Ojooo - ブロックチェーンに強化された広告

Ojoooプラットフォームは、世界中の広告主と広告アドレスが出会うユニークな場所であり、すべてさまざまな商品やサービスに関心があります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
OJU
開始日時
2019-03-20
終了日時
2019-05-07
調達金額
$7,500,000
最低目標
1,500,000 USD
最高目標
8,925,000 USD
初回価格
0.0700 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Ojooo?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, FIAT
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

献身的な開発者チームとして、私たちOjoooは広告に革命を起こしたいと思っています。広告がもう迷惑である必要はないと信じています。私たちはユーザーと広告主をパートナーとして扱うので、広告は有益であり、広告は面白く、そして人々は広告を見るのが好きであると信じています。共同利益者として、ある意味では、互いを尊重する人。それだけで、彼らは情報を交換することができます - 自発的にそして彼らの相互利益のために。

投資には、計画された製品が完成されないというリスクがよくあります。Ojooo AGに投資することの利点は、同社がすでに最新の製品と既存および運営中のビジネスモデルを持っていることです。 Ojoooトークンを購入することで、投資家は会社の将来への道を支援し、直接成功に参加することができます。

2011年以来、私たちのチームは情熱、飽くなき好奇心、そして変化する世界の要求に最適な解決策を見つけるための技術的なノウハウを持って取り組んできました。広告の専門家、暗号の専門家、開発者、デザイナーのいずれを問わず:私たちはチーム内の個々の能力と長年の経験を総合的なアプローチのために利用します。素晴らしいことはチームとしてしか成し遂げられないからです。

チーム すべてを見る

Sabine Todter
Sabine Todter
Supervisory board
Artur Więckowski
Artur Więckowski
Data protection officer
Zbigniew Grzywocz
Zbigniew Grzywocz
Supervisory Board / Lead Project Manager
Konstantin Kanivets
Konstantin Kanivets
East European Sales Department
Andrzej Pawliński
Andrzej Pawliński
Infrastructure Engineer Network & Traffic Manager
Paweł Koneczny
Paweł Koneczny
Backend developer

人気STO/ICO記事

  • ノアシティ-分権国家の夢の実現

    新たな分散型経済を支持する人にとっての究極の夢は、ブロックチェーン技術の基本原則にのっとって運営される国家に居住することです。すなわち、民主主義、権力分配と分権、コンセンサスによる意思決定、デジタル自治といった原則です。この夢はノアシティによって現実になろうとしています。ノアプロジェクトは長期にわたって暗号資産市場に存在し続けています。最近、ノアプロジェクトはと提携して、ノアがその構築を目指すエコシステム全体をホストするための新ブロックチェーンの開発を進めています。Platinum Q DAOエンジニアリングが関わる別のプロジェクトが、です。これは分散型ネットワーク上で運営され、その分散型
  • 中国のニュースで「バイナンスの上海事務所閉鎖」について集中報道・・支社ではなく外注チーム

    上海の代表的な地域放送「东方卫视」が25日、ニュース番組を通じ、バイナンスの上海事務所閉鎖に関する特集を報道した。報道で、リポーターが直接バイナンスの上海事務所として知られている場所を訪問した結果、事務所は閉鎖され社員が既に撤収した状態であることが確認できた。事務所の閉鎖は最近、当局の仮想通貨企業を対象にした取り締まりが原因と考えられる。しかし、同メディアは閉鎖されたバイナンスの上海事務所は支社ではなく、「外注チーム」で顧客応対担当や少数の開発者で構成されていたと伝えた。また、この事務所の人力を採用するプロセスでブロックチェーンメディア「BABI财经」という法人名が使われていたことも分かった。
  • 名古屋グランパス×スタートアップピッチでシンクロライフが優勝

    暗号通貨を使ったレストランレビューSNS・シンクロライフが、2019年12月に開催された中部ニュービジネス協議会と名古屋商工会議所が主催する「2019 名古屋グランパス×スタートアップピッチ」にて優勝した。コンテストでは、全国から9社が参加した中で、GINKANは自社が持つ「食べて暗号通貨が貯まるグルメSNSシンクロライフ」を活用したアイディアを発表。内容は、チームを応援するグランパスサポーター飲食加盟店を愛知県のスタジアム中心で形成し、シンクロライフの通常の暗号通貨還元に加え、勝利や優勝と連動して還元率や特典が大きくなる仕組み作るというもの。さらに、貯まった暗号通貨(シンクロコイン)でグ