Geeba - ロボットとハブの破壊的な配達エコシステム

Geebaは、企業が自律型車両とスマートハブを使って配送を操作できる分散型配送エコシステムを開発しています。 高いコスト、効率の欠如、配達の要望により、Geebaはブロックチェーンを活用してコミュニティが進化に積極的に参加できるようにすることで、業界に新しいアプローチを導入することができます。Geebaは配送業務に分散型のハブとロボットを使用し、コミュニティがユニークなGeeba Nest Marketを通じてプロセスに参加することを可能にします。 ハブをホストしたり、配送ロボットの所有権をGBAトークンに交換したり、独自のProof of Deliveryアルゴリズムで支払いを受けることができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
GBA
開始日時
2018-11-01
終了日時
2019-03-30
最低目標
3,200,000 USD
最高目標
28,000,000 USD
初回価格
0.1000 USD
トークン供給数
280,000,000
公式サイトへ Owner of Geeba?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, BCH, Fiat
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-Sale - 25%
  • Phase 1 : 14 days - 20%
  • Phase 2 : 14 days - 15%
  • Phase 3 : 14 days - 10%
  • Phase 4 : 14 days - 5%

概要

配送業界における「ラストマイル」は、物流拠点や倉庫から消費者のところに荷物を輸送する荷物配送の最終段階です。 これは、宅配便の費用がかかり、資源を大量に消費する部分です。 したがって、Geebaは、企業が自律型車両とスマートハブを使って配送を操作できる分散型エコシステムです。 高いコスト、効率の欠如、配達の要望により、Geebaはブロックチェーンを活用してコミュニティが進化に積極的に参加できるようにすることで、業界に新しいアプローチを導入することができます。

チーム すべてを見る

Ahmed Mohamedali
Ahmed Mohamedali
CEO
Amr Abdelhady
Amr Abdelhady
Managing Director
Munera Al Dosari
Munera Al Dosari
Strategy and Development
Ezz Eldin Ali
Ezz Eldin Ali
Commercialization
Nebras Ozzo
Nebras Ozzo
Al and Robots Engineering
David Meszaros
David Meszaros
Legal

人気STO/ICO記事

  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7