Inflr - 広告主をインフルエンサーに繋がるプラットフォーム

INFLRはInflrプラットフォーム内およびInflrネットワーク全体での使用のために設計された影響力経済仮想通貨です。 INFLRはERC20標準トークン・ユーティリティーで、トークン所有者にInflrプラットフォームにアクセスし、インフルエンサーおよびブランドに関する多くの機能とユニークなデータを提供します。 InflrコインはInflrエコシステム内で重要な役割を果たし、すべてのトークン所有者の利益を釣り合わせて、誰もがトークン経済に積極的に参加するインセンティブを与えるように設計されています。 Inflrコインを使用すると、InflrプラットフォームおよびInflr APIを使用して開発されるさまざまなサードパーティアプリケーションで、さまざまなサービスや特典にアクセスできます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
INFLR
開始日時
2018-08-20
終了日時
2019-02-11
最低目標
2,000 ETH
最高目標
25,200 ETH
初回価格
1 INFLR = 0.00025 ETH
トークン供給数
140,000,000
公式サイトへ Owner of Inflr?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, BCH, LTC, Fiat
供給率35%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Inflrは、マイクロインフルエンサーのための最新技術を利用するデジタルマーケティングソリューションの開発に注力しています。 すべてのマイクロインフルエンサーは、質の高い広告コンテンツの作成を促し、影響の真の価値を補うことができる交換に参加する機会があるべきと考えています。

Inflrはブロックチェーン技術を使用して市場内のインフルエンサーに広告主を結ぶ最初のプラットフォームを作成しました。 Inflrを使用すると、広告主はソーシャルネットワークユーザーの影響力を利用して商品やサービスを宣伝できます。

チーム すべてを見る

Marcos Pagliaro
Marcos Pagliaro
Business consultant
Thiago Gil
Thiago Gil
Crypto Economist
Giovanni Casagrande
Giovanni Casagrande
Naviin Kapoor
Naviin Kapoor
Paresh Masani
Paresh Masani
Blockchain Platform Advisor
Giacomo Arcaro
Giacomo Arcaro
Growth Hacker

人気STO/ICO記事

  • コインチェックを投資初心者におすすめする理由! 仮想通貨取引所Coincheckを解説

    (国内取引所の平均は約6種類)ビットコイン等の主要仮想通貨はもちろん、人気の高いイーサリアム(ETH)、ネム(XEM)、モナ(MONA)の売買も可能です。仮想通貨取引所といえば、専門用語が多く、投資経験者向けの機能を揃えたものが多いですが、Coincheckのアプリはを追求しており、と評判が高いです。 であるCoincheckは管理体制も盤石です。基本的なセキュリティー対策は勿論、徹底したシステム監査により情報システムの信頼性、安全性、効率性を担保しています。[ : BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、ETC、MONA、LSK、FCT : 無料 : 成行注文、指
  • 【仮想通貨FXに最適】GMOコインのおすすめ理由を一挙解説!

     ビットレ君は、GMOコインが提供している仮想通貨レバレッジ取引のためのスマホアプリです。当アプリでは10種類のテクニカル指標を利用することができます。 リップルやイーサリアムなどのレバレッジを効かせた取引が可能。アルトコインを空売りすることができる数少ない取引所です。 親会社であるGMOインターネットワークから金融ビジネスノウハウや情報セキュリティ対策の施策をそのまま引き継いだGMOコイン。国際基準の情報セキュリティが適用されていると思われます。
  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ