Bither - 新しい環境にやさしい層状分散経済

Bitherのアーキテクチャは、ネットワークを保護するために必要な計算資源を最小限に抑えるように設計されています。そうすることによって、マイナーの選択そして民主的な方法で、コンピューティング能力の一部をコンピューティングを必要とする科学プロジェクトに向かわせることができます。 このようにして、Bitherは、より効率的なフレームワークを有するパワーコンセンサスメカニズムを提供します。Bitherの特徴の一つはマージされたマイニングです。これはBitherのネットワークにより多くのマイナーを引き付ける強力なインセンティブです。マイナーは、メインコイン(BTR)だけでなく、第2層にあるカスタマイズされたすべてのトークンをマイニングすることができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BTR
開始日時
2019-03-23
終了日時
2019-06-28
初回価格
0.9571 USD
トークン供給数
15,000,000
公式サイトへ Owner of Bither?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Bitherは、スマートコントラクトの実行、計算能力を必要とする科学プロジェクトの設定、トークンのアクティビティの分類に向けた2層目および3層目の作成など、多くの利点を持つ真新しいプラットフォームを発表しました。

  • マイナーを奨励するマルチマイニング能力を持つエネルギーの最適化された使用。
  • ネットワーク内に何千ものサイドチェーンを作成する可能性。
  • メインネットワークではなくサイドチェーンにトランザクションの詳細を記録。
  • サイドチェイン取引のためにBitherバランスを必要としません。
  • 科学プロジェクトが必要な計算能力を購入できる標準的なプラットフォーム。
  • 活動の開始時にマイニング可能なプロジェクトに必要なハッシュ力を提供します。
  • 市場の低迷時に収益性の高いマイニング。
  • 初期コインオファリング(ICO)の不正使用を防ぐための安全な標準の定義。
  • 持株会社を定義および作成する可能性。
  • 分散型で使いやすい取引を設定。

結論として、セキュリティ、「トークン化」、スマートコントラクトなど、現行のPoWベースのブロックチェーンのすべての機能を提供する一方で、Bitherプラットフォームは、環境にやさしい未来にブロックチェーン技術をさらに一歩進めることを目指しています。ビッグデータの処理を可能にするために科学的プロジェクトにとって大きな助けになること。これら以外にも、Bitherはそのプラットフォームをより効率的かつユーザーフレンドリーにするために多くの革新をもたらしました。

チーム すべてを見る

Alex Z.Kouchal
Alex Z.Kouchal
CEO
Reza Abbasgholiha
Reza Abbasgholiha
CSO & head of operations department
Daniel Driessen
Daniel Driessen
Community Support Manager
Ali Ghasemirad
Ali Ghasemirad
CTO & Digital Marketing Strategist
Erik van der Veen
Erik van der Veen
Director of Customer Experience & Community Expert
Shayan Shirazi
Shayan Shirazi
CRO & Director of Engineering

人気STO/ICO記事

  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ
  • 【仮想通貨FXに最適】GMOコインのおすすめ理由を一挙解説!

     ビットレ君は、GMOコインが提供している仮想通貨レバレッジ取引のためのスマホアプリです。当アプリでは10種類のテクニカル指標を利用することができます。 リップルやイーサリアムなどのレバレッジを効かせた取引が可能。アルトコインを空売りすることができる数少ない取引所です。 親会社であるGMOインターネットワークから金融ビジネスノウハウや情報セキュリティ対策の施策をそのまま引き継いだGMOコイン。国際基準の情報セキュリティが適用されていると思われます。
  • ボリンジャーバンドとその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。ボリンジャーバンド(BOLL)はチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。米国の金融アナリストで投資研究家のジョン・ボリンジャーが考案したことから、この名が付いています。1983年に考案され2011年に商標権が取得されました。ボリンジャーバンドは株価が移動平均線を中心に一定の範囲(標準偏差)の中で動くという前提で開発されました。ボリンジャーバンドは合わせて3つ