HyperionX - スマートマーケットエコシステム

Hyperionは、ゲーミングされたインタラクティブな体験を通して、人々を現代のテクノロジーへと発展させることに焦点を当てています。 個人レベルから企業レベルまで、効率とスケーラビリティを提供するために分散ネットワーク上で自動化ツールを開発します。 ブロックチェーンテクノロジを活用することで、Hyperionは分散型の自律型、信頼する必要がないエコシステム、つまり「スマートマーケット」を実現し、フリーマーケットに新しい意味を与えます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TREE
開始日時
2018-12-01
終了日時
2019-12-31
最低目標
500,000 USD
初回価格
0.0400 USD
トークン供給数
700,000,000
公式サイトへ Owner of HyperionX?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-ICO - $.04 + 40% Bonus
  • WhiteList 2/20/2019 Day 1-5 - $.04 + 20% Bonus
  • WhiteList 2/20/2019 Day 6-10 - $.04 + 10% Bonus

概要

このプロジェクトは、世界規模で人々をつなぐのを助けるという長い旅を始めます。

Hyperionは、直接のピアツーピア取引、共有、およびサポートのネットワークの成長に貢献しています。 分散型とブロックチェーン技術の恩恵を受けて人々を開放することが私たちの使命です。 彼らに安全で、より安全な世界を見せること、それは破滅的なものではなく、少数の人によって指示されることはありませんが、代わりに人々の真の合意によって運営されています。

成長のネットワークを支えながら、自給自足で繁栄するように個人を導きます。

チーム すべてを見る

Jeremy Klein
Jeremy Klein
Founder & Project Leader
Matthew Klapper
Matthew Klapper
Brand Architect & Design Lead
Carl Bonafede
Carl Bonafede
Content Curator
Gina Diamantidis
Gina Diamantidis
Market Research Analyst
William Meurer
William Meurer
Data Analyst
Jaroslaw Kijko
Jaroslaw Kijko
Business Development

人気STO/ICO記事

  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である