HubrisOne - 仮想通貨にフレンドリーな当座預金口座

HubrisOneは、シンプルで革新的でユーザーフレンドリーなプラットフォームを使用して、仮想通貨とブロックチェーンテクノロジーの採用を増加させます。私たちは、お客様が即座にブロックチェーンクロス国境を越えた送金、複数通貨の銀行口座、仮想通貨財布などに簡単にアクセスできるようにします。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HBRS
開始日時
2019-01-01
終了日時
2019-05-31
初回価格
0.0100 USD
トークン供給数
600,000,000
公式サイトへ Owner of HubrisOne?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    HubrisOneチームはHubrisOneアプリケーションとインフラストラクチャ内で、Hubris Token(HBRS)と呼ばれる機能的なユーティリティトークンを導入しています。価値の保存、資金の移転、プラットフォームへのアクセス、割引を受け取り、 HubrisOneデビットカードとの併用によるお支払い方法として使用できます。新しいソリューションが支配していない膨大な市場機会があります。 私たちは、世界の銀行利用できない20億人の人々に、簡単で手頃な銀行ソリューションを提供しています。メンバーシップ料金、仮想通貨貸出サービス、オープンパートナーマーケットプレイスなどのいくつかの収益源によって、堅牢なビジネスモデルを確立します。

    チーム すべてを見る

    Jack Brown
    Jack Brown
    STRATEGIC ADVISOR
    Chuck Schrank
    Chuck Schrank
    STRATEGIC ADVISOR
    Bill Barraugh
    Bill Barraugh
    STRATEGIC ADVISOR
    Andre Omo-Osagie
    Andre Omo-Osagie
    STRATEGIC ADVISOR
    Jillian Godsil
    Jillian Godsil
    BANKING & FINTECH
    Rick Tapia
    Rick Tapia
    STRATEGY ADVISOR

    人気STO/ICO記事

    • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

      シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー
    • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

      ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
    • 【7/11】世界ニュースまとめ - カナダ政府、仮想通貨取引所登録を義務化へ、プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認

      10日、コインテレグラフによるとカナダ政府が来年の2020年6月1日までカナダ現地のすべての仮想通貨取引所を対象に「カナダ金融取引報告分析センター(FinTRAC)」への登録を義務化した。カナダ政府はマネーロンダリング、テロ資金支援などの犯罪収益に対する規制改正案を発表し、現地の仮想通貨取引所が当局の登録手続きを遵守しないといけないことを明らかにした。これに関して現地Oslerの法律事務所のLori Stein弁護士は今回の改正案発表で仮想通貨業界に対する現地銀行及び金融機関のサービス提供がより開放的で円滑になると展望した。一方で今回の改正案で仮想通貨取引所が現地市場で離脱する可能性もあると予