの使命は、最高の人工知能の専門家とハッカー、データ科学者、機械学習の開発者、ビッグデータとコンピューティングのパワーサプライヤ、投資家、ボランティアを一箇所に集めて、AIソリューションをより安く、より幅広い顧客が利用できるようにすることです。開発を加速し、AIソリューションの世界市場を創造します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MAI
開始日時
2018-12-15
終了日時
2019-04-01
初回価格
0.1400 USD
トークン供給数
500,000,000
公式サイトへ Owner of Mindsync?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, Fiat
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

MindSyncはプラットフォームであり、AI / MLエキスパートのグローバルコミュニティであるため、あらゆる種類および規模の企業が単一のプラットフォームで世界クラスの才能を利用することができます。 顧客は、ML / DSの課題を通じてカスタマイズされたAIソリューションを注文することも、幅広いソリューションの中から選択することもできます。

これらとは別に、MindSyncプラットフォームは分散型スーパーコンピュータプロジェクトや暗号マイニングファームと戦略的に提携し、このコンピューティングパワーをコミュニティのメンバーや顧客が利用できるようにします。これにより、計算能力を利用するための高コストが削減され、小学生から科学者まで、誰もが以前はアクセスできない計算能力をプロジェクトで使用し、AI分野の研究者に新しい展望を開くことができます。

チーム すべてを見る

Konstantin Bogolepov
Konstantin Bogolepov
Chief Executive Officer, Founder
Dmitry Timoshenko
Dmitry Timoshenko
Chief Technology Officer, Co-Founder
Mikhail Trofimov
Mikhail Trofimov
Data Scientist & Head of Competitions
Mikhail Melnik
Mikhail Melnik
Blockchain Developer
Elena Liakou
Elena Liakou
UI/UX Designer
Felix Finkel
Felix Finkel
VP of Engeneering

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[