HubrisOne - 仮想通貨にフレンドリーな当座預金口座

HubrisOneは、シンプルで革新的でユーザーフレンドリーなプラットフォームを使用して、仮想通貨とブロックチェーンテクノロジーの採用を増加させます。私たちは、お客様が即座にブロックチェーンクロス国境を越えた送金、複数通貨の銀行口座、仮想通貨財布などに簡単にアクセスできるようにします。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HBRS
開始日時
2019-01-01
終了日時
2019-05-31
初回価格
0.0100 USD
トークン供給数
600,000,000
公式サイトへ Owner of HubrisOne?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    HubrisOneチームはHubrisOneアプリケーションとインフラストラクチャ内で、Hubris Token(HBRS)と呼ばれる機能的なユーティリティトークンを導入しています。価値の保存、資金の移転、プラットフォームへのアクセス、割引を受け取り、 HubrisOneデビットカードとの併用によるお支払い方法として使用できます。新しいソリューションが支配していない膨大な市場機会があります。 私たちは、世界の銀行利用できない20億人の人々に、簡単で手頃な銀行ソリューションを提供しています。メンバーシップ料金、仮想通貨貸出サービス、オープンパートナーマーケットプレイスなどのいくつかの収益源によって、堅牢なビジネスモデルを確立します。

    チーム すべてを見る

    Jack Brown
    Jack Brown
    STRATEGIC ADVISOR
    Chuck Schrank
    Chuck Schrank
    STRATEGIC ADVISOR
    Bill Barraugh
    Bill Barraugh
    STRATEGIC ADVISOR
    Andre Omo-Osagie
    Andre Omo-Osagie
    STRATEGIC ADVISOR
    Jillian Godsil
    Jillian Godsil
    BANKING & FINTECH
    Rick Tapia
    Rick Tapia
    STRATEGY ADVISOR

    人気STO/ICO記事

    • ふるさと納税でビットコインを無料でゲットしよう!

      ビットコインが欲しいけど、相場変動が激しく絶対に溶かしてしまう気がするから買うのはやめよう!という方に朗報です。Coinpoinを通じ、ふるさと納税を行うと商品を買うことでビットコインが無料で手に入ります!ふるさと納税とは、応援したい自治体に寄附(商品の購入)をすることで、所得税や住民税の還付・控除が受けられる制度のことです。多くの自治体では地域経済活性化のために、色々な商品を用意しています!ふるさと納税に関するより詳しい情報・寄附可能額を調べるには以下の順番でお進みください。「でビットコインを貯める」→「詳細内容確認」→「商品購入」この順番でアクセスし、商品を購入することで記録(ログ)が残
    • 韓国大手取引所Upbitハッキング疑惑・・KISAが調査中

      韓国、最大級大手取引所Upbit(アップビット)で600億ウォン相当の大金が出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。Upbit(アップビット)は「サーバー点検による、仮想通貨入出金の一時中止」をアナウンスしている。27日、韓国の業界の情報筋よると午後2時16分Upbit(アップビット)のウォレットで約600億ウォンに達する仮想通貨が匿名の口座に出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。まず出金された仮想通貨はETH(イーサリアム)で560億ウォンが出金された後、1次点検がアナウンスされた。その後、ビットトレントトークン(BTT)40億ウォンが出金され2次点検がアナウンスされている。<in
    • 政府の規制に打ち勝つには?分散型国家を造ろう!

      ブロックチェーン技術は、世界中で多くの人々によって政府認可の中央集権に対する著しい打撃と見られています。ですが、私たちの現在の生活の変える無限の潜在力を持つ故に、政府はそれを脅威と認識しています。各国政府は、仮想通貨を従来の貨幣制度への挑戦と見ているのです。仲介業者を排除することができる仮想通貨は、政府の権力を揺るがしかねない存在となりえます。代表的な例が、インドです。インドの中央銀行であるインド準備銀行は、仮想通貨につながる全ての口座へのするよう全銀行に指示しました。これにより、多数のプロジェクトおよび仮想通貨交換所が閉鎖に至りました。中国は資金調達手段としてのし、また仮想通貨の厳しい規