Bither - 新しい環境にやさしい層状分散経済

Bitherのアーキテクチャは、ネットワークを保護するために必要な計算資源を最小限に抑えるように設計されています。そうすることによって、マイナーの選択そして民主的な方法で、コンピューティング能力の一部をコンピューティングを必要とする科学プロジェクトに向かわせることができます。 このようにして、Bitherは、より効率的なフレームワークを有するパワーコンセンサスメカニズムを提供します。Bitherの特徴の一つはマージされたマイニングです。これはBitherのネットワークにより多くのマイナーを引き付ける強力なインセンティブです。マイナーは、メインコイン(BTR)だけでなく、第2層にあるカスタマイズされたすべてのトークンをマイニングすることができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BTR
開始日時
2019-03-23
終了日時
2019-06-28
初回価格
0.9571 USD
トークン供給数
15,000,000
公式サイトへ Owner of Bither?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Bitherは、スマートコントラクトの実行、計算能力を必要とする科学プロジェクトの設定、トークンのアクティビティの分類に向けた2層目および3層目の作成など、多くの利点を持つ真新しいプラットフォームを発表しました。

  • マイナーを奨励するマルチマイニング能力を持つエネルギーの最適化された使用。
  • ネットワーク内に何千ものサイドチェーンを作成する可能性。
  • メインネットワークではなくサイドチェーンにトランザクションの詳細を記録。
  • サイドチェイン取引のためにBitherバランスを必要としません。
  • 科学プロジェクトが必要な計算能力を購入できる標準的なプラットフォーム。
  • 活動の開始時にマイニング可能なプロジェクトに必要なハッシュ力を提供します。
  • 市場の低迷時に収益性の高いマイニング。
  • 初期コインオファリング(ICO)の不正使用を防ぐための安全な標準の定義。
  • 持株会社を定義および作成する可能性。
  • 分散型で使いやすい取引を設定。

結論として、セキュリティ、「トークン化」、スマートコントラクトなど、現行のPoWベースのブロックチェーンのすべての機能を提供する一方で、Bitherプラットフォームは、環境にやさしい未来にブロックチェーン技術をさらに一歩進めることを目指しています。ビッグデータの処理を可能にするために科学的プロジェクトにとって大きな助けになること。これら以外にも、Bitherはそのプラットフォームをより効率的かつユーザーフレンドリーにするために多くの革新をもたらしました。

チーム すべてを見る

Alex Z.Kouchal
Alex Z.Kouchal
CEO
Reza Abbasgholiha
Reza Abbasgholiha
CSO & head of operations department
Daniel Driessen
Daniel Driessen
Community Support Manager
Ali Ghasemirad
Ali Ghasemirad
CTO & Digital Marketing Strategist
Erik van der Veen
Erik van der Veen
Director of Customer Experience & Community Expert
Shayan Shirazi
Shayan Shirazi
CRO & Director of Engineering

人気STO/ICO記事

  • ドナルド・トランプ、仮想通貨は信頼できない

    米、大統領ドナルド・トランプは12日(現地時間)ツイッターを通じ、「私はビットコインや他の仮想通貨の支持者ではない。お金でもなく、その価値はとても不安定だ。規制されていない暗号資産は麻薬取引やその他違法行為を促進するような性質がある」と発言した。<ins></ins>また、「FacebookのLibraという“デジタル通貨”についても信頼性は無い。Facebookやほかの企業が新しい銀行になりたいのであれば、他の銀行のように、国内外の既存の銀行規制に従わなければならない。」と加えた。<ins></ins>最後に、「アメリカは唯一無二の通貨を持っている。それは他より強力で信用があり頼る事が出来る
  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・