Geeba - ロボットとハブの破壊的な配達エコシステム

Geebaは、企業が自律型車両とスマートハブを使って配送を操作できる分散型配送エコシステムを開発しています。 高いコスト、効率の欠如、配達の要望により、Geebaはブロックチェーンを活用してコミュニティが進化に積極的に参加できるようにすることで、業界に新しいアプローチを導入することができます。Geebaは配送業務に分散型のハブとロボットを使用し、コミュニティがユニークなGeeba Nest Marketを通じてプロセスに参加することを可能にします。 ハブをホストしたり、配送ロボットの所有権をGBAトークンに交換したり、独自のProof of Deliveryアルゴリズムで支払いを受けることができます。

ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
GBA
開始日時
2018-11-01
終了日時
2019-03-30
最低目標
3,200,000 USD
最高目標
28,000,000 USD
初回価格
0.1000 USD
トークン供給数
280,000,000
公式サイトへ Owner of Geeba?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, BCH, Fiat
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-Sale - 25%
  • Phase 1 : 14 days - 20%
  • Phase 2 : 14 days - 15%
  • Phase 3 : 14 days - 10%
  • Phase 4 : 14 days - 5%

概要

配送業界における「ラストマイル」は、物流拠点や倉庫から消費者のところに荷物を輸送する荷物配送の最終段階です。 これは、宅配便の費用がかかり、資源を大量に消費する部分です。 したがって、Geebaは、企業が自律型車両とスマートハブを使って配送を操作できる分散型エコシステムです。 高いコスト、効率の欠如、配達の要望により、Geebaはブロックチェーンを活用してコミュニティが進化に積極的に参加できるようにすることで、業界に新しいアプローチを導入することができます。

チーム すべてを見る

Ahmed Mohamedali
Ahmed Mohamedali
CEO
Amr Abdelhady
Amr Abdelhady
Managing Director
Munera Al Dosari
Munera Al Dosari
Strategy and Development
Ezz Eldin Ali
Ezz Eldin Ali
Commercialization
Nebras Ozzo
Nebras Ozzo
Al and Robots Engineering
David Meszaros
David Meszaros
Legal

人気ICO記事

  • ブロックチェーンのオンライン学習サービス「EnterChain」がスタート

    ブロックチェーン技術の教育、ブロックチェーン・AIの導入コンサルティングを行う株式会社digglue(代表取締役社長:原英之本社:東京都文京区)は、ブロックチェーンのオンライン学習サービス「EnterChain」を2019年2月5日(火)より100名限定で公開いたします。本サービスでは、テキストや図だけでなく実際に操作しながら学ぶことでブロックチェーンの初学者にとってわかりづらい技術を、オンラインであってもわかりやすく学ぶことを支援します。将来、ブロックチェーンの与える社会への潜在的なインパクトは国内外で67兆円※に上ると算出されています。そのため、今後日本国内においてブロックチェーンの知識の
  • 年末年始のお問い合わせについて

    年末年始の株式会社COINJINJAの営業時間に関しまして以下、お知らせいたします。 ・2018年12月27日(木) 営業時間 11:00~16:00・2018年12月28日(金)~ 1月6日(日)・2019年1月7日(月)営業時間 11:00~16:00お問い合わせ休業期間中も通常通りご利用いただけます。休業期間中にいただいたお問い合わせは、年始営業開始日 1月7日(月)から順次ご返答させていただきます。あらかじめ、ご了承いただきますようお願いいたします。引き続きコイン相場をよろしくお願いいたします。
  • AeronのARNトークンがEOSのエコシステムで利用可能に

    ブロックチェーンを基盤とする革新的航空安全プロジェクト、Aeronは、その範囲をEOS経済圏まで広げ、Ethereum ERC20とEOS間の双方向トークンスワップを実現しました。それにより、このトークンの流動性は上昇し、市場におけるAeronの地位は強化されることになるでしょう。ブロックチェーン間のスワップ比は1:1で、EOSブロックチェーンで発行されたAeron(ARN)トークンは、Ethereumブロックチェーンでのトークンにより完全に変換できます。この大胆な手段を取ることで、ARN/EOSペアの即時交換やEOS経済圏により促進された利便性と革新性とともに、EOS分散型取引と換金オプショ