Kepler Technologies - AI&ロボット学をブロックチェーンにもたらす

Kepler Technologyは、世界中の人々が協力し合い、革新的なアイデアを現実に変えるのに役立つ、公正でシンプルで信頼できるソーシャルネットワーク世界に専念しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
KEP
開始日時
2018-06-26
終了日時
2018-07-17
最低目標
10,000,000 USD
最高目標
62,500,000 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Kepler Technologies?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率80%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • pre-sale - 30%
  • ICO 1St STAGE - 20%
  • ICO 2ND STAGE - 10%
  • ICO 3RD STAGE - 5%

概要

私たちは、技術の進歩によってますます影響を受けている時代に生きています。私たちの日常生活における彼らの役割と重要性は、ますます意味深くなり、多くの場合、不可分です。そして、最大の市場シェアを支配する企業の影響も大きくなっています。この影響は、技術的解決策の開発におけるコミュニティ全体の参加を限定し、単なる顧客の役割に任せ、利益と富は企業間でのみ分けられます。

貴重なRoboticsやAIソリューションの生産に加えて、Keplerの経営陣の主な目標は、人類、ロボットの未来を形作る技術革新を通じた分散型財産分配システムの創出です。インターネットの創作者が富の創造の仕組みを世の中と分かち合うことにしたのではないかと想像できます。インターネットがブロックチェーンのように分散していたとしたら、ユーザーは自分のデータから利益を得ることができます。

Keplerの経営陣は、現在の傾向に基づいてそのような事態を予見し、利益をユーザーに均等に分配する公正な市場経済を作り出しています。Keplerは、最高水準の透明性、説明責任、企業責任に基づいています。経営陣は、会社の地位とプロジェクトに関する詳細な年1回の報告を定期的に提供します(最低限)。

Keplerは人類を悩ませる主な課題の1つ、すなわち技術革新を解決します。 Keplerは、科学技術の幹部で構成されたテクニカル・サウンド・チームの支援を受けて、超先端技術を生み出し、それらへのアクセスを容易にし、将来の科学技術的なブレークスルーの開発のためのプラットフォームを作ります。

私たちは、革命的なアイデアを考え出すことと、それを実現することの1つであることを理解しています。このため、主任マネージャー、情報技術者、ロボット界の有名人、会計士、法務当局、ブロックチェーンの専門家の専門知識が関与しています。

チーム すべてを見る

Giorgi Topuria
Giorgi Topuria
CEO
Givi Dolidze
Givi Dolidze
CFO
Assylbek Momynov
Assylbek Momynov
Director - Kepler City
Levan Gabisonia
Levan Gabisonia
Technical Director
David Chitaishvili
David Chitaishvili
Vice-CEO
Tika Nadareishvili
Tika Nadareishvili
Head Of PR

人気STO/ICO記事

  • ビットコインのアルゴリズム(PoW)の生みの親、Adam氏「BTCはいずれ5万ドルを超える」と主張

    仮想通貨メディアNEWSBTCによると、「Blockstream」のCEOでビットコイン(BTC)の重要技術であるコンセンサス・アルゴリズム「Proof of Work (以下、PoW)」の生みの親として知られているAdam Backが「ビットコインはいずれ5万ドル(約540万円)を超える」と主張した。Adamは9月7日ツイッターを通じ、「2020年の半減期(halvening)、地政学的な不確実性(geopolitical uncertainty)、15兆ドル規模のマイナス金利で発行された債権、現代貨幣理論(MMT:Modern Monetary Theory)などを総合すると、BTCの価格
  • 【9日】プラストークン、12,646BTC(約140億円)の資金を移動・・今後の動き注目すべき

    ブロックチェーンセキュルティー企業「ChainsGuard」によると、スキャムプロジェクトの疑いのあるプラストークン(PlusToken)が所有していると推定されるビットコインウォレット(1Li4mUc3hCGMB6cgQiJCwTvLMYwkfKHZY8)から12,646BTC(約140億円)の資金移動があった。9日の23時20分(日本時間)から約4,000BTC以上の大量のビットコインが3回にわたり、合わせて12,646BTCが移動された。今回、移動されたBTCは10日12時以降、違うアドレスに分割されたが、取引所に流れてはいない。ウォレット(1Li4mUc3hCGMB6cgQiJCwTv
  • 2019年のブロックチェーン特許申請・・中国67%・米国16%·日本5%·ドイツ4%·韓国2%

    中国メディアIPRdailyは最近2019年、上半期の世界ブロックチェーン関連の「特許申請企業ランキング100」を発表した。2019年は2018年の特許申請数をはるかに上回っている。報道によると、特許申請の数が一番多かった企業は中国企業の「アリババ」で合わせて322件を申請していた。次は中国の保険会社「平安」が274件(2位)、その次はアンティグア・バーブーダ(カリブ海東部に位置する島国)のブロックチェーン企業「nChain」が241件(3位)だった。※資料: マスターカード 79件(10位) マイクロソフト 35件(22位)一方で日本企業は NEC 18件(46位) SONY