Bither - 新しい環境にやさしい層状分散経済

Bitherのアーキテクチャは、ネットワークを保護するために必要な計算資源を最小限に抑えるように設計されています。そうすることによって、マイナーの選択そして民主的な方法で、コンピューティング能力の一部をコンピューティングを必要とする科学プロジェクトに向かわせることができます。 このようにして、Bitherは、より効率的なフレームワークを有するパワーコンセンサスメカニズムを提供します。Bitherの特徴の一つはマージされたマイニングです。これはBitherのネットワークにより多くのマイナーを引き付ける強力なインセンティブです。マイナーは、メインコイン(BTR)だけでなく、第2層にあるカスタマイズされたすべてのトークンをマイニングすることができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BTR
開始日時
2019-03-23
終了日時
2019-06-28
初回価格
0.9571 USD
トークン供給数
15,000,000
公式サイトへ Owner of Bither?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Bitherは、スマートコントラクトの実行、計算能力を必要とする科学プロジェクトの設定、トークンのアクティビティの分類に向けた2層目および3層目の作成など、多くの利点を持つ真新しいプラットフォームを発表しました。

  • マイナーを奨励するマルチマイニング能力を持つエネルギーの最適化された使用。
  • ネットワーク内に何千ものサイドチェーンを作成する可能性。
  • メインネットワークではなくサイドチェーンにトランザクションの詳細を記録。
  • サイドチェイン取引のためにBitherバランスを必要としません。
  • 科学プロジェクトが必要な計算能力を購入できる標準的なプラットフォーム。
  • 活動の開始時にマイニング可能なプロジェクトに必要なハッシュ力を提供します。
  • 市場の低迷時に収益性の高いマイニング。
  • 初期コインオファリング(ICO)の不正使用を防ぐための安全な標準の定義。
  • 持株会社を定義および作成する可能性。
  • 分散型で使いやすい取引を設定。

結論として、セキュリティ、「トークン化」、スマートコントラクトなど、現行のPoWベースのブロックチェーンのすべての機能を提供する一方で、Bitherプラットフォームは、環境にやさしい未来にブロックチェーン技術をさらに一歩進めることを目指しています。ビッグデータの処理を可能にするために科学的プロジェクトにとって大きな助けになること。これら以外にも、Bitherはそのプラットフォームをより効率的かつユーザーフレンドリーにするために多くの革新をもたらしました。

チーム すべてを見る

Alex Z.Kouchal
Alex Z.Kouchal
CEO
Reza Abbasgholiha
Reza Abbasgholiha
CSO & head of operations department
Daniel Driessen
Daniel Driessen
Community Support Manager
Ali Ghasemirad
Ali Ghasemirad
CTO & Digital Marketing Strategist
Erik van der Veen
Erik van der Veen
Director of Customer Experience & Community Expert
Shayan Shirazi
Shayan Shirazi
CRO & Director of Engineering

人気STO/ICO記事

  • ふるさと納税でビットコインを無料でゲットしよう!

    ビットコインが欲しいけど、相場変動が激しく絶対に溶かしてしまう気がするから買うのはやめよう!という方に朗報です。Coinpoinを通じ、ふるさと納税を行うと商品を買うことでビットコインが無料で手に入ります!ふるさと納税とは、応援したい自治体に寄附(商品の購入)をすることで、所得税や住民税の還付・控除が受けられる制度のことです。多くの自治体では地域経済活性化のために、色々な商品を用意しています!ふるさと納税に関するより詳しい情報・寄附可能額を調べるには以下の順番でお進みください。「でビットコインを貯める」→「詳細内容確認」→「商品購入」この順番でアクセスし、商品を購入することで記録(ログ)が残
  • 株式投資型クラウドファンディング・FUNDINNOについて

    日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングのプラットフォーム。日本で初めて、第一種少額電子募集取扱業者として金融庁に登録承認された。「取引量日本No.1」という表記があるが、実際に、(2020年1月時点)という実績があり、が公表している統計数値と照合すると、市場シェアの90%前後を占め、名実共に実績No.1、ほぼ市場を独占しているサービスになる。「クラウドファンディング」という名称になっているが、実際には株式投資であり、CampfireやMakuake、Kickstarterといったいわゆるクラファンとは法的も全く別物である。一般的に非上場株・未公開株と言われる店頭有価
  • ノアシティ-分権国家の夢の実現

    新たな分散型経済を支持する人にとっての究極の夢は、ブロックチェーン技術の基本原則にのっとって運営される国家に居住することです。すなわち、民主主義、権力分配と分権、コンセンサスによる意思決定、デジタル自治といった原則です。この夢はノアシティによって現実になろうとしています。ノアプロジェクトは長期にわたって暗号資産市場に存在し続けています。最近、ノアプロジェクトはと提携して、ノアがその構築を目指すエコシステム全体をホストするための新ブロックチェーンの開発を進めています。Platinum Q DAOエンジニアリングが関わる別のプロジェクトが、です。これは分散型ネットワーク上で運営され、その分散型